読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

誰かの憎いものは誰かの愛しいもの②

昨日(ってことにしといてください)に続けます。どうせ誰も読んでいないだろうとは思いますが…。しかも続きものなんぞ。 「彼女」のような人は、実は相当数いるのだなと自分の周囲を見渡しても感じています。常日頃からそういうことばかり言っている人は少な…

誰かの憎いものは誰かの愛しいもの①

このところ世間を賑わせているとある話題を見ていると、思い出すことがひとつ。 ずっと昔からの知り合いがいます。子供の頃からの知り合いです。さすがにきっかけは忘れてしまいましたが、確か彼女の方から話しかけてきてくれたんじゃないかなと思います。 …

眠りの中に居場所があるのなら

最近眠くてしょうがないです。寝ても寝ても眠い。冬眠でもするのだろうか?と自分で自分をいぶかしんでいます(笑) 睡眠時間が長くなり、家ではほとんどぼんやりしてるか寝てるだけで、もっと建設的なことに時間を使わなければ、と毎日思うのですが、気が付い…

距離と時間に優しさが住む

今はもう送る機会がほとんど無くなってしまいましたが、手紙を書くのが好きだったりします。美しい色やかわいい柄、時に楽しい仕掛けの施された様々のレターセット。 小さな四角の中に無限の世界が広がる切手。 遠く離れた、けどこの世のどこかに確かに存在…

君の笑顔は金の色

さて、今日もサラリと終わらせるぞ。たぶん無理だけど(笑)羽生君が謎の衣装で笑顔を振り撒いたあの日から、常に我が家に常備されるようになったキシリトール。決して常備したくてしているのではない。消費しきれないだけである(汗)。 何故キシリトールが備蓄…

リセット、そしてロード

実は本日は別の記事を書いてアップしていたのですが、突然没にしたくなって一旦削除しました。なのでもう適当に独り言でも垂れ流します。っていつもそうだけどな(笑)。更新しなくなったところで誰も気にしない底辺のブログなのでこのままフェードアウトしよ…

美しく、気高く、そして世界で最も暴力的なもの

男性の保育士に女児の着替え等をしてもらいたくない、という声がある、というニュースについて、今更。 自分で育てればいいんじゃない? そもそもなんで保育園に預ける必要があるの?小学校や中学校と違って義務ではないはずだけど?自分か伴侶のどっちかが…

歩きながら泣いていても誰にも気付かれないから夜はいい時間

とってもとっても疲れているので、今日はただの、本当にただの呟きです。なんでお金がないと、人間は生物としても存在できなくなったんでしょうね。でもお金を稼ぐのに向いてない人間も少なからず存在する。そしてそんな人間が世の中からこぼれても、「自己…

すぐ隣にある異世界

今日の記事はきっと「嫌な内容」なんだろうけど、それでもあえて書いてみたい。 私はたぶん一般的なラインよりは「めんどくさいことを抱えてる比率」がかなり上だと思う。正直何でこんなに人生が重いのか理解できません(汗)。いちいち書くと記事がやたら長く…

青春の欠片は砂の下に

年賀状の時期なので、ふっと思い出したことがある。 昔、仲のいい友達がいた。努力家で、でも真面目一辺倒などでもなくて、いい友達だった。くだらないことから深いことまで、たくさんの話をした。 彼女は順調に人生を重ね、私は何度も人生に躓いた。遠くに…

振り返らないための振り返り

さて、本日で2016年も終了です。月並みですが今年1年を適当に振り返ってみることにします。ブログ開始100日目というちょうどいい区切りで1年が終わるのもちょっと面白いので(笑)。 ☆面白かった本☆ 『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン東京創元社 時間が…

蚊帳の外のささやかな祈り

某人気アイドルグループが今月末に解散するという報道。NHKが速報を流した瞬間をちょうど見ていました。てっきりガセだと思っていたのに、天下のNHKが報道したということは事実なんだと、相当な衝撃を受けたことを思い出します。 きっと色々事情があるのでし…

星のない海

砂浜で、毎日家を作っている。 昔は木で作ってて、少しずつだけど石を持ってきて土台を固めていたのに、高い塔から降ってきた、嫌な油の臭いがする粘土の塊に無茶苦茶に壊されてしまった。 その家をまた一から作っていた。もう石は拾えないから、木切れを少…

誰も見ていない舞台で

お題「ブログをはじめたきっかけ」きっかけと言うか、理由は大きくわけてふたつ。ひとつは、元々文章を書くことが好きだったから。 私は喋るのは得意じゃないけど、文章だったらもう少し頭の中を整理して自分の言いたいことが言える。それに、文章に限らず何…

ルーベンスを見られなかったネロ

ちょこっと前に書いた通り、私はあまり幸せではない子供時代を過ごしました。暗い記事だからリンク貼らないけど。「グレなかったのが不思議」とよく言われましたが、具体的な非行に走らなかっただけで内面はめちゃくちゃに荒れていましたね。自分以外はみん…

魔法使いのいない教室②

昨日の続き。 五年生の時、担任の先生が変わりました。昨日も書いた通り、田舎の学校のため一学年にクラスはひとつしかなく、クラス替えは6年間一度も行われず、担任の先生も2年に一度しか変わりませんでした。私にとっては3人目のその担任が、いじめが横行…

魔法使いのいない教室①

この話を今までこういった形で文章にしたことはありません。本当に親しい人にもあまり話したことはないような気がします。いつかどこかで書いてみようかな、と思いつつも正直楽しい内容ではまったくないので躊躇していましたが、良い機会なので載せてみよう…

はじめました

はじめまして、こんにちは。今日からブログを書いていくことにしました。 今日から始める、ということだけを決めていて、細かいことは何も考えていなかったのでいまさらあわあわしてます。見切り発車すぎ(笑)。文章を書くのは大好きなのですが、チキン過ぎる…