読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Fantasy on Ice 2010 in Niigata⑦

アイスショー旅日記2010 フィギュアスケート

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

さあ、待ちに待ったこの瞬間。
横浜のレポートでもう散々書いたけれど、レイ・チャールズの「Let the good times roll」。
黒いジャケットに紫のシャツ。ステファン・ランビエール
横浜との最大の違いは、ほぼ真ん中に近い、おそらく正面の方で演技を見られたこと。いやあ堪能できました(感涙)
投げキッスも目の前…。まだ鮮明に覚えてます…。ギャー!
ふたつめが逆回転の連続ジャンプもばっちり。まるでステップの一部のようなジャンプ。ステファンの演技は流れが自然で、次はこれ、次はこれ、っていうせわしなさがない。と思う。
ジャケット脱ぎ脱ぎもばっちり。昼公演で袖を抜く時もたもたしてたので、うまく脱げなかったのかなと思っていたら、夜公演でもやっぱりもたもたしてました(笑)。かわいいんだからもう←いい加減に脳の検査してこい(笑)

ホントに楽しそうで好きだなこれ。何度見ても飽きないよ。大好き。かわいいステファンはこれと群舞で見られるから、やっぱりもうひとつはゴスペラーズでしっとり…、とかが良かったな、私はね。「Ne me quitte pas」や「ロミオとジュリエット」のような演技もやっぱり見たいよ。表現者ランビエールの真骨頂をさ。
それにビヨンセもレイチャールズも短かった。もっとたっぷりステファンを見たかったよ。

トリは荒川静香。ホントごめん、直前があの人だしもう彼女しか残ってないの予想がついたから、
どうしようもなく抜け殻で(汗)
おまけに昼公演はこの日一番というくらいよく見えず(泣)…
あんまり印象が無…
ご、ごめんなさい…(汗)
でもなんか、生で見るの2回目だけど、現役の頃の演技の方が好きだったかも。最近のショーの放送で彼女を見てても思った。ショーより競技でこそ映えるタイプ、なのかな。競技の演技が好きでかなり応援してたので(レザーっぽい衣装の白鳥の湖とかすごい好きだったよ) そう思うだけかもしれないけど。
そういやトリノオリンピックの頃はすごいきらきらしてたなあ彼女。その時期に結果を出す人ってそうなのかもしれないね。バンクーバーシーズンは高橋君がそうだった。今年は…、安藤さんにはちょっと感じたかも。でも今オリンピックシーズンじゃないか…※ちなみに日本人選手限定で

素晴らしかったショーも、残すはフィナーレのみ。黒い帽子に黒いベスト、お揃い衣装の出演者たちが、椅子を押しながら滑り出して来る。
ああ、誰が誰だかわかんない、と嘆いていたら、
ひとりだけ紫のシャツに黒いベストを羽織った人が
…何で着替えてないのよアンタ(笑)
おかげでずっと見失わなずに済んで嬉しかったけど(汗)
でも最後に滑ったはずの荒川さんはちゃんと着替えてたのに(汗)

このフィナーレの群舞、とっても良かったです。すごーくかわいい振付。ゴスペラーズの歌もすごーく合ってた。群舞の振付はあのナハロさんみたいですね。ステファンのフラメンコを振り付けた人ですな。あれは素晴らしかったです。

椅子に座って、手に持った帽子を振ったり、足を伸ばしてみたり、とても楽しそうな振付を、
案の定、紫のシャツの人は超ノリノリと踊っておられました。もう、嫌でも目立つ(笑)。この人死ぬほど似合うよこの振付。笑い声聞こえてきそうだよ。何だよかわい過ぎるよなんなんだよー!←落ち着け(笑)
ナハロ、グッジョーブ!
しかも彼の定位置、基本的に北側の真ん中。そう、夜公演はほとんど目の前。思う存分ガン見。ああもう、新潟サイコー!(笑)

あまりのかわいさとラッキーぶりに魂出かかっていた我々にトドメを刺したのはこれでした。
ジョニー・プルシェンコランビエールの3人が、並んでスピン。
あの3人が並んでスピン。
これを見られただけでも新潟まで足を延ばした甲斐があります(断言)
夜公演の席はこれもばっちり。本当に買っといて良かった…。

フィナーレも佳境、真ん中に一列に並ぶスケーターたち。みんなすうっと滑って集まってくるのに、
なんだかふにょんふにょんしながらブルザに近付いてくる人が。
…紫のシャツの人…(爆笑)
ご機嫌いかが?とでも言いたげなふにょんふにょん踊りで隣にやって来る紫のシャツの人を、ブルザさんはどのようにあしらったのだろうか…。お疲れ様です(笑)。
この光景を見たのは夜公演。やっぱり超アタリ、この席…。

リンクを周回するスケーターたち。もう最後なんで恥も外聞もなく手を振らせていただきます!ステファンー!みんな素晴らしかったよ。なんて素敵なショー。新潟行き決断して良かった…。
後ろの席からリンク周辺に駆け寄ってる人が大量にいたのには驚きましたが。それダメなんじゃ…。

終わってしまうのがもったいないようなショーでした。外国人スケーターはだいたい2回滑ってくれたし、日本人スケーターもみんないい滑り。テレビ放送も無いそうなので、めちゃめちゃ遠かったけど見に来て正解だったな。帰り際に「ありがとうございましたー!」と思わずリンクに向かって頭下げてしまいましたよ(笑)
まあ昼間の席には泣いたけど(血涙)

余韻に浸りながら物販コーナーを覗くと、ハンガリー製のプルシェンコのショーのDVDを、怪しげな手書きのポスターの置かれた机で販売中(笑)。ステファンもちょっと出てるし欲しかったけど、財布が悲鳴を上げていたので無理でした…。トホホ…。

ライトアップされた川沿いを歩いてホテルに戻りました。Aさんとお部屋でシャンパンパーティ。うひゃっほい。ちょこっとだけ飲んだらいつの間にか寝てました。久々に気持ち良く熟睡できましたわ。

翌朝部屋に配られた新聞を開くと、昨日のプルシェンコのアランフェスの写真がカラーで。感激が甦るねー。
朝食を美味しくいただいてからチェックアウト。遠い遠い新潟までやって来たのに一泊二日でとんぼ返り。しょうがないんですけどね、お金ないし(泣)。

その後はドカベンの像(全然似てない)を激写するなどして昼過ぎには帰路についたわけですが、余裕があったら日曜日の昼公演(最終公演)も見たかった。
…ステファン椿姫だったらしいし…
しかもあの、私が無我夢中でスタオベしたあの大阪の椿姫より出来が良かったらしいし…
うそー(泣)!
それは見たかったですよ、ハイ(泣)。

新潟旅行はなかなかのランビエール祭りでした。ホントありがとう新潟!給料がもう一銭も残ってないけどそんなの知るか(笑)
今回のMVPはプルシェンコの話ばっかしていたタクシーのドライバーさんに進呈(笑)

2016年追記:いつまでハイテンションが続くのだろう(笑)。いい加減恥ずかしくなってきたよ(汗)
主に西の方で生きている私にとってこの時までに行ったことのあるいちばん遠い場所が実は東京でした。新潟なんて生涯縁のない場所だと思っていたので、アイスショーがきっかけとは言え訪れることができて感激したものです。ほとんど観光してないけどね(笑)。まさかこの後も何度も訪れることになるとはこの時には夢にも…(笑)。めっちゃ遠いので新潟開催の報を聞くたびに半泣きなのですが。頼むからもうちょっと西でも開催してくれ(泣)←魂の叫び
ジョニーが見たくて新潟行きを決断したというのは完全に忘れていました(笑)。Aさんもジョニー好きだしね。初めてジョニーを見たのは私のこの旅日記の表記が正しければNHK杯だけど(うろ覚えなのですすみません)、あんな美しい男性を見たことがなかったので驚きすぎてうろたえたことを思い出します。繊細な線の本当の美少年で、女子の競技に混ざってても全然違和感ないと思ったものだった。懐かしいです。
ドカベンマニアの私としては、水島新司先生の漫画のキャラクターの像があちこちにある光景はとても楽しかったのですが、もうちょっと似せられなかったのか、という思いはどうしても(笑)。岩鬼の像の周辺なんて駐輪場状態だったし(汗)。ちなみにどのくらいマニアかと言うと、職場の先輩に「明訓が唯一負けた相手はどこか」という質問をされて(←たぶん酔ってる)即答しドン引きされた程度です(笑)いやでもファンなら基礎知識じゃね?これ(汗)