読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

せつなさVS忍耐力=炸裂

自分が楽しいから書いてるシリーズ(笑)第3弾。名作とは言いがたいけど迷作と断言することはできる、そんなレトロゲームについて勝手に喋り倒すこの企画。っていつの間に企画に(笑)。今回は正直クソゲーだと思う迷作について語ろうかな。第1回目が最凶レベルのクソゲーだったじゃないかと思ったあなた、あれはクソゲーだけどある意味遊べるから私としてはアリなんですよ←えっ

というわけで、満を持して今回はこれ。

日本各地の12人の少女たちとの恋愛を楽しむシミュレーション、「センチメンタルグラフティ」(発売/NECインターチャネル)。

何だかんだ言って好きな人も多いと思うので、クソゲー呼ばわりしてごめんなさいなのですが、これは今までに遊んだゲームの中でいちばん辛かったので、迷うことなくクソゲー呼ばわりさせていただきました(泣)。
ネタバレありありなので、気になる方は以下は読まないでくださいね。

まずはかの有名な(笑)オープニング。絵も綺麗だし、動きも滑らかで、アニメーションとしてのレベルは高いと思うのですが、
意味がわかりません(汗)
背景は真っ黒で、その漆黒の闇の中を泳いだりずぶ濡れになったり謎の手の動きを示したりしている12人の少女。新手の宗教かこの世の終わりかとでも言いたくなるような光景です。
そういう世界観のゲームならばまだ理解できます。しかしこれは恋愛シミュレーション。少女たちは制服姿のごく普通の日本人。いかにも可愛い女の子が歌ってる感じの明るい音楽。
なのに真っ黒な闇の中を泳いだりずぶ濡れに(以下略)

アバンギャルド過ぎだろ!(汗)

でもその辺のアバンギャルドぶりはまだいいのです。むしろちょっとクセになるくらい(笑)。先述したようにアニメーションとしては美しいのです。しかし、真の恐怖は最後の最後に待っていました。

何故か制服だけで埋め尽くされた画面が
着ているはずの少女たちの姿がなく制服だけがそこに

制服マニアという種族が存在していることも存じておりますが、正直狂気しか感じませんでした(震)

確か昔読んだ雑誌に、制服を強調するためこういうオープニングにした、的な話が載っていたような記憶があるんだけど、かなりうろ覚えなので全然違うかもしれません。そうでなくとも何らかの意図が製作側にはあったはずなのでしょうが、あまりにも前衛的(笑)過ぎてさっぱりわからない(笑)。普通にやっても良かったんじゃないだろうか(笑)。

でも、ある意味面白い(笑)このオープニングは、本編に比べたら遥かにマシな代物ではないかと思います…。
なかなかに突き抜け過ぎなオープニングに違う意味で(笑)ワクワクしつつゲームを開始した私は、できるだけ登場する女の子の数を絞って遊ぼうと決め、自分にゆかりのある地方の少女ひとりだけを狙うことにしました。一応、どの少女だったかは伏せておきます。たぶん悪いのは少女ではなくゲームシステムなんで(泣)。んで、たぶんどの少女を選んだとしても結果は同じだったと思うので。
オールクリアも果たした「ときめきメモリアル」を遊んだ際に、できるだけ登場人物を増やさないようにして遊ぶと楽だったので、それと同じ感覚で、まずはゲームに慣れるためにもひとりだけ、というつもりで始めたのですが…。
まさか、ひとりだけを狙って遊んだ場合、ゲームとしてはほぼ成立しないなどとは夢にも…(血涙)

ひとりしか登場していないので、あっという間に特別なイベントも終わってしまい、ひたすら通常デートの繰り返し。どうやら2着しか服を持っていないらしく、いつも同じ格好で現れ、同じ話しかしない少女。
主人公は遠方に住んでいるのに、少女は一週でも主人公が会いに行かないと「せつなさが炸裂」して行方不明に。少女に会いに行った街にはこの世の終わりとしか呼べないような音楽が鳴り響き、あまりの恐怖に思わずリセットしてしまう私(泣)。
主人公も少女も高校生だよ。しかも3年生だよ。なのに、受験?何それ状態で交通費捻出のため徹夜でバイトに明け暮れ、少女の住む街では宿泊費を浮かせるため野宿し、なおかつきちんと登校もしながら、毎週毎週遠方の少女に会いに行く…。
死ぬだろ主人公。普通死ぬわ。何より主人公にそこまでさせて毎週会いに来させてるお前は何なんだ少女よ。そんなに会いたきゃお前が来いや。そもそもいい感じではあってもただの友達じゃねーか。何で彼女でもないお前のためにここまでしなきゃいかんのじゃー!
しかも、そこまでしてるのに、少女はデート用の服すら買わず、同じ話をひたすら繰り返す。話すことないんだったらわざわざ呼びつけるな!てか頼むからなんか違うこと喋ってくれ。いつまで同じことの繰り返しが続くんだこれ。え、ゲーム内での時間1年もあるの?

私は泣いた。辛くて泣いた。頼むから早く終わってください、と画面に向かって震える声で土下座しながら泣いた…
セーブデータが消えて悔し泣きしたり、素晴らしいラストシーンに感動の涙を流したことは幾度もあったけれど、「ゲームがつまらなさすぎて辛くて泣いた」ことなんて、後にも先にもこのゲーム1本だけです…。

もうどうしたらいいのかわからないくらい本気で辛かったのですが、とにかくエンディングだけは見ようと、耐えに耐え抜いて最後まで遊びました。そこまでして見たエンディングがどんなものだったのか、実は一切覚えておりません。たぶんいいエンディングは迎えられなかったのではないかと思います。私は知らなかったのですが、どうやらこのゲーム、少女たちを全員登場させて同時進行しなければいけなかったらしい…。なんっっじゃそりゃあ!(血涙)
ついでに言うと、あんなにオープニングで強調していた制服を少女が着用していた記憶もまったくない。少女が方言を喋っていた記憶もまったくない。12人のヒロインが日本全国に散らばっている意味がどこにどのようにあったのか。制服へのこだわりは一体何だったのか。細かい設定色々つけてあったんだろうに。

それっきり、私がこのゲームで遊ぶことは二度とありませんでした…。少々難しいくらいのゲームにこそやりがいを見いだし、「だいすき」や「タクティカルファイター」ですら(笑)何度も遊んだという、自他共に認める微妙なゲーム好きの私なのに、このゲームだけは無理でした。これ書いてたらちょっと遊びたくなってきたんだけど(笑)、たぶんまた辛くて泣くことになりそうで恐ろしすぎてやっぱり無理(泣)。そう、誰よりも私のせつなさが修復不可能なくらいに炸裂してしまったのだった。ってそれせつなさって言わないから(笑)。

私が遊び方さえ間違えなければもう少し面白かったのかもしれないですが、いくら製作者の意図とかけ離れた遊び方をしたとは言え、ここまで絶望的に単調なゲームになってしまうのはあんまりにもあんまりだと思います。登場する少女たちはかわいいとは思うけどさして興味もないし、制服ドリームにもついていけない。ゲームはともかくキャラは好き、といった補正が働かない。なので私の中ではどうしようもないゲーム、つまりクソゲーとして君臨することになってしまったのです。オープニングだけならある意味痺れる(笑)ゲームとして迷作に加えたいところですが、すみませんホントこれだけははっきりクソゲーだと言わせてください(泣)。

あの前衛的なオープニングは、実はゲーム内容にうちひしがれて虚ろな目で雨に打たれるプレイヤーの未来の姿だったのではないかと今にして思うのだった。絶対違うんだけど、それでも(笑)。