読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Fantasy on Ice 2010 in Fukui①

アイスショー旅日記2010 フィギュアスケート

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp


すっかり恒例となりましたアイスショー旅日記。今回は福井。アンタどこまでどれだけ出向くんですかアホですか。だってステファンの演技は麻薬なんだもの。ほれ折よく◯○ま○○だって…←おくすりはダメ絶対

いきなり不謹慎な出だしですが、とにかく記憶が褪せてしまわないうちに書き留めよう。

今回は久し振りにひとり鑑賞でした。色々頑張ってみたので、チケット争奪戦のあたりから書き残していこうと思います。今からどれだけ長くなるやら考えるだけでウザいな!

今年の春、ステファンが年内に4回来日することが判明した時は、自分の経済状態や仕事の状況から考えても、うち2回行ければいい方だと思ってました。しかし、たまたま休みと重なることがわかってあんまり行く気なかった横浜にも出向き、夏休みが取れるからって新潟にも足を運び…。残りの休みもとりあえずステファンの来日日程に合わせて申請しておいたら、新潟を見て「次も絶対行こう」と心に誓い、そうなったらもう止まりませんよ旦那。結局全部行っちゃったよバカだよそうだよアホだよー!

ところがしかし、実は9月のファンタジー・オン・アイスは一時期開催が危ぶまれていたのです。新潟終了の時点で次の開催地が決まっていなかったくらい。このまま中止になってしまうのかしら…、と予定表を眺めながら心配する日々でしたが、結局福井に決定し、ホッとしました。

…でも福井なんだよ。
また北陸かよ遠いよ…(泣)

とりあえず旅行会社を回って安いパックを探してみたところ、
無い!
会場周辺の宿泊プランが無い…。
あるのは温泉旅館宿泊プランばっかりで、ちょっと場所も離れるし高いし、何よりひとりプランが無い。そう、旅行会社の安プランは基本ひとり旅には冷たい…(泣)
ホテルと交通機関を一緒に手配すれば交通機関が割引になるんだけど、これも2人以上じゃないと適用されない。
んでもって、泊まろうかなと思ったホテルの状況聞いたら、やっぱり満室。
開催決定後早々に福井のホテル事情を調べた時、これは早くしないと埋まるな、と思っていたら案の定でした。
…暴れていいかい?(泣)

もしかして体調が悪かったら長時間の移動は辛い(実は新潟の時はかなり体調悪くてひたすらドーピングして乗り切ったのだった。ショーの途中に死にそうになった時が一番ヤバかったけど、ショーのおかげで不調から意識を逸らせたし、結局二日間煩悩の力でやり過ごした感じ…。長年のストレスが原因なんだってトホホ)…と思い、日帰りも検討。

なんだ、新幹線と特急使えば3時間ちょっとで行けるんだ。意外と近いな福井。これなら体調が悪化しても耐えられるかもしれない。
でも結局、体は大丈夫そうだと判断したのと(実際とても元気でした)、
節約
のため、夜行バス+鈍行+安ホテル、の貧乏旅行フルセットで臨むことにしました。片道10時間くらいかかるけど日帰りより断然安いという…。贅沢できる身分じゃないしなー。それに10時間くらいなら寝てぼーっとしてたら着くだろう、とひとりで遠出する時は大抵高速バスの貧乏人は高を括ってみました。

宿は結局、口コミで選んだリーズナブルなホテルに決定。
私はホテルの風呂にちょっとこだわるので(2016年追記:前に書いたけどたぶん植物恐怖症が関係してると思う…)ホテルだけはケチらずそれなりのところを選んでおいた方が色々安心なんだけど、空室状況や経済的に難しい時もあるので、そういう時は徹底的に口コミ見ます。

そんでもってチケットですよ。
以下次号!