読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Fantasy on Ice 2010 in Fukui⑥

アイスショー旅日記2010 フィギュアスケート

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

暗がりの中に、白いライトの群れ。場内に響く開幕の合図。アンサンブルスケーター達の、幻想的な舞。
再び出会えた、ファンタジー・オン・アイスの時間。

オープニングの演出は基本的に新潟と同じ。だけど最初に登場したのは、新潟にはいなかった町田君と、新潟にも出ていた羽生君のふたり。同時に飛び出してくる期待の若手ふたりにいきなりテンション上がってまいりましたよ!

途中の順番は忘れてしまったけど、今井遥(この後トップバッターで滑ったのでもしかしたらいなかったかも)、ボナリー、鈴木明子、ペシャラ&ブルザ、エアリアルペア、村主章枝…豪華なメンツが次々と。
一部男子が新潟で着ていたかわいい衣装がまた見られるのかな、とワクワクしていたら、トマシュ、着てないよあの衣装…。残念…。でもジョニーは新潟に続き「秋に寄せて」の青い衣装で登場。やったー!

ジョニーが合図すると、アンサンブルスケーターの皆さん(たぶん)がスウッと滑り出してくる。しばし美しい群舞を堪能していると…
確か、このあとかその次か、村主さんの次くらいだったと思う。
南側のプレミア席の前に、人影が見える。白いシャツに黒いパンツ、黒い髪。立ち姿の可愛らしさで、誰が待機しているのか一目でわかる。

ステファン・ランビエール
コールとともに会場を包む大歓声。ああ、またお会いできました…
髪の毛、随分切ったからまだぼさぼさまでいってないのね(笑)。そしてあのかわいい衣装やっぱり着ないのね…。無念だけど、ステファンの白いシャツは反則レベルなのでよしとする。
低い体勢で手をついてくるっと回る技はなんて言うんだっけ、それとかたぶんスピンとか披露して、去って行くステファン。アクロバットペアの繋いだ手の間をくぐり抜けて戻って行きます。新潟の時は夜公演で衝突してしまったけど、ここ福井では3回とも成功。良かった、実はすごーくホッとしました。

クロバットペアの後は安藤美姫。アクロバットペアに支えられての登場。女王だ。
そしてプルシェンコ!横浜や新潟も大歓声だったけど、福井は特に彼への歓声が凄かった気がする。新潟の衣装超似合ってたのになー←もう諦めろ
荒川静香が登場した後、すべてのスケーターがリンクへ。さあ、何人いてもあの方しか目に入らない群舞タイムの始まりですよ(笑)。この群舞ステファンが見たくて生鑑賞に行くようなものだ(笑)

新潟と同じオープニングの曲が終わると、コールされた名前は「ディーマ・ビラン」。ロシアの歌手で、プルシェンコをバックダンサーにして歌ったことがある実力派らしい。なんじゃそりゃ(笑)。とりあえずプルシェンコの仲間ってことでいいんですよね?マートンと同じで(笑)←大雑把すぎ
などと書くと色々アレな人みたいですが…

何この人歌うま…!声量あるし、同じ曲を3回聞いたけど全部変わりがなくてCDみたいだ←上手い人ってそうだよね
CDがあれば買ってしまいたいところでしたが、初日の昼公演終了時に売り切れてたそうな。ああ…、残念。今も何曲か耳に残ってるしまた聞いてみたかった。

そのディーマの歌声に合わせて、スケーターたちがセクシーに踊る。え、これ新潟と振付同じなの?曲が違うからか全然違うダンスに見えるよ。
まずは土曜日正面の席が威力を発揮。スケーターたちがステージに近付いてくると、裏側A席が威力を発揮。A席の中でもステージに近い端っこ席だったのだけど、それが逆に良かったみたい。

せっかく3回見るのだから、せめてうち1回くらいはステファンだけじゃなくちゃんと全体も見よう、と思っていたのに、
無理だった。
あのスイスの至宝ハンパねえ。奴にしか目が行かねえ。目が勝手に引き寄せられる…。何なのアイツ何アイツー!
あんまり吸い寄せられるので、ステファンの出ないショーで群舞をじっくり堪能してみたいと思い始めた今日この頃。ほかのスケーターも見たいんですけど…(泣笑)

これでわかる通り、相っ変わらず某スイスの人はノリノリでした。腰の入れ方が違うんですけど!(笑)ひとりだけやたらオーバーなんですけど!(笑)笑い堪えるの大変なんですけど!(爆笑)
初回は双眼鏡を使わずに見たので、大勢に混ざると意外とちっちゃい(笑)ステファンのノリノリぶりがかわいく見えたのですが、2回目、3回目は時々双眼鏡で表情まで見てみると…
うーん、初めて生ステファンの色気みたいなものがわかった(笑)
髪が長くないのと白いシャツとディーマの歌声のせいだろうか、フラメンコやカルネクルーダで見せた(本当に21歳なんだろうかと当時思った…)フェロモン垂れ流しモードがコレなんだなと感嘆致しました。ホントにね、黙って滑ってるといい男だよね。黙ってればね(笑)

あ゛ー!マジで某スイスの人のことしか覚えてねーよオープニングー!
まだオープニングしか終わってないじゃないか…。とりあえず以下次号!