うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Fantasy on Ice 2010 in Fukui⑩

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

さてさて会場が大歓声に包まれます。再び登場。ジョニー・ウィアー

静かなピアノ曲リチャード・クレイダーマンらしいです。こういうジョニー久し振りな気がするなあ。
衣装はまたまたシンプル。黒いタンクトップで、ダンサーの練習着のよう。
でもメイクが
パンダ…←目の回り黒
ジョニーあなたどこへ行くの…(笑)

ディーマコラボよりは動き良かったかな?やっぱり自分のプログラムだしね。トラベリングキャメルって言うのかな、昔「イマジン」でもやってたジョニーの得意なやつ。あれが凄く素敵だったよ。

日曜日、左手前方に親子が座っていて、幼稚園くらいの女の子が「じょにー」って叫んでたのが印象的でした。お嬢ちゃんそんな小さいのに既にジョニーなの。将来どんな大人になるのか楽しみね…(笑)。でも泣いたり騒いだりせずいい子だった。A席には子供もチラホラいたけど騒ぐ子供いなくて助かりました。もしも騒いだら将来腐男子もしくは腐女子になる呪いをかけるところでした(笑)。ステファン直前に席立った親子には一瞬かけそうになったけど(汗)。その人の時だけは邪魔させませんよ…!ちゃんと体勢低くして出て行ったんで問題なかったけどね。良かった、いい人ばっかりで。時々やりたい放題の人いるから…

ジョニーに会いに糸井重里も来てたらしいが、当然のように発見できなかった。もし会えたら「埋蔵金まだ諦めてないんですか」って聞きたかったのに←嘘です(笑)

続いてはペシャラ&ブルザ。今度はお貴族っぽい赤い衣装。曲はチャップリンかな?めまぐるしくメロディが変わる、コミカルでジェットコースターみたいなプログラムでした。これ競技用かな?アイスダンスはあまり放送ないけど(悲)、また見られたらいいな。

土曜昼公演。ここでアナウンスが入る。
「先ほどの演技で、ジョニー・ウィアーさんが…」

ざわめく会場。まさか怪我でもしたの?

「ネックレスを落としました。危険なのでこれから捜索を行います」

良かった怪我じゃないんだ。でも確かにそれは危ない。ペシャラとブルザが怪我しなくて良かったよ。

リンクに現れるジョニーとスタッフ。あっ、よく見るとトマシュがいる。真剣な顔で探してる…。いい奴だな…。この福井でトマシュがますます大好きになったよ…。プレゼント持って来るの忘れた自分死のう

どうやらネックレスは切れてバラバラになってしまったようで、ひとつ部品が見つかる度にアナウンスが報告してくれるのだけど、なかなか全部見つからない。どんどん数が増えていくスタッフ。お客さんもリンク覗き込んでるし、私も双眼鏡で見てみたけどさっぱりわからなかった。
ジョニーはタンクトップ(さっきの衣装)の中まで覗き込む始末。心配そうなトマシュ…←マジいい奴…

そんな中、リンクに金髪の人が滑り出して来ましたよ。悲鳴が起こりましたよ。
プルシェンコ出て来ちゃったよ!(笑)
双眼鏡を手に一緒に探し出した…と思ったら、必死に探しているスタッフの間を縫って、ジャンプ跳び始めました!(爆笑)
だからお前、危ないからみんなが探してるんだろーが!!(笑)
アナウンスも「皆さん探してます…そんな中ジャンプを跳ぼうとしている人がひとり」「そんな中お愛想振りまく人がひとり」と絶妙な実況を(笑)。グッジョブ!(笑)

さらにスタッフが増えていく中、プルシェンコサービスタイムもさらに加速。なんか叫んでみたり(マジで爆笑した…)お客さんとハイタッチしてみたり。しかも後ろ手で、微妙な表情で(爆笑)。ついには双眼鏡(どうやらお客さんのだったらしい…奪ったのかよ)で客席を見始めるプルシェンコ
あのね、えっとね、プルシェンコさん私の座ってる席の列の目の前にいるんだよね。
ちょっと前の方にロシア国旗持ってる人がいてね、その人指差して手を振ってるよ。みんなつられて手を振り返してるよ(含私)
…たぶんロシア国旗持ってたら、こっち見たんじゃないかなあ…。だってマジで目の前…
福井行こうって誘ったのに来なかったファンの皆様暴れるがいいよ…

それでも見つからないネックレス。どうやら銀のチェーンの一部がまだ出てこないらしい。とうとう荒川さんや羽生君までスニーカーのまま捜索に加わる始末。
ついに、リンクの一方から全員が1列に並んで一斉に探すことに。ルーブル美術館がどうのこうのとアナウンスが言ってたが、所謂ローラー作戦?
あ、ひとり反対側でスタートポーズ取ってる人がいる。もういいよね書かなくてもわかるでしょ(笑)。あ、スタートした。お前邪魔だよ(笑)

そして…、努力の甲斐あって無事チェーンの一部発見!拍手に包まれる会場。良かった良かったー!
夜公演までの待ち時間に耳にしたけど、ジョニーは泣きそうな顔してたとか。そりゃそうだよね、15分くらい中断してしまったし…。プルシェンコのやりたい放題はただふざけてるようにも見えたけど、会場を白けさせないよう気を遣ってのことかもしれません。

下手したら大事故に繋がったので不謹慎だけれど、土曜昼公演のお客さん(特にプレミア)はラッキーだったと思うよ。見ようと思って見られることじゃないもんね。本当に滅多にないアクシデントだったそうで…
そういえばステファンは出てこなかったな。ジョニーと仲がいいんじゃなかったっけ。たぶん着替えに時間がかかっていたのでしょう。…どうも着替えるの遅いっぽいし…。いやいいんだけどさ(笑)

長い中断ののち、ショーが再開。アナウンスされたのは、ディーマ・ビラン、エドウィンマートンエフゲニー・プルシェンコの3人によるスペシャルコラボ…!ついに来たー!
…ちょっと待て。まさか、さっきのやりたい放題はアップだったのか…?エフゲニーさーん!(爆笑)

詳細は以下次号!