読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Fantasy on Ice 2012 in Fukui②

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

2年振りに福井でファンタジー・オン・アイスが開催されると知ったのは、ステファンの病が判明する少し前でした。もちろんステファンは出演するし、ショー自体もとても楽しいし、会場のサンドームも見やすくて良かったし、福井で開催されるならまた絶対に行こう!とずーっと前から決意していたので、すぐに3公演ともチケットを取ることを決めました。

まずは一番チケットが取りにくい(と思う)日曜日の公演から。これは先行に申し込みをして、正面SS席をゲット。先行販売だと席の場所はわからないけど、正面ならまあどこでも大丈夫だろうと高を括ってみた。結果、それで正解。

ほかの2公演も正面SS席が良かったんだけど、お金がなかったので(笑)一般発売後にのんびり取ることに。
まずは一般発売初日の夕方にぴあに行って土曜日夜公演の席をゲット。ぴあは正面SS席を扱っていなかったので、SS席を選んで買いました。裏に近い端っこだけど1階の前の方があったので、そこにしてみました。正面真ん中で見るのがもちろん一番いいけど、ぴあが持ってた正面は2階だけだったし、2年前は2階席しか買えなかったこともあって、今回は迷わず1階にしました。

残るは土曜日昼公演。サンライズプロモーションで正面SS席を買おうかと思ったら売り切れだったので(実際はまだあったらしいけど…がくっ)またまたぴあへ。もう1階席はなかったけど、2階の正面ど真ん中が残ってる!もちろんそこをゲット。座席番号的にもたぶん本当の本当にど真ん中。ここまでど真ん中な席買ったのは初めてだよ。ちょっと遠いけどなみはやドーム程じゃないし(笑)2年前も似たような場所に座ったけど見やすかったから、いい席が残っててラッキー。
土曜日昼公演のチケットを買った時には、ぴあの窓口の人が会場の見取り図を取り寄せて見せてくれたのですが、土曜日夜公演の座席の位置もさりげなくチェックしたら、どうやら私の前の2列は販売してないっぽい?ほかにも売ってないらしい席がちらほらあって、そのあたりは関係者席なのかな、と何となく予想してみたりしました。

ステファンが福井公演までに回復するのかどうか、この時点では判然としなかったけれど…。静養だけで大丈夫だと聞いてはいたものの、文字情報のみで判断するしかない以上やはり確信は持てなかったのです。でも、きっと福井でステファンに会えると信じて購入しました。早く元気に滑れるようになって欲しい、という願いも込めて。

チケットと平行して宿泊先も手配。今回はかなり早めに押さえました。前回は結構ギリギリにホテルを予約したせいかあんまり選択肢がなかったんですよね。
まずは会場に近い鯖江市内のホテルを検討したのですが、「鯖江は夜道が真っ暗だった」という某さんの悲痛な体験談を聞いて却下(笑)
じゃあ福井市内で押さえるとするか。前回泊まったビジネスホテルは駅から遠かったし、真っ暗じゃないけど夜道は寂しかったな。駅前も昼間から静かだったな(汗)。そういえば食事や買い物のために何度か繁華街?へ向かったけど、この辺なら便利そうだなとあの時思ったから、今回はその辺りにしよう、とつらつら考えてその辺のホテルを手配。
しかし、一番安いタイプの部屋は何故か既に連泊不可能。なんかイベントあるのか?ああ、ファンタジーオンアイスですか(笑)
仕方ないので一泊ずつ部屋を変えました。ホテル移るのめんどくさいもん。たいして値段も変わらないしさ。

あとは交通手段。2年前は前日の夜に出発する夜行バスに乗って大阪で鈍行に乗り換え、当日昼前に到着して会場へ、というルートだったのですが、今回は前日の早朝に鈍行で出発して夕方までに福井入りすることにしました。何故なら青春18切符が使える期間だったからです。「夜行バス+鈍行(定額)」と「鈍行(青春18切符)+一泊」では金額的にも差が無い、むしろ後者の方が安いくらい。ビバ青春18切符。ただし5回分がセットなのでほかに使うアテがなければ節約にならないけどね。
帰りは青春18切符使用で難波まで行き、夜行バスに乗り換えるルートに決定。もう一泊してまた早朝に青春18切符で帰っても良かったんだけど、早めに戻ることにしました。難波経由のバスなら早割の席が残ってたので、今回初めて利用してみることに。普段は主に大阪駅経由のバスを利用するんですけどね、便利なので。

そんなこんなで、色々考えて節約したところ、3泊4日(1泊は夜行バス)の交通費+宿泊費が正面SS席の値段と変わらないくらいの額で済むという結果に。やっぱり福井近いや。新潟行きに比べたら断然安い。新潟遠過ぎ。今年も行くけど(笑)

今回は運良く土・日・月と三連休だったので、その前日と前々日にも休みを入れて(消化しなきゃいけなかったんですよ休みを)、ゆったりしたスケジュールを組むことができました。前々日も休みにしたのは、どうせ直前まで何の準備もしないから(笑)。もちろんその通りでしたよ、手紙の下書きすらしてませんでしたよ←もう学習するのは不可能らしい
仕事でわらわらして落ち着かないまま出発するのは、旅から戻ってきてすぐ出勤するよりも個人的に疲れてしまうので、1日インターバルを入れて良かったと思います。結局夜中までかかったけど手紙の英訳だけは出発までに終わらせることができましたしね。辞書持ってかずに済んで良かった、やっぱり重い←当たり前

前置きが長くなりましたが(笑←ってあんたいつもじゃん)、そんなこんなでいよいよ出発当日ですよ。
以下次号。