読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Fantasy on Ice 2012 in Fukui④

アイスショー旅日記2012 フィギュアスケート

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

30分以上遅れて三ノ宮駅を出発した電車は、兵庫・大阪・京都を通過してついに滋賀県へ。やれやれあとちょっと。新快速なので京都あたりまでは停車駅が少なく、動きさえすれば早いのです。
そんな中車内に流れるアナウンス。近江今津駅だったか、とにかくこの先の駅で車両を切り離すので、敦賀へ行く人は前の方の車両へ移動しなければならないというご案内。
…そうだった!2年前もこのトラップにひっかかったんだった!
しかも今日は事故の影響で遅れまくっているので車両を切り離したあとはすぐ出発すると言うではないか。ならば直前の駅あたりから移動しとこう、と車内民族大移動の列に加わる私。敦賀に向かう前側4両と切り離される後ろ8両は車内間を移動できないので、切り離し作業が行われる駅に着いてからいったん降りて前の車両に乗り込みました。
…忘れてたよ、これがあるってこと。めんどくさー。

すぐ出発すると言う割には結構長く停車していましたが、大移動が終わった列車は無事に終点・敦賀へ向けて発車。結局45分遅れで到着しました。
敦賀では乗り換え時間が50分もあったので、観光したりちょっと何かつまんだりしようかと思っていたのですが、遅れに遅れたためたったの5分に短縮。青春18切符だしわざと次の便を待って観光しても良かったけど、もうさっさと福井まで行ってしまうことにして金沢行きの電車に乗ってしまいました。でもそれで正解だったんじゃないかと。

鯖江の辺りでショーの会場であるサンドームをガン見したりしながら混雑する車両に揺られること1時間弱、ようやく福井に到着!やれやれさすがに疲れた!(笑)でも色々トラブルはあったものの予定通りの時刻に到着できたので良かったです。

ホテルまでは徒歩で移動。早速チェックインして部屋に入る。部屋、せまー(笑)。でもパックとか洗顔とか置いてあったしシャンプーやボディーソープも女性用っぽかった。レディースプラン的なものを予約したわけじゃなかったのですが、ラッキーですな。
しかしどうやら1泊目だけのサービスだったらしく、翌日泊まった部屋にはパジャマもピーチティーもなかったしアメニティも歯ブラシだけだった(笑)。しかもちょっと高いプランなのに部屋の広さが昨日と変わらないのは何故に!気が付かなかっただけで布団が高級だったとか?いや一緒だったと思うけど(笑)
ちなみにスケートの旅で利用したホテルのうち一番良かったのは福岡の某ホテルかな。朝食も美味しくて楽しかった。また泊まりたいので福岡でショーやってくれ。

荷解きしながらテレビをつけると、なんと!織田君・安藤さん・鈴木さんが映っているではないか!
福井テレビの情報により、今日の夕方のローカル番組にスケーターの皆さんが出演することは知っていたのですが、良かったどうにか間に合った。私が見たのがどの辺りからなのかはわかんないけど←最初の方は見逃してるはず
明日滑るプログラム等について3人が語ったあとは、CM明けに羽生君と佳菜子ちゃんが登場。福井の方言を使ってみて、とお願いされて例文を言ってみる羽生君。しかし佳菜子ちゃんが黙っていたので「お前もちゃんと言えよ!」と羽生君おかんむり(爆笑)。いやー、高校生って感じだなー。なんだか微笑ましかったです。

直前特集はこれで終了。なーんだステファン出ないんだ、まあ面白かったからいいや、とごろごろし出すと、テレビからこんな声が。
「このあとのスーパーニュースに荒川静香さんとステファン・ランビエルさんが出演します!」

なにいいいいいいいいいいいい!

タクシーに乗らずに次の便にしていたら、予定通り到着したとしても間に合ったかどうかは微妙だし、しかも事故の影響で到着が遅れていた可能性はかなり高い。
さすがに感心したね自分に。もうさあ、スゲエよ、あんたスゲエよ。それでいいのかどうかは知らんが運をすべて使い果たすつもりらしいよ(笑)

そうこうしているうちにスーパーニュース開始。ローカル枠の時間にまたまたファンタジー・オン・アイス直前特集。
まずは荒川さんが登場。彼女がショーについて色々語ったあと、軽快な音楽に乗せてステファンが画面に!華麗にジャンプを決めてからインタビュアーのそばへ。
ああ…ステファンだ。ステファンが日本にいる。笑顔で滑ってる…。鼻の奥がツンとしたけど、とりあえず番組に集中。

スタジオのお姉さんはステファンがお気に入りらしく、非常に羨ましい、ランビエルさんは女性人気が高い、などと話すので、ご機嫌なスイスの星の王子様は「彼女はどこ?」「会場に来たらハグして迎えるよ」などとほざき出し笑いをこらえるのに必死の私。アンタね…初めてアンタを見た福井の人が「どんなタラシだコイツは」って思うでしょーが(笑)
明日滑るプログラムについて質問されたステファンは、少し真剣な顔になると、テクニカルで長いチャイコフスキーのプログラムと、面白い雰囲気の「Puttin' on the Ritz」を滑る、と返答。ちなみにちゃんと通訳さんがいます。
やっぱり先週の韓国のショーと同じものを滑るんだ。どっちも動画見ないで我慢してたからものすごく楽しみ。特にチャイコフスキーは…。
そのあとは荒川さんと簡単なペア演技を披露。おそらくオープニングかフィナーレの振付だろう、と予想していたらビンゴでした。ただ、ちょっと膝に乗せるくらいだとは言え、痩せてるけど(てか痩せ過ぎでは…)決して小柄とは言えない荒川さんを持ち上げるのは、しばらくリンクにも立てなかったステファンには大変だったりしないのかなあ、大丈夫かなあ…と少し心配になったのが本当のところ。
演技を終えた後は照明が落ちたのか画面が暗くなり、投げキッスを振る舞うステファンがはっきり見えず。せっかくサービスしてるのに(笑)
ステファンの出番はたぶん3分足らずでしたが、久々にあの声を聞けて本当に嬉しかったです。

ちなみにステファンが着ていたのはオープニングの衣装で、振付はやはりフィナーレのものでした。何故かごちゃ混ぜ(笑)
しかし何よりも私は言いたい、てか見た瞬間に叫びそうになったくらい言いたい。

髭、剃れ!!!!!

そりゃあもう青かったですよ、トゥルーブルーでしたよ…←意味不明

色々な意味で安心したところで(笑)、以下次号。