読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

好きだから歩いているとは限らない

今週のお題「お気に入りのスニーカー」

スニーカーにはあまりこだわったことがないのでわかんないな…。車も自転車もない身の上のため必然的によく歩くので、歩きやすい靴を自然と選ぶようになったのですが、同じぺたんこ靴ならスニーカーよりもバレエシューズやサンダルの方が好きです。昔モデルハウスの片隅でやってたバザーと言うかリサイクルと言うか、で買ったぺたんこ靴が非常に良かったのですが、何せリサイクルなのでメーカーもわかんないし、同じものが欲しくても買えなくてとても残念だったりします。穴が空いたので捨てちゃったんですよね…。革靴?で平べったくて、靴の開いてるとこ(何て言うんだろ)がギャザーみたいになってて、スポッと履けるタイプだけどかかともある普通の靴。似たような靴をずっと探しているのだけどなかなか見つからないんですねこれが。デザインもかわいくて、でもシンプルで、とってもお気に入りでした。

そうだ、スニーカーと言うよりウォーキングシューズなのかもしれないけど、足を酷使する仕事をしてた頃に愛用してた仕事用の靴はとても重宝してました。諭吉さんが飛んでいくくらいのお値段はするのですが、足が全っ然痛くならないのです。ホントびっくりするくらい。私は長時間立っているのも苦手で動き回るとすぐ疲れていたのですが、この靴を履くようになってからはそういうことがほぼ無くなりました。
スニーカータイプのものとサンダルタイプのものとを季節によって使い分けていましたが、こういう実用性を重視した靴は見た目が微妙なものが多いのに、それなりに洒落たデザインなのもポイントでした。値段以上の価値がある、本当に素晴らしい商品でしたが、その仕事を離れたあと、どの靴もあまりにぼろぼろになっていたことに気付いて、これからも履こうかなと思ってたけど、思い切って捨ててしまいました。あんなにぼろぼろになるまで「駒」として酷使されてたんだな、という現実に直面し、その過去と訣別するという思いも込めて。
てなわけで、どこのメーカーの靴なのかわからないのです、とっくにの昔に捨てちゃったので…。買った店は覚えてるんだけどそんなん書いたところでヒントにもならないし(汗)。お金があればたぶんまた同じ商品を買ってたと思うんですが、お金もないもので(汗)。まったく役に立つ情報が出せなくてすみません。そもそも今でも販売されてるのかどうかわかんないですしね…。

追記:ここで私が書いてる靴、やっぱりスニーカーとは呼べないみたい。相変わらずお題の趣旨とズレまくりでホントにすみません…