うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2017雑感

ジュニアの大会を、女子のフリーのみとは言え、地上波で、ゴールデンで、しかも生放送で放映、というフジの英断に、あまりにも英断過ぎるのではないかと無意味に心配していたのですが、終わってみれば放送して本当に良かったのではないかと思います。素晴らしい大会でした!
というわけで、女子のフリーについてつらつらと。

ほぼ地上波しか見られず各地の大会へ赴けるような経済状態でもない私は、ジュニアの選手の情報をほとんど持っていません。まだほんの子供のうちから追いかけ回す(と言ったら語弊があるかもしれませんが)ことにも抵抗があったりします。まだ体の成長が終わっていない時期にピークが来てしまうことも多々あるフィギュアスケートという競技の性質上、ジュニアの頃あんなに騒がれていたあの子は一体どうしたんだろう、てなケースが少なくなく、正直いたたまれない気持ちになるのです。いくら勝負の世界は厳しいとは言っても…。なので、シニアに上がってくるまではどんなにすごい選手でも騒がず静観、が基本スタンスだったりします。
そんなわけで、名前も演技も初めて見聞きする選手がほとんどでした。すみません。

第3グループから放送。生中継とは言いつつ注目選手しか放送しないのかと思ったら、意外とガッツリ演技が流れてる。やるじゃんフジ。ってそれが普通なんだよな…←地上波しか見られないので色々目をつぶらないと放送自体が視聴できなくなる身の上
へー、こんな選手もいるんだなあ、世界選手権だけあってみんなすごいなあ、と興味深く見つつも(最終グループの最初に滑った子、後半が残念だったけど見てて楽しかった)、やっぱりジュニアの演技かな、とのんびり視聴しておりましたら、最終グループの後半から突然別世界に突入。あまりのことに日々の疲れも吹っ飛びました…。

真凜ちゃん素晴らしい!本当に素晴らしかった!かなり慎重に滑っている印象は受けたものの、この大舞台で、しかも連覇のプレッシャーもかかる状況でこれほどの演技ができるとは…。眠くて真凜ちゃんまでもたないかも、と言ってたスケート友達に「目が覚めたんじゃ?」と聞いたら「覚めた」とお答えが返ってきたくらい(笑)
今シーズンは思ったような結果が出せず(端から見てると立派な成績なのですが…)悔し泣きばかり見ていた印象の真凜ちゃんだったので、いい笑顔が見られて嬉しかったです。

しかしザギトワも素晴らしい演技。真凜ちゃんの演技に沸く会場の雰囲気は本人にもわかったでしょうに、それをものともしないパーフェクト。ジャンプをすべて後半に跳んでいるのですが、プログラムに破綻がなく何となくそういうものだと思って自然に見られるのが凄い。どことなく硬質な演技で、日本らしいやわらかさ(何と表現したらいいのかよくわからないのですが)のある真凜ちゃんの演技とは対照的な感じが面白かったです。

優勝候補の二人がパーフェクトな演技を連発した直後の最終滑走、どれだけ滑りづらい状況だったか想像に難くないですが、ここにもそんなことをものともしない人物が。そう坂本さん。彼女も素晴らしかった、実に素晴らしかった。彼女はまだジュニアで滑ってるのが不思議なくらいの演技で、いちばん安心して見られました。以前から彼女の滑りに何となく惹かれるものがあったんだけど、やっぱり好きなタイプのスケートだな、と思って見てました。何がどう好きなのか、って聞かれたらよくわからんのですが。

表彰台こそ逃したものの白岩さんもいい演技だったと思います。背中のデザインが変わってるなこの衣装、なんて思ってたらテーピングだったんですね、ごめんなさい…。怪我を抱えてあの順位は立派です。日本の女子何だかんだとコンスタントに強いよね。未来は明るいけれど代表争いが熾烈を極めまくりそうで、今から年末が怖いです…。

しかし、試合直後の真凜ちゃんへのインタビューはもっと短くまとめられなかったものだろうか。あれじゃ泣くのを期待して延々と質問したんだろうなんて言われても仕方ない。まだ本当に若いのだから配慮してやれよ…、と心底思いました。いかんよあれは。真凜ちゃんはよく気丈に答えてたよな…。
それからザギトワの優勝インタビュー。洗い物しながら聞いてたからあまりはっきりとは見てないんだけど、同時通訳も字幕もなかったように見えたのは私の気のせいか?放送事故?(汗)何の話してたかわかった人日本にどれくらいいるの?(汗)ザギトワが優勝する可能性は十二分にあったのだから、ロシア語(もしくは中国語)の通訳を用意しててもよさそうなものなのに…。まあ仕方ないのだろうか。生放送だったことの方がよっぽど重要だったわけだし。

さて、次はシニアの世界選手権ですね!もう既に緊張で吐きそうですが(汗)テレビの前で正座して応援します!寒くなければ(笑)