うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

フィギュアスケートアオーレ長岡2012①

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

福井でのファンタジー・オン・アイスに向けて宿泊先等の準備をしていたある日、今年も新潟でショーが開催され、ステファンも出演するという情報が飛び込んできました。

フィギュアスケートアオーレ長岡」と銘打たれたそのショーは、新潟県長岡市の公共施設「アオーレ長岡」のオープンを記念して行われるとのこと。何でも市民の要望で短期間ですが臨時スケートリンクをホールに作ることにしたらしいです。合わせてショーもやってしまおうということだったのかも。いや知らないけど。

開催はファンタジー・オン・アイス福井公演の2週間後。名前からしてファンタジー・オン・アイスではないし、3年連続の新潟行きはさすがに勘弁だったし、横浜に行く予定にしていたので、初めはスルーするつもりでいました。

しかし、ステファンが目の疾患のため横浜のドリーム・オン・アイスに出演できなくなったことや、今年度のファンタジー・オン・アイスは福井公演のみだという情報が判明したことなどから、経済的な問題など色々悩みはしましたが、やはり行く決断をしました。

そうと決まればまずはチケット。しかし予定がまったく立たなかったため(そもそも開催当日は仕事だった)各種先行に応募していなかった私には、一般発売までチケットを手に入れる手段がありませんでした。長岡市民限定先行が大変にうらやましかったですよ…

でも手をこまねいていても仕方ないので、とりあえずホテルの予約だけ先に入れておくことにしました。適当に以前宿泊したことのあるホテルと同系列のところを押さえ、ひとまず宿泊先は確保。
交通費は徹底的に安く抑えることにしてますが、ホテル選びはあんまり妥協しないことにしています。交通手段に選択肢はあまりないけど、ホテルはある程度自分で選ぶ余裕があるし、うまく探せば金額的にビジネスホテルもシティホテルも大差なかったりするので、だったら少しでも快適に過ごせるように、口コミを調べまくったりしてそこそこのホテルを予約することに最近は決めてます。楽しいところに泊まるとテンション上がるし(笑)。気楽に泊まれるのはやっぱりビジネスだけど。ひとりの客が多いからあんまり寂しくない(笑)。でも部屋まで荷物運んでくれるようなところに泊まるとやっぱりワクワク感がハンパない(笑)。まあでも一番優先するのは結局金額なんですけどね。とほほ…
しかし今回は相当適当に予約したはず。口コミとか読んだっけ?当時の私は忙しかったようですね←覚えてないのかい…

そうこうしているうちについに一般発売前日。しかしなんと、いつものぴあに並ぶ気満々でいた私の前に「どうしても朝イチでやらなければいけない用事」が降ってきてしまったのです。元々は自分の蒔いた種なので仕方がないのですが、伝え聞く話から察するに、おそらく並ばないで取ることは厳しいだろうと思われる状況だったので、どうしたものか途方に暮れてしまいました。
そんな私を見かねたのか、なんと「代わりに並んであげようか?」と申し出てくださった方が現れたのです!もうね、神が降臨したと思ったよ。Aさん本当にありがとうございます(号泣)

果たして迎えた発売当日。ぴあに到着した時には既に5人くらい並んでいましたが、ほとんどが整理券の出る公演目当てだったので、私は実質2番目。もう少し早く来れば良かったかな、とドキドキしながら待っているとAさんが到着。後光が差して見えましたよ(涙)
Aさんに代わってもらってからダッシュで用事を済ませにかかる私。再びダッシュでぴあに戻り、Aさんと交代。我々の後ろにも結構な列ができていたので、割り込みだと思われないようわざと「タッチ交代ね」と大きな声を出してからその場を離れるAさん。何という心遣い。とりあえず拝んどいていいですか(涙)

そんなこんなで9時半。ぴあのおじさんに申込書を渡して10時までその辺で待機。
10時にぴあの窓口へ向かいウロウロと待つこと数分、無事に希望通りの1階S席のチケットをゲット!良かった(号泣)
早速Aさんに報告。しかしこの日はなにやら人気のある公演の発売日だったようで整理券目当ての人がいっぱい並んではいたけど、それ以外のチケットを求めて並んでる人は3人くらいで、Aさんにわざわざ協力してもらう必要があったのか真剣に反省する私。申し訳ない(泣)。でもそんな私に対して「人助けだと思って…。それにそんなに情熱を傾けているんだから」と快く手を貸してくれたAさんにはいくら感謝しても足りないです。本当にありがとうございました。
しかもやっぱりかなりの激戦だったようで、チケットが手に入らなかった人が続出していた様子。私は土曜日のチケットしか取らなかったけど、日曜日にも挑戦してたら難しかったかもしれない。どうやら会場が狭いらしいのと、関東からアクセスしやすい場所というのが大きかったのかもしれません。並ぶのを諦めていたらおそらく取れなかったでしょう。そういう意味でもやっぱりAさんには心底感謝しております。

喜びのあまりその辺の人に報告しまくっていると(←ウゼエエエエ)、「いつ行くの?私と休み代わってくれない?」と持ち掛けてきた人が現れ、休みもアッサリ確保。なんというトントン拍子。これであとは交通手段を考えるだけ!ホッ…

その交通手段ですが、とにかく金欠なので新幹線は帰りだけにして、行きは夜行バス+鈍行+特急の乗り継ぎで向かうことに決定。20時間近くかかるんだけど(汗)、新幹線よりはかなり安い。往復新幹線の日帰りでもギリギリ間に合うのでそれも考えたんですけどね、前日が休みだったので、もう少し余裕のある旅程にしました。青春18切符の使えるシーズンだったらもっともっと安く抑えられたんですが…ちょっと遅かったんですよね、残念ながら。
日曜日は仕事なので、土曜日のうちに帰れるよう復路は新幹線。高くつくけど仕方ない。やっぱり新潟遠い。2泊3日(1泊は夜行バス)だけどさらに1日旅程が多かった福井の2倍以上旅費がかかる計算ですよ…。だから行くのに躊躇するんだよね…。旅行会社を使えばそうでもないんだけどアレはひとりじゃ使えないもんなんですよ…。とほほ。

しかしなんのかんのと準備は整いました。あとは出発を待つだけです!
以下次号。