うさぎパイナップル

書き散らしてるときだけが生きてる気がするんだ(社会不適合者・居場所募集中)

世界選手権2017雑感③

男子ショートプログラムの続き。

ついに最終グループですよ。緊張で死にそう。生放送ってやっぱ最高。死にそうだけど。3日くらい前から吐きそうでしたよ←汗
格闘ゲームみたいな選手紹介やっぱりやるのね(笑)。跳べる4回転ジャンプの種類を使える技みたいに下部に表示すんのやめろ(笑)。これだとジェイソンが玄人好みのキャラみたいだぞ!あ、実際そうかもね(笑)。偉そうに語ってますが私は格闘ゲームが大の苦手です。初めて遊んだのは「ストリートファイターⅡ」でした。初めて選んだキャラはダルシムです。春麗を選ぼうとしたのですが手が滑りました(笑)。いちばんよく遊んだのは「幽々白書・魔強統一戦」ですが、霊丸のパワーが溜まるまで対戦相手に攻撃を待ってくれと頼むくらい下手でした(笑)。てか対戦になってないだろうそれ(笑)。でもあれ面白かった。使えるキャラに戸愚呂兄がいるあたりロック過ぎる(笑)。…すみません、話が逸れました(汗)←しかも魔強統一戦とか知ってる人いるのか(汗)

この宇宙大戦争のそもそもの火付け役がまず登場するあたりからして、今大会を牛耳ることにしたスケートの神はドラマに溢れた展開がお好きらしい。そんなわけで羽生君。6分間練習前の挨拶で表情がいい感じに阿修羅だったし(彼は演技前の顔付きが怖ければ怖いほどいい演技をするイメージがある。個人的にだけどね)、ループが決まった時点ではいけるかと思ったのだが…。サルコウ、またしてもお前か(泣)。すかさず両手を上げてセカンドジャンプをつける、相変わらずの鬼神っぷりに思わず笑っちゃうほど感心したものの、コンビネーションジャンプとして認定されず。30秒以内に演技を開始しなければならないというルールにも抵触してしまい、かなりの減点となってしまった。しかし全体的な演技としては四大陸のそれよりもキレがあったし、観客があれだけ盛り上がるのも納得。減点がなければ一体何点を叩き出していたのか。コンビネーションジャンプについてはかなり致命的なミスだったにも関わらず、100点近くを出してしまう彼の底力を改めて思い知った。もう何度も思い知ってきたけれど、本当に彼には毎回毎回驚かされる。

続いて昌磨君。これまで見てきた昌磨君の中でも一番ではないかと思うほど良かった。これは確実に100点を超えるだろうと思ったら案の定。昌磨君の良さのひとつは、高橋君の演技の流れを汲むようなねっとりとした濃さだと思うが、この昼ドラのような情熱的な曲(とてもいい曲なのですがほかにうまく表現が見つからずすみません…)がピッタリくる。どこかこの世の生き物ではないかのように透明な羽生君に対して、人の世の生業を情熱的に歌い上げるのが昌磨君の演技という感じがします。意味不明ですみません(汗)。
紫の衣装はやめちゃったのね。羽生君とだだかぶりだからか?でもハビエルとパトリックもお揃いみたいなもんだよ?←違う(笑)

6分間練習でどこか痛めた様子で心配していたコフトン。でもそんなの感じさせない素晴らしい冒頭のジャンプ!このままいけるかと思ったけど、やっぱり痛めた影響か、だんだん勢いが落ちていくように見えた。フリーも無事に滑りきれますように。
フェルナンデス。3連覇のプレッシャーなどものともしない、パーフェクトな演技。凄い。凄すぎる。さすがスペインの人だけあって、まったく飾り気のない衣装にも関わらず、これまで見てきたどんなフラメンコよりも違和感がない。観客の歓声も凄いことになってたけど、それに応えるいい演技でした。ただ、これが彼の演技の天井なのかな、とも少し思った。パーフェクトに滑れば十分に勝てるけど、その代わり常にパーフェクトでないと勝てないかもしれない。まだ天井が見えない選手たちが何人もいるから。十二分に素晴らしい演技なのに、これでも勝てないかもしれないなんて…。それでもこの時点では3連覇するだろうな、と頭の半分くらいで思ってました。

パトリックも素晴らしかったですねー。これまたパーフェクト。これは十分に点をやってもいい、と思いながら見てた。昔は演技がつまらないなどと言われていた彼ですが、年齢を重ねてすっかりその足元には熟練にしか出せない味わい深い歌が流れているように思う。そもそものスケーティング技術は他の追随を許さないだけに、完璧に滑った時の圧倒的な完成度はずっとスケートを見ていて良かったと思わせるほど。実際に素晴らしい得点が出る。100点超えてるのが既に3人…。何なんですかねこれ←思考停止
最終滑走はジェイソン。この人外魔境に舞い降りた一服の清涼剤。彼のスピンはスピードがありすぎて、なんか人の2倍くらい演技をやってるように見えてしまう。4回転を入れずにこの点は凄い!最後は癒しの笑顔でこの宇宙大戦争が平和に終戦するのだなどと思っていたら、戦争激化してた(汗)。

自己ベスト連発。100点以上出さないとスモールメダルすらもらえないってどういうこと?(汗)って言うか普通にネイサンも羽生君もすごい点なのにあれで自己ベストじゃないってのもよく考えると恐ろしすぎる。これもうフィギュアスケート男子シングルじゃないだろ、別の競技だろ(滝のような汗←3回目)
こうなると心配なのは羽生君。ショートプログラムが良くなかった時はだいたいフリーがとんでもないことになるし、ヨーロッパの試合には滅法強い印象もあるので間違いなくこのままでは終わらないだろうとは思っていたけれど、さすがにこの点差は厳しい。結果によっては酷いバッシングに晒されてしまうかもしれない、と気が気ではなかった。それでも信じるしかない。ファンにできることは信じることだけだからだ。フリーで繰り広げられるであろう最高の戦いに期待を寄せつつ、今年の舞台がフィンランドだと気付いた時からずっと飾っている、綺麗な外国の切手を買った時におまけでもらったヘルシンキの消印らしきものが押された封筒を見つめながら、私はそっと、遠い異国の地で悔しさに身を震わせているであろう青年に神が微笑むことを願って、胸の前で指を組んだ。

女子フリーに続く。