うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

All Japan Medalist on Ice 2013⑦

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

切ないくらいに熾烈だった戦いの余韻を閉じ込めた会場が、煌びやかな照明と音楽に彩られる。全日本選手権エキシビション、メダリスト・オン・アイス、開幕。

まずはオープニング。最初は主にジュニア選手が登場。織田君や小塚君が現れると会場はひときわ大きな歓声に包まれました。オリンピックに行けなくたって、私達は君達が大好きだ。フィギュアスケートを愛するファンの、温かく深い想いがそこにはありました。

選手達が退場すると、鼻から牛乳…もとい(笑)、トッカータとフーガに乗せて白いシャツの人物がステージの前に現れました。そのままたったひとりでリンクの中央へと滑り出し、華麗な技を披露します。
絶対カットだな。間違いなくカットだなこの登場の仕方は。地上波にはまったく期待をしていないが、お茶の間の皆さん、今年もステファンは諦めてください、と心の中で全国の茶の間に向かって念を飛ばす私。白いシャツは反則だって言ってるだろうステファン。反則レベルのステファンを見たい方は会場まで足を運びましょう。そろそろ学習しようぜ視聴者も。

ステファンが姿を消すと、オリンピック代表の10人がリンクに登場。放送はきっとここからだったはず(←地上波まだ見てない)。放送予定に合わせて構成されてるんだなあ。いいような悪いような。
私の席はちょうど羽生君と真央ちゃんの間で、さらに町田君がこちらへ向かってくるというなかなかおいしい位置。前の男性の頭を避けるように羽生君と真央ちゃんが立ってくれたのでラッキーでした。こうして見ると、やっぱり結構端かも。

スケーターが全員ステージの前に移動し、絢香の歌が始まりました。本邦初公開のオリンピックのテーマ曲らしいけど、全然耳に残らない…。NHKのテーマ曲もイマイチだし、せっかくのオリンピックなのにちょっと残念。4年前のラルクはすっごく良かったんだけどなあ。NHKだけど。
絢香はもう少し上手かなと思っていたのですが、歌も歌声もまったく耳に残りませんでした…。もし安藤さんが代表になっていたら絶対コラボレーションしたんだろうな。ゲストが絢香だというのはあらかじめ発表されていたので、そのためのオファーかと思っていたくらいです。まあ勝手な想像ですが。

絢香の歌声で10人が所狭しとリンクを舞い、オープニングは終了。ここからは個人演技。まずはジュニアの選手達から。

トップバッターは松田悠良。名前だけは知ってたけど初めて見たスケーター。
曲は「キッスは目にして」。ただし日本語で歌われているバージョン。なかなか渋い選曲。ピンクのハッキリした衣装も手伝って、こまっしゃくれた雰囲気がよく出てたと思います。かわいい。

2番手は日野龍樹。見たことある衣装だな。相変わらず淡々とし過ぎているように見えて気になってしまう。もうそういう性格を活かしたプログラムを作った方がいいんじゃないだろうか。容姿はせっかく恵まれてるのになあ。

3番目は三原舞依。今回初めて知った選手です。かわいらしい感じ、だったような?ほとんど覚えてなくてごめんなさい。

シニアの全日本でも健闘した宇野昌磨。色気が出てきただの何だの、とナレーションが入るので会場は爆笑。ギャグキャラじゃないでしょ宇野君は(汗)
でも演技が始まった途端、どこか危険な薫りのする色気を放つ宇野君にすっかり心を奪われる。子供のような小さな身体にそれを纏うというギャップが彼の色気の正体だろうか。ジャンプさえどうにかなれば「化け物」になれる選手だと思う。

本郷理華。桜の柄の、着物のような衣装が素敵。
しかもこの曲、「夜桜お七」じゃないですか。素晴らしい選曲だな。演歌って意外とスケートに合うと思うよ。特にこの曲はいつか滑ってくれる人現れないかなと思ってたので嬉しかったです。

田中刑事。相変わらず涼やかな色気が素敵。悪くなかったような気がするんだけど、演技ほとんど覚えてないや、ごめんなさい。

宮原知子。手首に赤い布を巻いた白い衣装。
初めて見た12、3歳くらいの頃から、惹きつける演技をする子だと思っていたのですが、このプログラムはイマイチだったかもしれない。メリハリに欠けるというか。でも全日本素晴らしかった。これからもっともっと上を目指して欲しいです。

続いてはアイスダンス。平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンション。名前は聞いたことがあったけど初めて見る。マリオーン!という叫び声が上がってるあたり、なかなか人気もあるみたい。
結構上手いと思った。男性が外国人なのが実に惜しい。世界選手権には出られてもオリンピックには出られないもんなあ。でもまた見てみたいふたりだと思いました。

以下次号。