うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

All Japan Medalist on Ice 2014⑥

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

そろそろ開場時間のため、知人とはケーキをご一緒してお別れ。蕎麦食べたいケーキ食べたいと騒ぎまくる私にお付き合いいただき本当にありがとうございました。今考えると「お前何しに来た」状態でホントすみません←って半年近く経って気付いたんかい…

やっとチェックインできたのでいったん部屋に入り、荷物を整理したり色々してからビッグハット行きのバス乗り場へ。臨時便がたくさん出ているようだけど長蛇の列。間に合うのかなあ、とドキドキしていたら、ここで合流予定だったすっかりお馴染みステファン仲間のAさんが到着される。今回もお世話になります!
列は意外とサクサク捌けていき、往復の乗車券も購入していざ乗車。さすがに座れなかったけど、喋ってたらすぐ着いてしまう距離だった。蕎麦屋で見かけたサインの話をした際に「歌う方です」と付け加える私。この車内では「ユズ」と言ったら「ゆづ」のことを指すから。世間一般は歌う方でもこの車内では100%滑る方だから(笑)。うっかり聞いてしまった人をぬか喜びさせてはいかんからね(笑)←そういうの無駄な気遣いって言うんじゃ…

4年ぶりのビッグハット。4年前もここにメダリスト・オン・アイスを見に来たのだった。メダリスト・オン・アイスそのものは、10年くらい前に新横浜で見たのが最初のはず。
場内へと歩を進めると、今年も入口でスポンサーのニチレイからのお土産を配っていた。レトルトスープや水、クリアファイルに付箋などなかなかのボリューム。有り難いですね。重いけど(笑)。
いつものようにぼったくりパンフレットを購入し、手紙もボックスに突っ込んでから座席へ。SS席のわりと前方、中央よりもステージ寄り。4年前に座った席は列としては似たようなものだったが、ステージからはかなり離れた場所だったと思う。4年前の席の方がちょっとだけいい席だったかもしれないな、という印象はあったけど、今回もリンクに近くてよく見える席でした。
メダリスト・オン・アイスのパンフレットは、パンフレットというより直前まで出演者がわからないため1枚もののリーフレットがケースの中に出演者の分入っている、といった形式のもの。当然のように羽生君のリーフレットはなく、本当に出演しないんだな、と今更ながら悲しくなる。元気に滑ってる姿に、やっぱり会いたかった。

突然場内に爆音が響き渡り、まだ照明が落ちてないのに始まるのか?と慌てていると、リンクに現れたのはバボちゃん。フジテレビ恒例のバレーボール中継の宣伝らしい。フジテレビのスケート放送のテーマ曲・ボレロに合わせて(確か)リンクを数周。当然着ぐるみなので、滑り始めた当初は何だか危なっかしかったのだが、段々慣れてきたのか「明らかに上手い人が入ってない?」って感じになってきた。滑り終わったバボちゃんが立ち去ったかと思いきや、場内に歓喜に満ちた悲鳴が響き渡る。バボちゃんの中身が現れたのだ。

中に入っていたのは、
中野友加里さん(驚愕)
元日本代表のスケーター、現在はフジテレビ社員の、あの中野友加里さん。
…そりゃ上手いはずですな…。
久しぶりに滑ってるお姿を見られて嬉しかったです。現役時代の彼女の演技、好きだったんだ…。

さて、今度こそ開幕です。以下次号。