うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(生活の糧と居場所大募集中)

かながわフィギュアスケート・フェスティバル2015⑨

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

では最後にショー以外の話題を。

土曜日の昼公演と夜公演の間は会場から少し離れたジョリーパスタで食事しつつ休憩。スタバに行こうかなと思ったのですが並んでいたので諦めてパスタ。会場が非常に寒かったので天国でした…。会場周辺には民家しかなかったけど、少し歩いて国道?まで出ると道路沿いにお店が色々ありました。

夜公演終了後はさすがに徒歩移動は諦めてバスに乗りました。並んでいる間に目の前を大型バスが通過。出演者が乗っているバスだと思われましたが、気付かれてないのか騒ぐ人もなし…。私は思わずまじまじと見てしまったけど。まあカーテンしてあったし暗かったので何も見えなかったんですが。
新横浜まで戻ってホテルに一泊。改装したらしく部屋が綺麗になってた。ほぼ寝るだけだったのでちょっともったいない。

日曜日公演の前にはAさんと宇宙科学研究所相模原キャンパスへ。正確には宇宙航空研究開発機構JAXA)なんだろうか。
まずは門衛所で受付。首から提げる番号札みたいなのを受け取って建物の中に進みます。平日なら食堂や売店も開いてて利用もできるのですが、日曜日だったので残念ながらお休み。宇宙食お土産に買いたかった。
そんなわけで見学可能なのは展示室と屋外にあるロケットの原寸模型くらい。ってもメインはその2カ所か。

展示室はいかにも公共の施設という手作り感も残しつつ、なかなか目にすることのない展示物の数々は壮観で興味深いのひとこと。はやぶさの模型とかテンション上がりまくりですがな。実は私、小学生の頃星が大好きだったんですよね。宇宙に関する本や星座と神話の本などを読みあさり、一等星の名前を暗記するほどのめり込んでおりました。何故宇宙飛行士を目指さなかったかというと高所恐怖症だったからです。あと星を眺めてロマンを感じてればそれでいいタイプだったから(笑)。でも今でも宇宙関係のドキュメントなどは明らかにほかとは違うテンションで見てしまいます。NHKがやってた宇宙飛行士試験のドキュメントは非常に良かったなあ…。
展示室にはスタンプラリーも何種類か設置されていました。実はこれがやりたいがために日曜日公演が終わってからもう1回JAXAに行った(笑)。公演前は時間があまりなかったのです。なかなか凝ったスタンプラリーで楽しかった。って幼児か!
ちなみに公演後に行った時は学生らしきバイト?が、何故今日はこんなに客が多いのだろうと困惑している様子だった。それはおそらくこの宇宙科学研究所が施設名の由来となったのであろう銀河アリーナで、宇宙人(ロシア出身)と愉快な仲間たちが暴れてたからじゃない?と喉から出かかるのをこらえる私。銀河アリーナからも近いし、私みたいに是非行ってみたいと思ってた人は多いと思うな。

宇宙科学研究所を後にすると急いで新横浜に戻って友人と待ち合わせ。急いだんだけど色々あって遅れてすみません(泣)。新横浜の駅ビルでパンケーキを食べながら楽しく過ごしました。
友人と別れるとまた別の友人宅に泊めてもらうため新宿へ。予定詰めすぎ(笑)。新宿駅で迷ってもう友に会えないかと思いました(泣)
友人宅で衝撃の報告を受けたりしつつ就寝。いつものように早朝5時に起きて友人が起きてくるのを支度しながら待つ。8時頃友人の出勤とともに友人とはお別れ。こんな遅い時間に家を出ても仕事に間に合うなんてうらやましい…。

友人宅の最寄り駅のドトールでモーニングしつつ少し時間を潰して、再び新横浜へ。新横浜からじゃないと新幹線に乗れない切符なんですよ(泣)。
まだうっすら通勤ラッシュだったので地下鉄には結構な人。関東に転職したいとよく思うんだけど(ショーを見に行く交通費がもったいないから←そんな理由…)このラッシュに耐えられるかと問われればかなり間違いなく無理だよなあ(泣)。
乗換してしばらくすると車内は空いてきて、快適な電車の旅に。我が地元だったらこの距離移動するのもっと時間かかるんだろうな。やっぱり交通機関の便利さは比べものにならないですよねえ。

横浜駅に着いてからやっとお土産を購入。駅ビルでチーズサンドみたいなのを職場用に買ったらめちゃくちゃ美味しくて感動した。箱がかわいくて買ったのに、まさかの大当たり。誰か関東行ったら買ってきてください。東京ミルクチーズ工場とか書いてあったような←横浜じゃねーし
そうそう、ベルンのミルフィーユも売ってた。自分用に3本だけ買いました。この旅唯一の贅沢です…。

そしてついに神奈川を離れる時間。おそらく今日にも日本を離れるのであろう素晴らしいスケーターの面々に思いを馳せながら新横浜駅を出発する新幹線に乗り込む。途中、富士山が綺麗に見えたのだけど、その山頂に白い帽子みたいに雲がかかっていて、吉兆だったりするのかなとわくわくしたのに、どうやら天気が崩れる前兆だった様子。本当にだんだん雨模様になってきて、最寄り駅に着いたらさすがに荷物持って歩いて帰れないほどの大雨で、仕方なくタクシー使いました。
帰宅してテレビをつけると羽生君の献血のCMやってて疲れが少し飛びました(笑)。

以上で今更感に溢れる相模原旅行記は終了でございます。いやあ、いいショーでしたねえ。翌月に中国新聞社主催の大会(スケートヒロシマ)をビッグウェーブへちょっとだけ見に行ったのですが、このリンクでもあんなショーやってくれないかなと切なく思いました。たぶん無理なんでしょう…ね。
せっかくの素晴らしい席だったのにさすがに半年以上も経つとろくに覚えていません(泣)。通勤時間が長いのでそれを利用していっぱい書けると思っていたのですが体力的に保たず日常生活が破綻しないように生きるのが精一杯で難しかったです…(泣)。それでも何かが伝わったなら幸いでございます。

ー終ー

2018年追記:
もう3年も前のことになるのか。近くに住んでて予定もないのにこのショーに行かなかった方はかなり後悔されたのではないかと思うくらいいいショーでした。色々なショーに出向いてきたけど、今でも印象の深さで上位に入っているほどです。
やりたい放題のベテランの皆さん(笑)も面白かったけど、とにかく子供たちの成長具合がホントに目覚ましかった。日本の未来を担う素晴らしいスケーターがここから現れて欲しい、と願わずにはいられなかったです。
そう言えばパンフレットには吉田佳世さんの写真が載っているんだけど、出演はしてなかったと思う。急な体調不良などですかね。特に貼り紙等なかった気がするのでよくわからないままだった。

宇宙科学研究所に見学に行けたのも本当に楽しかったです。たぶん星占いがきっかけで天体に興味を持ったのではないかと思うのですけど、子供の頃に色々宇宙に関する本を読んでた時期があったので感激でした。今でも夜空を見上げて星を探すことがある。今くらいの時期は空気が済んでて星も見えやすいよね。北斗七星やカシオペア座くらいしか判別できなくなっちゃったけど。
スタンプラリーの用紙なくしちゃったかな、と思ってたらパンフレットの間から出てきた(笑)。スタンプの大きさや色が様々で、なかなかハイレベルなスタンプラリーだと思うわ。だからっていい大人がウキウキとスタンプ探して回ってるのも色々と遠い目になる光景ですけどね!いいんだ、その遠い目の先には広大な宇宙があるんだ←意味不明