うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2017 in KOBE②

無事チケット代の入金も済ませ、やれやれこれで神戸だけでも見られるぞ、と安心したものの、やっぱりやめといた方が良かったんじゃ、とかなり後悔することになってしまった私。何故ならば、チケット代に吸われてほとんど生活費が残らなかったからである…。

そんなのいつものことじゃんかお前(笑)、と言われてしまいそうだし実際そうなんだけど(笑)、この時は少々事情が違った。私はしばらくの間、諸事情でいつにも増して極貧生活を送っており、そのダメージが色濃く残ったまま日々を過ごしていました。食べるものにも困る有り様のその一方で、ストレス解消の方法が食べること以外に何もなく、普段なら積極的にやっていた食費の節約が思うようにいかない。食費以外に削れるところがないのに、である。もちろん贅沢に食事をとっているわけでは決してないのだが、ヨーグルト1個で済ませていた夕食を、ポテトチップス一袋にしないと気が済まない、みたいな。底辺の悩みですが(笑)積み重なると馬鹿にはできない。

そもそも生活はギリギリだったのに、そこに無理してチケット代まで払ってしまったからさあ大変。このままでは電気代も払えない、という事態に…。
自慢ではないが、これだけ低収入の底辺生活を送っていても、払わなければいけない費用を滞納したことは一度もなかったりする。生活等に必要な、どうしても支払わなければならない金額はきっちり計上した上で、残った金で生活およびアイスショーの費用を捻出することを徹底しているからである。そんなことは当たり前で、いちいち書くまでもないはずなのだが、これができない人は結構いるらしい。と言うか身近にもいた。足りない分は借りてくればいい、あとから払えばいいと安易に考え、結果にっちもさっちもいかなくなるのである。そんなヘマは絶対にしない。ヘマの尻拭いを誰かがしてくれると思うから、そういうヘマが平気でできるのであろうが、誰かが何とかしてくれる、というのはこと金が絡んだ場合は幻想でしかない、というのが私の持論である。今考えたけど←ひでえ
その私が最低限必要な金額やら何やらを確保しておけなかった事態にまで追い詰められているのに、何がチケット代だよ、とかなり本気で思った。潔く諦めようとかなり逡巡したが、そんなわけにもいかず結局払ってしまった…。もちろん食費なんてない。体調が悪くても病院だって行けない。生活が成り立たない…。絶望(泣)。

結局何とかなって、公共料金を滞納するような羽目にはならなかったんだけど、もうこんな危ない橋は渡りたくないと心底思いました(泣)。ものすごいストレスで、もう少し自分自身を優先しないといけないなと反省。手近な食べることでしかストレス解消ができていないのなら、せめてそれだけでもキープできる状態にしておかないと自分が壊れてしまうし、壊れてしまっても誰も助けてなんかくれないのは実体験として嫌と言うほど知ってるはずなのに。アイスショー行きこそ最大のストレス解消の手段だったはずなんだけど、これだけ生活に困窮すれば、もう夢など捨ててしまうしかないのである…。

しかし、一難去ってまた一難。出発直前にも同様の事態が起こってしまった。交通費とホテル代、パンフレット代だけは何とか死守するが、それらを支払うことでまたしても生活費が残らないという状況に陥ってしまったのである。
神戸行きの後の必要経費を確保するために、朝はご飯が茶碗に一杯のみ、昼は小さなカップ麺、夜はヨーグルト1個だけ。例えるとそんな感じ。でもそれは焼け石に水。空腹で心も荒んでくる。さらに頭を悩ませる出来事が頻発し、本当に発狂しそうだった。さすがに神戸など行っている場合ではないと、すべてキャンセルしようかと本気で思ったが、これまた何とかなってしまったので、どうにか無事に神戸に出発することができました…。

本当によく何とかなったと思います。奇跡が起こったとしか言いようがない(泣)。最近天界からなかなか降りてきてくれないネタの神様が、毎回命懸けでアイスショー行ってたのにまったく行けなくなってしまうのはさすがに可哀想だから、とそっと手を貸してくださったとしか思えない…。
以前はこんな風に生活がギリギリになってしまっても、周囲の人とネタにして笑い飛ばすことで乗り切っていたのだが、もはやそんな気力すら湧いてこなかった。てか一緒に笑う相手もいなかった…。ボロボロでした…。

…このあたりまではわりと神戸に行ってから間がない時に書いてたんだけど、ここで放置したまま経過すること数ヶ月…。ようやく続きに着手できたのはいいんですが、ここまでに書いた内容のこと、なんとまったく覚えていなかった。自分が書いたものってわりと覚えてる方なのに。
実はもうこの頃の記憶がほとんど無い。そこそこ元気な時は日記代わりに行った場所をごちゃごちゃメモしてあったりする今年の手帳も、この頃は真っ白。当時の自分が毎日どうやって過ごしてたのか本気でわからない…。この秋くらいからですよ、意識が戻ってきたの…。
よっぽどつらかったんだな当時の自分、となんか哀れになってきたよ(泣)。そりゃお前が悪いんだろって言われたらそれまでだけどさ、ふつーに働いて一応自立して生きてるのに貧乏過ぎて普段ほとんど遊びにも行けてなくて、狂ったようにポテトチップスを一気に3袋開けてストレス解消するくらいしかもはや楽しみのない人間なのでこのくらいで勘弁してあげてくださいお願い(泣)。もっと笑えるように書きたかったのになんかもうネタにする余裕もないんですけど(血涙)。

あまりに悲惨なので(泣笑)、このあたりの話は全面カットしようかと思ったのだが、これはこれで今回の旅を命懸けで掴みとったことが悲しいほどに伝わるので残しておくことにした…。結局今年のスケートの旅はこの神戸とNHK杯の2回だけになりそうで、冗談でもなんでもなく最低限の食べるものも我慢してやっとその2回だけだったってことは来年はもはや無理だろう…。そのつらい事実に今のうちから向き合っておこうと思って(泣)。人生なんていつ終わるかわかんないんだし後悔しないように生きようと全力で趣味を楽しんでいたが、そしてそうやって自分の精神を保っていたが、おなかが空きすぎて発狂しそうなのでもう色々と無理です!(泣)生きてるだけでどうしてこんなにお金がかかるのよ、もう頑張れないし頑張りたくもないわ…。

そんなわけで、旅行後にすぐに書き上げることが出来なかったこの旅日記は、私が最低の精神状態だったこともあり既に何もかもが忘却の彼方という状況で続きを書かざるを得なくなりました…。すぐ書いてしまうつもりだったのでメモもたいして残してないですしわりと絶望的です。頑張って思い出しますが薄っぺらな内容になりそうなので今のうちに謝っておきますね…。すみません(泣)。うう、記憶の新しいうちに何とかしたかった…。

前述した通り結局この神戸公演しか行けなかったわけですけど、予算の都合上手も足も出なかった幕張公演はせめて懸賞に望みを託そうとP&Gのキャンペーンに応募してました。もちろんかすりもしませんでした(泣)。まっっっったく懸賞に当たらなくなって久しいが、このP&Gのキャンペーンをはじめ、ロッテのクオカードとか色々、ホントに一切当たらねー。キシリトール電波時計だけですね。実は当たったんですよあれ。時計欲しかったし羽生君のポストカード3枚もついてて嬉しかったよ。あれ当たっただけマシか、実用品だしな。証拠写真でも出そうかと思ったけどめんどくさいんで今度ね(笑)。今はきき湯のポストカード入れてます(笑)。
幕張はともかく、新潟公演に行けなかったのはホントのホントにつらかった…。最終公演だけは毎年のように行ってたので…。しばらく情報をシャットアウトして暮らしていたほど悲しかった…。あんな悔しい思いをするくらいならいっそ興味を失ってしまいたい(泣)。男子シングル熱過ぎて面白過ぎて無理なのがつらい(泣)。

以下次号。