うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018)

記憶を現像して作ったアルバムを仮想空間の棚に並べる

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

「過去に鑑賞したアイスショーの旅日記の整理を完了させること」
ですね。

2010年から年に数回全国各地のアイスショーに出向くようになったのですが、当時はバンクーバーオリンピックからあまり間もなかったためショーについて知人に聞かれることも多く、しかしひとりひとりに感想のメールを送るのはぶっちゃけ大変だなと思ってしまった私は、どうせならばとレポートの形にして送りつけることにしてみました(汗)。
初めはその場限りのつもりでさらりと書いていたのですが、私が段々腰を据えてアイスショーへ赴くようになってくるにつれてどんどん長くなり(汗)、超不定期のメールマガジンなどと言えば聞こえはいいが実質ただの迷惑メールと化していきました(汗)。そのうち結構な分量になってしまい、ブログを開設するにあたって、どうせなら自分の記録のデータベース化も兼ねて、誤字脱字など内容を修正して掲載してみようと思うに至りました。万が一興味のある方がいらっしゃれば読んで楽しんでいただければ、という願いも込めて。どうせ場末のブログですし、いくらなんでも今更感に溢れすぎだろうというツッコミは無しで(笑)。

その元となった迷惑メールなのですが、初期はわりと旅に出てから間もないうちに書き上げていたのですけど、仕事がどんどん忙しくなり、しかし忙しくなるだけで収入はまるで増えず、体調不良を抱えている身をいたわってやれずに体力が落ちていく日々を過ごさざるを得なくなってくると、段々とすぐに書き上げていた旅日記に手をつけられないようになってきました。完全に趣味で書いていたものですし、そもそも書かなくてもまったく問題がないので、モチベーションが上がらないのも仕方ないのですが…。一週間後に書けていた記事は数ヵ月後に、最後には翌年になっても書き上がらなくなっていました。

そうやって手をつけられずにいたレポートを、2017年中に全部書き上げてしまうことに決めました。同時に、既に書き上がっていた旅日記の修正作業も完了させることにしました。実際に掲載するかどうかはその時になってみなければわかりませんが(実際に修正が完了したにも関わらずお蔵入りにしてしまった記事もあります)、とにかく、書かなければいけないもの(本当はまったくもって書かなくてもいいんですがそこは置いといて)がまったくない、まっさらな状態にして2018年を迎えようと決意したのです。
頭の中にぐるぐる回っている思考や記憶は、文章の形にしてしまえば脳内から追い出すことができます。少なくとも私はそうなのです。それでも残るものが自分にとって本当に印象深く大切な出来事なのでしょう。そうやって追い出して頭と心をからっぽにして、新しい何かへすぐに踏み出せる状態にしてしまおう、そうしなければいけないし、もうこれ以上先延ばしにしてはいけない、そして完了させられるのは今しかない、そう思いました。

既にかなりの量を修正し、執筆もしました。現時点でそれらの記事だけで予約投稿し続けても当分の間更新できるくらい。そんなことしないけどね(笑)。おそらく年内にはどうにかなるだろうという目処も立ちました。ほっ。今年中に何とかしてしまいたかったことは本当に掃いて捨てるほどあったんだけど、正直どうにもならないことばかりなので、せめて自分の力だけでどうにかできることだけでもどうにかしようという気持ちです…。
書いたところできっと伝わらないし「それがどうしたの?何で頑張れないの?」って言われて受け止められる精神状態じゃないので詳しく書いていないけど、今は生きているのが正直つらい。人生を諦めることしか考えられなくなる気持ちを逸らすために目標を立てたと言っていいかもしれない。そんな気持ちになれただけマシだと思ってます…。

ついでにブログのカスタマイズも進めたいと思うけど、これはぼちぼちでもいいかな…。ずっと悩んでたお問い合わせフォームはひっそり設置してみたのですが。コメントもほとんどつかないようなブログなのにそんなんいらんだろ(笑)と思ってたんですが、色々検討したほかの方法(ツイッター連動とか)よりは面倒じゃないかなと思うに至り一応設置してみることにした。すごーい、なんかブログっぽーい。このブログの終焉まで問い合わせる人などないであろうがそれはそれで面白いからいいや(笑)。設置に半日くらいかかったというのは内緒だよ←ばらしてる

全日本選手権も間もなく開催されることですし、いまだふよふよと頭の中を漂う記憶の欠片をスッキリさせて、新しい年に臨みたいと思っています。

お題とは関係ないんだけどついでに。全日本、やはり羽生君の欠場が発表されましたね。NHK杯の時点で入っていた情報から推察できることではあったし、NHK杯の際に既にしゃくりあげる程泣いたので今は冷静に事を追えているけれど、やはり羽生君の競技での演技を結局日本で見られないシーズンになってしまったというのは非常に残念です。本人がどれほど悔しく思っているだろうかと想像するとやりきれない気持ちにもなりますが、だからって落ち込んでいる場合じゃない。これもまた運命の一部だと思って対策を取っていけばいいだけ。大丈夫、羽生君だもの。我々ファンはただ彼の回復だけを祈って信じて待てばいい。
NHK杯の時点から、四大陸に出場して調整するのが最も現実的ではないのかなと個人的には思っていたのですが、どのような決断が下されるのでしょうね…。羽生君を代表に選出しないのは愚の骨頂以外の何物でもないので論点はそこじゃなくもっと先だよな。色々意見はあろうが、オリンピックにはメダルを取得できる可能性のある人物が行くべきであり、その可能性が上昇するのであればあらゆる現実的な方法を取るべきであると考えるのは実に当然のことではないのだろうか。感情論が先行してそこに目がいかなかったり、いくらでも情報が手に入る状況であるにも関わらず己の無知を棚に上げるのは、「私はバカです」と書いたカードを首から提げて歩くようなものだと気が付いて欲しいけど、気が付くような人ならそもそもそんなこと言わないわな…。ただ純粋に楽しく応援したいんだけど、何でこんなに他人を許せない人が多いのかわかんないよ…。
とにもかくにも、四年に一度の最高に胃が痛い全日本がやって来ます。四年前は男子の争いが厳しすぎて涙が止まらなかったけど(そして何故かその涙は全日本を観戦してたスイスの至宝に止められたけど←汗)、今年は何とか泣かずに視聴を終えたい。無理か?やっぱり無理か?てかチケットまだ買えるんだったら会場行きたいぎいいいいい←そんな金あるわけない