うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

メダル・ウィナーズ・オープン2016雑感①

2015年度版に続いて無料放送の日にCS放映されたので大喜びで視聴。今更ですがひっそりと感想を。記事はまとめて書いてストックしてあるものを少しずつ載せてるので、見た時点や書いた時点から時差があります。まあ誰も気にしてはいないでしょうが(汗)。

てなわけで2016年度版。ああこれ大阪だったし行きたかったんだよねえ(泣)。とほほ。
競技開始前の選手の紹介や審判の紹介も流れる。本当に完全ノーカットらしい。こういうの嬉しい。お湯沸かしてたので審判の名前が聞こえなかったけど(泣)。戦績聞いただけで誰だかわかる選手がいるあたり私もガチオタになってしまいましたね…。
おおお、6分間練習までばっちり。解説が全然ない部分はあとから追加されたんじゃないのかな、初回の放送はここまで丁寧に全部流してなかったんだろうなあ。見てないから間違ってるかもしれないけど。

まずは女子。今回から5人で争うことになった様子。

佐藤有香
年齢考えたら驚異だよな…。ジャンプの難易度が高くないので点は出ないかもしれないが、目が離せないでいるうちにあっという間に終わってしまう滑りはさすがだよ。2004年以来の競技って、それ私も見たことある大会かなあ。テレビ放送あったやつか?録画したビデオテープまだ持ってるぞ。わざわざ通販して買ったソルトレイクシティーオリンピックのビデオも宝物なのでビデオデッキが捨てられません…。
インタビューも流してくれるんだ。おお控え室の男子の様子も。すごい満喫できる放送だのう。

キミー・マイズナー
うーん、後半は相当疲れてしまったかなあ。昨年の方が良かったかもな。そうかシングルジャンプだと点が入らないのか。ちゃんと競技としてのルールがあるのね。ああやっぱりかわいいなあ←黙れ

カロリーナ・コストナー
女子選手の中では彼女だけが現役だけど、しばらく競技を離れざるを得なかったためまだ本調子ではなく抑えた演技なのかなと思った。平昌オリンピックシーズンのことを考えると、これ以降ピタッとピークを合わせていった能力に脱帽だよ。
これまた素敵な衣装。ティアラもかわいい。『タイスの瞑想曲』とかベストな選曲過ぎだろ…。

安藤美姫
彼女も素敵な衣装。去年と同じ曲ですね、バラード第四番。転倒等ミスはあったが、現役並のジャンプを入れてくるその姿勢に彼女の負けん気を感じました。こういう競技の場があるのっていいかもしれない。燃えるタイプの選手の燃える姿がまた見られて面白い。

ジョアニー・ロシェット
す、すげえ…。ノーミスやん…。もう何年も競技の一線から離れてるはずなのにあの綺麗なトリプルフリップ…。驚愕。ジャンプの質がこれだけ保てているとは。プログラム全体も淀みなく、見とれているうちに終わっていく素晴らしいものだった。しかもきちっと得点が取れる構成にしてあるあたり隙もない。現役と見紛うほどだった…。文句なしの優勝ですな。

女子の競技後は余興?を挟む。

エフゲニー・プルシェンコ
女子と男子の競技の間に滑ったゲスト。今年は競技には出ないのね。なんかむっちゃいい演技だったな。本人も楽しそうだ。ものすごい豆粒くらいにしか見えなくてもプルシェンコは動きですぐわかる気がする。ピタッと止めた瞬間がプルシェンコなんだよな。

それからパディントンも滑る。わりかしリアルなぬいぐるみなのでそのあとに出てきたマスコットとの対比がすごい…。てかこれも流れるなんて、ホントのホントにノーカットなのね。

長くなってきたので、男子についてはまた明日。