うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018)

Fantasy on Ice 2015 in KOBE⑤

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

ここでコラボレーションタイム。ピアニスト・福間洸太朗と鈴木明子による『月の光』。
福間さんはベルリン在住と紹介されてました。挨拶する福間さんの、「ファンタジー・オン・アイス」の発音が本格的だった。ごく若い頃から海外渡り歩いてるんだろうなあ。とても優しい音色に相変わらず聞き惚れてしまう。

続いて登場したのは織田信成。土曜日が『愛の夢』、日曜日が『リバーダンス』。リバーダンスは連続ジャンプとか普通に入れてたと思う。ホント何で引退しちゃったんだろ織田君…。

ブライアン・ジュベールが続く。静岡や金沢と同じく『Time』。日曜日はステップの途中で氷に引っ掛かっちゃったみたいで、苦笑いしてました。ジュベールの笑顔の破壊力は相変わらず凄まじい…。

再び福間さんが登場し、安藤美姫ピアノ曲でコラボレーション。金沢と同じ曲だったと思います。今まで様々な歌手とコラボレーションしてきたこのショーだけど、福間さんはその中でも抜群の人選だったのではないかしら。是非また出演して欲しい。

この順番はやっぱり狙ってるのか、ハビエル・フェルナンデス。金沢と同じく帽子を使ったプログラム。そういう演出なのか、客席にガンガン視線を投げ掛けてくるので、ちょっとドキドキしちゃいますね。照明が音楽にバッチリ合っててカッコ良かったです。前にも同じこと書いたけど、テレビで見るより生の方がいいプログラムだなあ。

もう何度も何度も見たのだが、何度見てもやっぱり楽しい『三銃士』を引っ提げてこの人が登場、フィリップ・キャンデロロ
土曜日も日曜日も恒例の客いじりがよく見えました。まあ、手に口づけさせてるわ。全然違和感ないわ。さすがだわ。日曜日は叫び声もよーく聞こえたし堪能。髪の毛が正直言ってヤバくて心配になったけど(汗)。私のメモも「かみやばい」って平仮名で書いてあって動揺が伝わるんだけど(汗)。ちなみにメモは帰りのバスの中で書き留めました。演技中は集中して見てるのでそんなもの書きませんよ。
キャンデロロは神戸だけの出演だったと思います。さすが最終公演と言いましょうか、信じられないくらい豪華だな…。

以下次号。