うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

オータムクラシック2018雑感①

真夜中だし起きていられる自信がなく、今年も羽生君だけはどこかがノーカットで放送するだろうしそれを見たらいいかな、なんて思っていましたが、前日の夕方に突然眠くなって寝てしまい(眠くなったら逆らわず寝ることにしてる←その方が頭はっきりするし)、目が覚めたら22時過ぎ。そのまま眠くならないので、オータムクラシックを第1グループからがっつり視聴することに決めました。
ソルトレイクシティーオリンピックからのファンだけど、環境がイマイチだったことや知識がなかったこともあり、ライブストリーミングはほぼ見たことがなかったのです、実は。だからライブストリーミングを視聴しての観戦記事は実は初めてです。初挑戦でワクワクしております。
プロキシをいじってどうのこうの、という話は聞いてたけど、それ何かあったら怖いし私みたいな素人は手を出さないのが無難だな、と見送っていましたが、公式に配信してくれるのなら安心ですね。

女子のショートプログラムのあった日は寝てしまったこともなどあり(泣)、さすがに全カテゴリーは難しいですが、今シーズン最初に掲載する観戦記事になるかと思いますので、どうぞ最後までお付き合いください。

ではでは、男子ショートプログラム、スタート!

第1グループ

ファンファーレの音から見られるのやっぱりワクワクするなあ。6分間練習は画面がちっちゃいのでよくわからないけど、レイノルズの方のケヴィンが不思議な髪型なのはわかった(笑)。


1:ケヴィン・エイモズ
かっこいい曲で滑り出したと思ったんだけど、最初のジャンプで転倒…。次のジャンプもすっぽ抜けてしまった。カウンターからのトリプルアクセルは着氷でふらついたけど決まってホッとしたが、これコンビネーションが…。クリムキンイーグルが最初の方から入ってたり細かい技が面白くて、身体能力の高さを感じるだけにジャンプが残念な内容に(泣)。本人も滑り終えて暗い顔…(泣)。


2:アドニス・ワイ・チャン・ウォン
2番目のジャンプが着氷でかなりグラッとしてしまったが、ジャンプは一応全部成功かな。全体的に体が重そうというか、スピードがなかったのが残念。
キスクラは映らないのね。得点も音声しかないので聞き逃すと順位わかんないな…。


3:アンドリュー・ドッズ
ジャンプで豪快に転倒してしまった…。でもなかなか個性的なスピンが多くて見ごたえあったなあ。うううーん、点が出てない?


4:マーク・ゴロニツキー
綺麗なアクセルから入ったけど、単独ジャンプの着氷が…。コンビネーションも何とかセカンドつけた、って感じでしたが全体的にはしっかり滑ってたのでは。採点はちょっと時間かかってる?いやこんなものか?


5:ジョーダン・ドッズ
いきなりスピンから入る面白いプログラム。あああ、コンビネーションのセカンド転倒しちゃった。次のジャンプはふわっと綺麗に着氷。でも最後のジャンプでまた転倒(泣)。曲に合わせてのことなのか、全体的にふんわり優しい演技でしたね。結構好きかも。


6:ケヴィン・レイノルズ
コンビネーション成功!単独も!アクセルだけはドキドキしたがこれも成功!ジャンプ全部成功(涙)!ステップも雰囲気たっぷり、スピンも速い。気がついたらケヴィンの世界に絡めとられてた。もうベテランのはずなのに若々しく見えるなあ、なんて思ってたがやっぱりベテランの滑り以外の何物でもない。
最初のシャリーンって音からもう世界に入っていける感じだったけど、曲の雰囲気がケヴィンのファンタジーっぽさにピッッッッタリ。これは今シーズン素晴らしいプログラムがきたんじゃないか?今シーズンもケヴィンの演技が見られるというだけでもう泣けるのに(涙)。
でも点は出てないような…。4回転2本入ってたと思うんだが。うーん、回転不足かな。それでも暫定1位。

第2グループ

6分間はボーッとしてたら終わっちゃった…。


7:ジェイソン・ブラウン
誰だっけこのスケーター、とか一瞬思っちゃったよ、髪型違うだけなのに(汗)。
小気味良く音に合わせた振付、ピタリとぶれずに回転の速いスピンに、美しいジャンプが加わればジェイソンは無敵だよねえ。ジャンプ全部綺麗だったけどトリプルアクセルは高さもあって素晴らしかった!新しいジェイソンですね。
ここからキスクラ映すことにしたのかな。かなり画面乱れてたけど。


8:ローマン・サドフスキー
高さのあるジャンプなんだけど、コンビネーションのセカンドがギリギリだったり手をついたり。ああアクセルは転倒してしまった…。曲はゆったりしてたけど全体的にシャープな感じ。でも素敵な振付色々入ってましたね。
おや、キスクラの中継はジェイソンだけだったのかな…。


9:ジュリアン・ジー・ジエ・イー
ジャンプ全部綺麗に成功!アクセルの助走もきっと雄大な曲に合わせてってことで…。ジャンプがうまくいったからか、演技がノッてきたのがわかる。ステップもすごく雰囲気あったし最後のスピンの入りも音を拾ってる感じ。映画のスタッフロール見てるみたいでめちゃ素敵…!いい演技でしたねえ。


10:べネット・トマン
衣装はスケスケのシマシマ…?なかなか新機軸な…。
最初のジャンプは跳んだ瞬間ヤバいと思ったがやはり転倒(泣)。でもコンビネーションとアクセルは成功してホッ。まだまだ良くなりそうなプログラムに見えたのでシーズン通して磨かれていくのが楽しみですね。


11:ディエゴ・サルダナ
精悍な顔つきだなと思ったら曲も精悍な感じ。ジャンプはアクセルはまあまあだったけどあとは調子が良くない印象だし、全体的にスピードがなくてどうにか振付をこなしてるように見えたけど、最後のスピン連発で目が覚めた。なんて面白いスピンの数々!ラストはビールマン!柔軟性があるのかな。なんか面白い選手。気になる。


12:ヤマト・ロウ
お名前からして日系なのかな。ジャンプは1本すっぽ抜けてしまった…。ステップアウトもあったし得点は厳しいかなあ。でもシンプルだけどかっこいい衣装で、ステップの動きのかっこよさは衣装の効果も大きいように思えた。ところでパンツをグレーにするのは流行りなのか?なんか多いような。


とっても長いので(汗)、第3グループはまた明日。