うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フィギュアスケートだらだら語り in 10月③

10月のだらだら語りも既に3回目です。ひとつの記事にするには短すぎる小ネタを集めてだらだらと語っております。そのためだいたい「何を今更」な内容となっております(汗)。
シーズンも本格的に始まってきましたし、もう少しでシニアのグランプリシリーズもスタートするので、だらだら語らず普通に競技の感想を書きなぐる記事ばっかりになるかなあ。いや、逆に関連番組が増えてだらだら語り続けるのかもしれない。タイトルをいちいち考えるのが面倒になって(汗)、だらだら語りとしてまとめるようになってからは初めてのシーズンインなので、どうなるやら読めません。そしてそれは私以外の人には心底どうでもいい話のはず(笑)。

では、今月も早速だらだらと。

ロンバルディアトロフィー

去年は無理矢理単独の記事にしたんだけど、今年はオリンピックシーズンではないからか思ったほど報道がなく…。私が見逃したのかもしれないですが。
てなわけでニュースの映像だけでの感想なのですが、昌磨君はフリーがあまり良くなかったのかな。まあまだシーズン序盤だし焦らず。と言うか競技時間が4分になった影響がやっぱりあったりするのかなあ。当分は新ルールに慣れるまでみんなバッタバタじゃないかなー。そういう意味では飽きないシーズンだと言えそう。

女子は山下さんが好成績だったのですね。シニアデビューしたばかりなのにすごい、今後も楽しみ。坂本さんはやっぱりスロースターターなのかな、でもさすがの追い上げだよな。そして優勝がトゥクタミシェワ!ああああ!あああああ見たかったあああああ←好きらしい


USインターナショナルクラシックの方はもっと報道がなくて、やっぱり見逃しただけかもしれないけど何ひとつ映像見てなくて何も書けぬ…。宮原さんはさすがのスタートですね。

オンドレイ・ネペラはオータムクラシックと被ってたのと、よくわからなかったので(汗)、諦めてオータムクラシックに集中してしまいまったく見ていない…。刑事君見たかったのですが(泣)。でも『スッキリ』で紀平さんの演技が少し流れて、ちょっとでも見られて良かったー。彼女はトリプルアクセルばかりが注目されてるけど、年齢のわりに全体的に上手いなと思うので、そういうとこもピックアップされたらいいですよね。いい感じに力みがなくて、独特の雰囲気が面白いな、と思って見てるのですけど。

ネーベルホルンもよくわかんなくて諦めちゃったよ(泣)。ザギトワ見たかったなあ…。

今年から積極的にライブストリーミングデビューするつもりだったのだが、以上のような体たらくで、ロンバルディアもちょっと時間が合わなくて諦めてしまったのだった。私がよくわかってないというのも大きいけど…。BSが見られるようになって飛躍的に視聴環境が向上しただけでも昨年の今頃よりは随分マシなのですけどね。録画機器もパソコンもなければBSもCS見られない状況でよくファンが続いたよ(汗)。見られないなら会場に行こう、って実際に足を運んで充足させていたが、考え方としてはおかしいかもしれませんねそれ(汗)。

フィギュアスケートTV!』あたりが主力選手だけでもじっくり放送してくれると信じて、とりあえず今はこの程度で筆を置く。そしてフィギュアスケートTVはきっと近畿ブロックを放送してくれるだろうと信じている…。話題性はあるけどさすがにじっくり地上波で放送なんてことにはなりそうもないしな。ってなったりしてねえ。あり得るわ…。

マルケイ&ホタレック

そろそろ引退や解散の話題は落ち着いたかと思っていたのに、マルケイ&ホタレック解散のニュースが入ってきてしまった…。チラッとそんな噂は聞こえてきていたような気がするんだけれど、ああやっぱりだったのか、と残念な結果に。平昌での演技も素晴らしかったし、ペア観戦は完璧に素人の私にも息がピッタリに見えたのだけど…。
ホタレックはよくわからないけど(引退なのかな…)マルケイは続行なんですね。シングルスケーターだった頃から見ている選手なだけに、いいパートナーが見つかって満足のいく結果が残せたら、と願ってやまない。あの明るさや華やかさはあまりペアを見慣れないファンの心を掴むものがあったと思うし。
イタリアの女子選手は競技生命が長くなる傾向にあるのだろうか。カロリーナとともにベテランの貫禄を見せつけながら頑張って欲しいなあ。

町田樹フェスティバル

とかわけのわからない見出しをつけてしまう状況。特番が放送されたり関連本が発売されたり…。しかも本人公認でファンアートの募集ですと?

実は絵を描くのが大好きな私。あまりの才能のなさに嫌気が差してとっくに筆は折っていたのだが、描くのが好きな気持ちは消えたわけではないのである。このブログにもイラストを添えたら少しは見映えがするかな、と何度も考えたのだが、スケーターのイラスト、いわゆるファンアートはどこまでOKなのかがどうしても判断できず、はっきりしない以上は掲載はしない方がいいだろう、と見送っていた。そもそも、人様の鑑賞に耐える作品を描き続けられるか、と問われればそんなことはないだろう。私が筆を折ったのは、かなりの時間を割いて描き続けていても上達しないことに自分でちゃんと気付けたから。要するに見切りをつけたのです。ちょっとしたイラストくらいなら、別にいいかなと思ってますけど。ライターは誰でも名乗れるけど、イラストレーターは誰でも名乗っていい職業ではない、というのが私の率直な意見です。

まあそんなわけで、何年もたまーに落書きする程度にしか筆を執っていなかったのですが、本人にデータを見てもらえるのなら、ずっと応援してた気持ちを作品の形で伝えられるのなら、堂々と町田君の絵を描いてもいいのなら、それは是非イラストで想いを残したい、という気持ちが一気に芽生えてしまいました。イラストの構図も既にアイディアは出来てて、あとは描くだけなんだけど、うちにある画材じゃたぶん理想通りに描き上がらないな、ああパソコンで描きたいけどソフトもないしやり方知らねえ、あああ水彩絵の具は実家に眠ってる…、と頭抱えてる今現在…。

なので本当に送るかどうかは不透明ですけど、町田君が自分で振り付けした作品の感想は「全部のプログラムを見てるわけじゃないから書く資格ないだろう」と不参加で終わってしまったので、せめてこちらには参加したいなあ、と一応考えてはいます。
けど雑誌に掲載はされなくていい…。絶対浮くもん、画力がアレ過ぎて(泣)。でも本人に最後に渡せるファンレターだと思えば、是非参加したいなあという気持ち。もうこんな機会ないかもしれないし、そしておそらくはそうだから町田君本人もこの企画を受け入れたんだと思うので…。うう、鼻の奥がツンとする。

せっかくの機会なので、腕に覚えのある方や町田君ファンの皆様は、参加してみてはいかがでしょうか。詳しくは町田君の公式サイト等でご確認を!


そんなところで、いい加減長くなってきたので今回のだらだら語り終了。不定期にだらだら語っておりますので、まただらだらとお会いいたしましょう。


noteも始めました。結局スケートネタも書いちゃってますが(笑)、基本は近況報告や自分自身のことなど。
note.mu