うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

ジュニアグランプリシリーズ2018 スロバキア大会 雑感④

女子ショートプログラムについては本日で最終回。2ヶ月も前に終わってる大会の感想ですが、まあいいってことで…←載せる頃には2ヶ月どころじゃないかも

女子ショートプログラム

第5グループ

24:Daniela KO
ダニエラ・コウさん?コさん?うーん、難しい。
おお面白い衣装。ハートが乱舞。トランプみたい。あと何故かキティちゃんを連想した←ぜっっっったい関係ない
ピシッパキッとしててなかなか好きな感じの演技。女子はビールマンできて当たり前の世界なのね、と思いつつもやっぱりビールマンって演技のハイライトだよなー。


25:Maia MAZZARA(マイア・マザラ)
一見派手な配色なんだけど、大人っぽくもなくかといって子供子供してもなく、面白くていい衣装だと思った。演技にも世界観があって良かった、いい感じにまとまっていたのでは。


26:Kim CHEREMSKY(キム・チェレムスキー)
シンプルな黒の衣装。こういうのもやっぱいいよね。
迫力たっぷりに始まったんだけどなあ、ジャンプが壊滅的な出来に(泣)。ステップなんかは楽しそうだったけど…。滑り終わったあとかなり顔をしかめてたので、どこか痛めてないか心配。それでも笑顔で挨拶しててえらいな…。
ジュニアで出場してるけど雰囲気的にはもうシニアな感じでしたね。


27:横井ゆは菜
なんかこの衣装あったかそう、こたつ布団っぽい…。ってわけわからん感想ですみません(汗)。
最初のジャンプ…。アクセルめっちゃ余裕あって良かったんだけど最後のジャンプ(泣)。そのあとのスピンも手の動きまで暴れまわるようで良かったのでジャンプがもったいなかったなあ。


28:川畑和愛
衣装からしてシェヘラザードかな?と思ったらおおやっぱり。なんかすごく「水」を感じるプログラムだった、勝手な感想なんだけど。独特の伸びというか余韻というか、スッと先の方に何かが残る演技は、彼女にしかできないようなプログラムに巡り会えたら傑作が生まれそう。これから楽しみですね。


29:Silvia HUGEC(シルヴィア・フゲッチ)
おおおおまたもや大歓声、地元の選手ですな。衣装が個性的なお国柄なのか。
大歓声に支えられたいい演技でしたねー。音にもビシッと合わせたビシッとした振付もかっこよかった。嬉しそうに挨拶しててねじくれた日本の底辺の大人も嬉しくなったですよ←自虐

第6グループ

30:Andrea MONTESINOS CANTU(アンドレア・モンテシノス・カントゥ)
スカートのデザインが太陽みたいというか炎のゆらぎみたいというか、すごーく素敵だった。振付もこなれてる感じで良かっただけに豪快な転倒がもったいなかったなあ…。しかもすごく痛そうだったし(泣)。


31:Anna BERTRAN
タイツも一部キラキラしてるのかな、かわいい。ジャンプにあまり高さがないのは気になったけど、洒落た曲に合わせて軽快に踊れてたのでは。


32:Kristen SPOURS(クリスティン・スポウルス)
もうシニアの選手みたいだなあ、と思ったけど18歳ならそんな感じかしら。全体的にかっこいいプログラムで、ステップもかっこよかった…。ジャンプは着氷が微妙なのもありましたがそれなりにまとまってたように見えました。


33:Azhar ZHUMAKHANOVA
お名前が読めねえし聞き取れねえええええ…。そして衣装がかわいい、シックで素敵…。
スピンがいいなあ。ジャンプはもっと迫力が欲しいと思ったけどパッと見大きなミスもなくて良かったんじゃないのかな。でも点が出てないや、解説ないと素人にはやっぱり厳しいのう。


34 :Alexandra FEIGIN(アレクサンドラ・フェイギン)
黒い衣装が続く。これまたかわいい衣装。ライブに来て満喫してる女の子って感じ。そこまで悪い演技には見えなかったけど滑り終わったあと本人が泣きそうな顔に見えてしまった。そういう顔立ちなだけかのう…。


35:Elodie EUDINE
あああジャンプがああ…。転倒も(泣)。最終滑走っぽい雰囲気のある曲だっただけに残念な感じ。次はいいところが出せますように。


ショートプログラムは以上。シニアの3倍くらい出場者がいるのにびっくりですよ。ではでは、フリーの感想でまたお会いしましょう。


noteで日記や自己紹介的エッセイなども書いております。フィギュアスケート以外の話題はこちらで。
note.mu