うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フランス杯2018雑感②

続いて女子。やはり地上波放送がなかったのでBSのみの視聴です。女子の解説は織田君。女子だけ地域によって地上波放送があったのかな、スローで解説が入らない選手が何人かいて、地上波ではカットだったのかななんて想像しながら見てました。実際のところはわからないけど。

女子ショートプログラム

第1グループ

1:レア・セルナ
コンビネーションは、ううん、まあ何とかコンビネーション、って感じでしたけど、あとは良かったのでは。スピンも上手だなあと思った。キャメルスピンが素敵でした。実はこれまで存じ上げなかったんですけど、綺麗な選手ですな…。


2:マエ・ベレニス・メイテ
NHK杯よりずっと良かったですね。ジャンプがノーミスだっただけでなくスピードも強さもあって、地元の歓声の中滑れる喜びみたいなものを全身で受け取ってる感じがしました。とてもいい演技だったと思います。おお、嬉しそうなキスクラ。良かったなあ…。


3:マチルダ・アルゴットソン
初めて見る選手だな。シニアのグランプリシリーズが初めてなんですね、なるほど。アクセルのGOEがゼロ。プラスにもマイナスにもならないことってあるのな。ステップは単調に思えたけどカメラの角度の問題かなあ。
えっ、ステファンの指導を受けてるの知らなかった。キスクラにいるし!赤くてごつい手袋してる、デニスの時こんなんしてたっけな?


4:アレクシア・パガニーニ
前半良かったんだけどアクセルで転倒。演技中は笑顔を絶やさなかったんだけど演技が終わってすぐ表情が曇る(泣)。ステップは大雑把かなと思ったけど、やっぱりレベル取れてなくて2なんだね…。


5:本田真凜
うおおおおノーミスきたあああ!勢いみたいなものはアメリカの方があったかなと思うけど、冒頭から客がヒュウッと歓声を上げるほど見せる力がある。真凜ちゃんのいい意味での「だるい感じ」や小悪魔的なかわいさがよく出てるプログラムですね。
織田君が指摘してたけど、回転不足はどうだったのかな。彼女の課題はそこだよなあ。うーん、やっぱりコンビネーションが回転不足か…。
ピカチュウ持ってるコーチが…なんかシュール(笑)。


6:紀平梨花
アクセルが抜けてしまった、得点がまったく入らない…。それ以外はとても良かったので、せめてダブルだったらと思うけどそれでもやはりいい点が出る。スピンなんかも綺麗ですし、全体的に完成度が高いのは今後も強みでしょうね。フリーも楽しみ。

第2グループ

6分間練習前の挨拶が流れたぞ。これでファイナルの進出者が決まるからなあ、要注目ですし。んで場内アナウンスだとメドベデワに聞こえるなあ。


7:ブレイディ・テネル
ステップがレベル4だ、すごい。コンビネーションはリカバリーしたので大きく問題はないかと思ったけど、コンビネーションに出来なかった冒頭のジャンプのミスが響いてしまったのかな、点が出てない…。あっ、回転不足か…。
衣装の肩のホックがアップになると目立つ…。遠目で見れば全然わからないので問題はないんだけど、舞台裏を見ちゃった気になる。


8:ロリーヌ・ルカヴァリエ
前半はジャンプの着氷が乱れていてあまりいい出だしではなかったけど、後半はノッてきた感じで楽しそうだった。手を上げてるだけなんだけど、それだけでスピンがツタンカーメンっぽくなって、プログラムのテーマに合ってていいなと思いました(笑)。


9:スタニスラワ・コンスタンティノワ
ジャンプの調子が良くなかった、どうしたんだろう。冒頭のジャンプが抜けた時には観客からえっ、というどよめきが…。コンビネーションジャンプもやっとという感じ。最初のスピンはスカートまでスピンの一部のようで綺麗だったのに…。キスクラの様子がつらい(泣)。ファイナルかかってるもんな…。


10:三原舞依
とってもいい表情で滑ってて素敵でした。このプログラムを見ていたら夜の波止場の灯台の灯りを思い出す。選曲も彼女にピッタリ。余韻を残せる余裕も演技にあったけど、NHK杯の方が得点は高かったんですね。回転不足…?あ、やっぱりそうなんだね、うーん。


11:マリア・ソツコワ
観客も楽しめるプログラムなのがいいですよね。見た目ノーミスなのでいい点が出て欲しいんだけど、以前からそうだったけど回転不足判定が厳しくなってからさらに彼女は点が出るまでドキドキになってしまった。うーん、やっぱり思ったほど出ない…。


12:エフゲニア・メドベージェワ
曲調からすると明るい笑顔で滑りそうな曲なんだけど、終始表情が固かったのは気になった。スピンやステップのレベルが取れてなかったり、以前ならもっと加点ついてたよな、なんて思う。ただエッジのミスとかセカンドジャンプがダブルになるとかミスがあってもほぼ僅差の3位なのはさすがだけど。


上位は接戦ですね。接戦どころの騒ぎじゃないくらいの接戦。これを書いてる今はテレビでの視聴直後でフリーをまだ見てないのですが、すごくドキドキしちゃいます…。
ファイナルへの切符をかけた緊張感に視聴者も包まれる中、男子フリーに続く!


「うさぎパイナップルnote分室」を解説しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu