うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

全日本選手権2018雑感②

さて、第4グループからは地上波へ移動。やっぱり冒頭は煽りだわな。ちょっとくらいはまあええじゃろ、BSからずっと見てた層ばっかじゃないし(笑)。
きたあああああフジのオープニング!ボレロとこの映像で結局色々あっても全部うやむやにするからフジはすげえ(笑)。今年も水流みたいなやつが選手の後ろに出てるやつなのね。格ゲーのキャラセレクト風選手紹介も健在?あ、やっぱ健在。
おや、地上波は解説も実況も変わるんですな。昨年もそうだったっけ。

女子ショートプログラム

第4グループ

さあ、挨拶から中継ですよ!三原さんと坂本さん、一緒のグループなの良かったかもしれないですね。うう二人ともかわいい。てかこのグループから誰が代表になってもいい選手がほとんどなので見てる方も緊張感があああ!
しかし6分間練習はバックステージに負けてしまった。地上波はCMも入るしな…。


18:本郷理華
ちょっと不安そうな表情に見えたので心配だったのだが、コンビネーションのセカンドで転倒、単独ジャンプも着氷が…。しかし全体的な見せ方や身のこなしはさすがだった。ステップもボクシングみたいな振付も彼女の迫力が出てて良かったんだけどなあ、ジャンプううう(泣)。


19:三原舞依
ミスの少ない選手だしあまり心配してなかったが、本当に素晴らしい演技…!今シーズンでいちばんいい演技だったのでは?ジャンプ跳んだあとのちょっとした仕草も軽やかでチャーミングで、ものすっごく素敵でした…!これは何度も見たいやつ…。ウィルソンよくこのプログラムを今まであたためといてくれた…。ああ会場の客が、客が、うらやま…ううう(泣)←来年は行けるといいなお前…


20:坂本花織
すっごい緊張してるように見えたので私もめっちゃ緊張したのですが(実はジュニアの頃からずっと気になってた選手だった)、彼女も素晴らしい演技でした…!
このプログラム大好きなんですよもおおおおおお!彼女のジャンプもホントに大好きで、眠くなりそうな曲をあの豪快なジャンプがビシッと決めて単調にさせないの。ホント好き。
アイスコープ見て笑ってる?あなたのジャンプですよー(笑)。得点が出てすげえ声上げてるし(笑)。


21:松原星
そうそうこの選手、『フィギュアスケートTV!』で気になってたんですよ。冒頭のジャンプが大きく乱れたこと以外は、表現したいものもきっちり掴めてる演技だと思ったし、スピンもすごくいい。歌いながら滑ってたのかな、また素敵な選手を見つけてしまった。


22:山下真瑚
相変わらずルッツの高さ半端ねえ。しかしコンビネーションのセカンドが…。単独ジャンプも着氷が乱れてしまった。致命的なミスではないのだが、いい演技が続出しているのでどこまで食い込めるだろうか。独特の浮遊感っていうか、目の前であれやられたら絶対ファンになるだろってかわいさがあるよね。


23:竹内すい
コンビネーションジャンプのミスが痛かった、得点源だったろうからフリー進出は苦しいだろう…。ほかのジャンプの美しさからしても本来はあんなジャンプが跳べるのだろうと思われるだけに…。しかし全体的な演技のまとめ方というか身のこなしというか、見せ方はすごく良かった気がする。それだけにコンビネーションがもったいなかった。

第5グループ

ついに最終グループです。なんすかこのメンツ。このグループだけから代表選ぼうとしても普通に枠足りないからね。日本とロシアだけ独立した方がいいよね、西と東とか北と南とかで←それでも足りるか?


24:竹野比
この最終グループの第1滑走、緊張するなって言う方が無理な状況だろうに、素晴らしかったですね。とても落ち着いて、確実に滑っていた。さすが西日本の表彰台に乗ってるだけある。会場で見たかったなこれ。
ロシュフォールの恋人たちはショートの選曲としてフィギュアスケートにピッタリだという気がするなあ、何となく。


25:樋口新葉
怪我が治りきってないような感じの報道だったので心配していたが、ジャンプ全部降りたああああ!良かったああああ(泣)。全日本間に合うのかと心配してたんだよー(泣)。
このプログラムめっちゃ好きなんですよ。今シーズンの女子のプログラムの中でもかなり好き。どこか途中で氷に引っ掛かってた気もしたが、気のせいかな。そうだとしてもだから何だ、という素晴らしい踊りでした。これ見に行きたかった…。おおおおおおいい点きたああああああー!


26:本田真凜
冒頭のジャンプで転倒、アクセルも着氷が…。コンビネーションは何とかリカバリー、できる範囲でミスは修正したと思うけど、グランプリシリーズではいいショートを滑ってただけに今日は明らかに調子が良くなさそうだった。フィニッシュポーズのあともぐらついてたし。とても美しいスケーターだしまだ若いので、長期戦でゆっくり挑んで欲しい。
ミス以上に点が伸びていなかったが、回転不足か…。ううう(泣)。


27:紀平梨花
ショートでなかなかアクセルが決まらないな。今日はちょっと転び方も痛そう。コンビネーションも本当はセカンドがトリプルだったのだろうか。靴を気にしていたようなのでその影響でしょうか、ちょっとだけ集中が乱れてたような印象があったんですよ。でもジャンプに乱れがあってもやっぱり全体的な完成度が高いんだよなあ。ミスがあってもさすがの得点。ノーミスだったら80点オーバー級だもんなこの子…。


28:白岩優奈
このプログラムも好きなんですよー!家が寒くて体動かしたかったこともあり踊りながら見ました(笑)。
冒頭のジャンプがコンビネーションにならない。後半でリカバリーしたが、セカンドで転倒…。でも攻めた故の転倒だよなあれは。いつもよりブッ飛ばしてる感も確かに少しなかったが、それにしても点が…。回転不足か?


29:宮原知子
オリンピックシーズンでもないのに何でこんな激戦なのかわからない女子の最終滑走にふさわしい選手の登場。ノーミスは疑ってなかったが、今日は曲を表現したいという気持ちがすっごく出てたと思う。彼女の演技の中でも指折りの出来だったかもしれない。回転不足も取られていないようだし、すごい点が!全日本で特にいい演技をする選手だという印象です、個人的に。
って、客席の男子選手たちの中にステファンいますけど!スタオベしてるだろあれは。ブラボーとか叫んでるだろたぶん。めちゃめちゃ馴染んでますけど(笑)!
しかも裏の通路的なとこで待ってるし!ハグしに来てるし!ちょっと、今年もアンタが話題さらっていくんじゃねええええ(笑)!


ステファンは今年も全日本で伝説を作って帰る気なんだろうか、と突っ込んで終わった女子ショートプログラム。って違う、そうじゃねえ(笑)!
どこの世界選手権かな?ってくらいハイレベルな試合でわなわなしながら見ておりましたが、上位はやはりさすがの顔触れ。ここに割って入ってきた横井さんすげえ。紀平さんがノーミスならひっくり返してくる可能性が十分あるくらいトリプルアクセル2発は強力なので、フリーもわなわなしながら見るはめになりそうです。誰が勝つのかマジでわかりません。
もう開催国特権で世界選手権は西日本代表と東日本代表にお分けなさいよ、甲子園の東京みたいに…。そんな特権ないけどおおおおおー(泣)。


ではでは、明日は男子ショートプログラムでお会いしましょう。これもう当日に全部書いちゃってるので載せちゃいたいんですけどね(泣)。グランプリファイナルより先に載せちゃおうか、どうしようかなあ…。


「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu