うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

ジュニアグランプリファイナル2018雑感

BSのグランプリファイナルの放送では、男子のシニアと女子のシニアのショートプログラムの間に、島田君とプルキネン、トゥルソワとコストルナヤのショートプログラムが流れました。せっかくなので個別の記事にしてしまいます。

男子ショートプログラム

3:島田高志郎
よく聞くとなんかリズム取りにくそうな曲なんだけど、顔付きまで曲に入り込みつつ曲に振り回されずコントロールしてて、なんかじわじわ癖になりそうなプログラム。そう言えばこのプログラム見たの初めてだよ。今シーズンほとんど島田君の放送見られてなかったし(泣)。
ステファンがちゃんとキスクラに。ゲンコツごっつんポーズがこれからしばしば流されるようになるのだろうか。ワクワクしますね!(←声:羽生結弦


4:カムデン・プルキネン
アクセル素晴らしかったですね、幅と流れ…。最後のフリップだけかな、惜しいミスだったな。哀愁を帯びたメロディは若い選手だと上っ面だけなぞったような演技になることも多いけど、彼はちゃんと演技に切なさがあって良かったですね。切ないだけじゃなく力強さもあったし。

女子ショートプログラム

5:アレクサンドラ・トゥルソワ
どこに穴があるんですかこの演技…。スピンの入りくらい?これだけジャンプが軽ければそりゃ4回転いけるんじゃ?って気にもなるわ…。最後ちょっと「やっちゃったよ」みたいな顔してるのがかわいい。とんでもねージャンプ跳んでてもまだ少女だな…。
トゥルソワは計算された美というよりは荒々しい野性の美って感じでかっこいいっすね。どんなシニアの選手になるのかすげー楽しみ。


6:アリョーナ・コストルナヤ
うわあああああああ(呆然)…。ジャンプがさ、もう空を駆けながらジャンプしてるみたいでさ←意味不明
スピンもさ、綺麗な形の紋章がぐるぐる回ってるみたいでさ…←もっと意味不明
もう意味不明のことしか言えないくらい凄かった…。美し過ぎる。得点もヤバい…。これジュニア選手の出す点?ジュニアって何なのかな…←呆然


続いてフリー。地上波でも以下の4人の演技が、BSではこの4人からトゥルソワを除いた3人の演技が流れました。ジュニア選手も流すためにBSの放送は詰めっ詰め。じゃあもうBSでのジュニアの放送はないかなー。CSではきっと流れるのでしょうけど。というわけで私が見ることのできた選手だけで記事にいたします。

男子フリー

1:島田高志郎
冒頭の2本のジャンプ素晴らしかったですね。細かいミスはしょうがないだろうと思ってたが、あああ最後のフリップ…!転倒かあ、惜しかったな…。彼は「演技を見せたい!」という欲求みたいなものが滑りにあって、そこがいちばんの魅力かなと個人的には思うのだけど、そこに技術が追い付いてくるのが楽しみでしょうがないですね。
キスクラで高志郎君と一緒にピースするステファン。こんなにピースサインを連発する外国人ほかに知らんのですが。半分住んでるのでは?ってレベルで日本来てるもんなこの人…。


5:ステファン・ゴゴレフ
4回転が三種類…!ルッツは転倒したしサルコウのコンビネーションは何とか、という感じではあったが、それ以外は素晴らしかったですね。13歳のジャンプ構成とは思えませんが…。あわわわわ。しかも繰り上がり出場だった上逆転優勝。スポーツって本当に筋書きのないもんなんだなあ。
衣装が指紋なのはひょっとしてホームズだからなのか?ホームズと言えば足跡のイメージですけどそれは私が小説しか読んでないからですね、あとホームズと言えば犬だから←年がバレるぞお前…
ジュニアの選手はシニアに上がるまで静かに見守りたい派なのであまり騒がずにいたいですが、クリケット所属か、期待しかない…。しかしクリケット、男子選手の育成に関しては最強に近いな…。

女子フリー

4:アリョーナ・コストルナヤ
後半ちょっとジャンプの着氷が乱れたけど、ジャンプそのものの質の高さで帳消しになっちゃいそう。後半になってもあんな高さで跳べるのか…!スピンの独特なのに実に美しいポジションがスピナー好きにはたまりません…!
あっという間に終わった。美し過ぎませんかこの選手…。陥落…。んでシニアでも十分勝てますよねこの点…。来シーズンはきっとシニアで戦うよね、ロシアは国内だけでもますます激戦に…!


5:アレクサンドラ・トゥルソワ
1本目のルッツはどうにか立ったが2本目は転倒。でも4回転だから…(汗)。さらに4回転トゥループ。これだけだと男子選手の話?と聞き返されそうである。トリプルジャンプに関してはもはや息をするように簡単に跳んでいるように見えてしまう。呆然としてるうちにステップで終わるプログラム…。このまま身体が成長してもっと筋力や体力がついたら全種類4回転跳んできたりするんですかね、あわわ…。女子は身体の成長によってスランプに陥ることもあるので、いい方向に行くようにそっと見守りたい。
彼女もとんでもねー点ですよ。シニアにはいつ上がってくるのかな、来年?女子は目まぐるしくトップが入れ替わりながら北京まで進んで行くのだろうか…。楽しみだけど胃が痛い…。


以上でございます。ジュニア選手についてはあまり積極的には追わないようにしてますが、こうやってテレビ放送があった時は逃さず見るように心がけてます。選手生命が長いとは言えない競技だし、本当はジュニアくらいから見ていくのが長く応援できていいのかもしれないですね。

そんなわけで、今更の感想文ではございましたが(泣)、お付き合いいただきましてありがとうございました。毎日粛々と更新しておりますので、また明日も読みに来てくださいませ。お待ちしております。


「うさぎパイナップルnote分室」を解説しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu