うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

全日本選手権2005雑感①

12月のCS無料放送の日に早朝から流してくれたので大喜びで視聴。懐かしい。懐かし過ぎる…。演技の内容も、そもそも当時見たかどうかも完璧忘れていて、新鮮な気持ちで視聴できたので感想を。

男子ショートプログラム

1:小林宏一
13年前のルールなので、あれ、ステップふたつ入れるんだったっけ?と混乱…。ステップめっちゃかっこいい。あー、最後のジャンプ抜けちゃったなあ。
てか若!わっか!ジャニーズだったっけ、そうだったっけ、ヤバいさすがに色々忘れとるわ…。
ってキスクラ映してくれねー!次の滑走者の高橋君がひたすら映ってる。人気選手しか映さない、とお怒りの皆さん、「昔からそうだししかもこの頃に比べたら今ははるかにマシ」と声を大にしてお伝えしたい。だってBSやCSでちゃんと全選手放送してくれるでしょ?キスクラの映像が残ってない、なんてことないでしょ?口汚く喚いても何も変わらないよ…。


2:高橋大輔
19歳…。でもずーーーっと見てきた選手のせいか、そこまでわっか!とか思わないなー、意外に。
ムーランルージュ懐かしい…。ありゃアクセル抜けちゃった。ショートから4回転とか跳んでなかったっけこの頃は…。ステップはさすがにこの頃から見ごたえあるけどなんかステップも若い。懐かしい…。
あ、高橋君はキスクラ映像ありだ。人気選手の動向以外はカメラも回さないあの頃のフジかこれ。こんな時代もあったからさ…。みんなそんなに地上波に怒らないでいようよ、この頃よりは絶対マシだから今、どの局も…。


14:南里康晴
衣装おおおおおおお!あったなこれえええええ!この年だったか、レーサーなやつ。ゼッケンのNだけどうしてあんなでかいのかツッコミたいやつ…。
アクセル綺麗だなあ。でも表情が終始固かった…。やっぱりもうちょっと表情がゆるい方が楽しく見えるプログラムかもねえ。


15:織田信成
18歳!セビリアの理髪師!でも表情固いなあ、そうかトリノがかかってた大会か、きっとめちゃくちゃ緊張してたろうなあ。しかしその中でもあのふわっとした着氷のジャンプを全部降りた。素晴らしいショートプログラムでしたな。でもキスクラでも表情固い…。
客席の高橋君がチラチラ映される。どうもこの大会、この二人以外フジテレビ的に眼中になかったっぽい…。あ、安藤さんも一緒に見てる。わっかー!かわいい。


南里君と織田君のインタビュー、わっか…。織田君全然元気ないけど、まだフリーあるし緊張してたのねきっと…。


21:無良崇人
ええええええわっかあああああああ!そりゃそうか、14歳だもんな…。ジャンプの難易度とか転んじゃったりとか、ジュニアだったんだ無良君…。いや14歳だし当たり前だけど…。
衣装も懐かしい感じ。時代の流行り廃りってあるよね…。


22:小塚崇彦
4色使ってあるだけで「衣装がシンプルじゃない」って思うとか(汗)。いいんだ小塚君はそういうとこが好きだ。
ああああジャンプがかなり壊滅的(泣)。でも『Sing Sing Sing』のメロディがこれだけスケート靴にまとわりついて音を奏でるように滑れるのはさすが小塚君だよな。この演技上から見たい。小塚君の滑りはリンク全体が見える位置から見たい。


23:柴田嶺
うおおお柴田君美形…。当時の私に「柴田君ペアスケーターになってごっつくなったよ」って言っても絶対信じないと思う…。
うおおおビールマン!男子でやる人あんまりいないからこれだけでもプログラムのハイライトになるよね。てかみんな緊張してるのか、イキイキ感のある選手がいねえ…。


24:本田武史
武史が現役なんですけどおおおおお!そうか、現役最後のシーズンか、最後の全日本…。ロミオとジュリエット…。「笑え!武史」バナーが懐かしすぎて涙出そう。
4回転もアクセルも入れてきた。決まらなかったけど高い。そう言えば怪我してるシーズンあったな、あの頃か…。怪我がなければまだまだトップだったんだろうな、という滑りだ…。
当時の私に「将来テレビで家電について語ってるよ本田君」って言ってもたぶん信じないと思う(笑)


25:中庭弘二
中庭先生の弟さんか。兄弟で同じグループで滑るってすごい。
ジャンプがちょっと、かなりミスが…。うう(泣)。あああ、技術点全然伸びなかったね(泣)。
でも衣装めっちゃかっこいい。少年ジャンプっぽい。全然13年前っぽくなくて素敵。


26:小川貴夫
うお、イケメンですな…。髪型が不思議だけど(汗)。実は全然覚えてなくて申し訳ない…。当時の私は非国民だったからなあ。基本的に海外選手のファンで、日本の選手でチェックしてたの本田君くらいだったかもしれない。
ダブルアクセルだったけど幅あって綺麗だなあ。思いみたいなのが溢れてるように感じたけど、きっと最後の全日本という思いだったんだな…。
って「ごきげんよう」のサイコロ投げ込まれてる!なんで(笑)!若い人にはそのうち伝わらなくなるのねこのネタ…。え、キスクラでかぶってるの何?レイザーラモンかよ!爆笑。


27:中庭健介
中庭先生えええええ!もう冒頭の腕の表情から全然違うもの、ベテランの余裕と余韻。アクセルがダブルになったこと以外はジャンプも素晴らしい。4回転も決まったあああああ!素晴らしい演技でしたね、これは何度も見たいやつ。
中庭先生、スケートヒロシマの客席でお見かけしたことあるんですが、いやあドキドキしちゃいましたよね。もちろんドキドキするだけで声かけたりはしなかったけど。お素敵でした。


流れたのは以上の選手。番組の枠が二時間あるのに一時間ちょっとで終わった…。編集する映像も残ってないのかなもう(泣)。
これは「終盤だけ生放送になるフジテレビ風味」の編集なのであろうか。当時は生放送あったとしてもたぶん女子だけよね、女子もどうだったかいな…。こんな時代もあったからさ、本当にみんなもうちょっと幸せを噛み締めてみてもいいんじゃないかい…。また放送されなくなる時代が来た時に耐えられなくなるよ。どんなスポーツもずっと人気競技ではいられないのはほかの競技を見ていてもわかってもらえるのではないかな。
しかし客席がスッカスカ。代々木だからちょっと広いのかなと思うけどそれにしても…。今こんな状態だったら当日いきなり見たくなっても余裕だよな。男子がこんな時代でも、テレビ放送しようとしてくれただけ、少しでも綺麗な映像が残ってるだけでも幸せなのかもしれない。やっぱり今のスケート事情を当たり前だと思っちゃいけないな、と改めて今見られるものを全力で楽しもうと誓いました。

以上、番組視聴後すぐに書き上げたのですが、載せる記事が無くなってきたくらいのタイミングでこそっと載せる予定なので、皆様の目にこれが触れるのはいつになることやら…。ではでは、また明日フリーの記事でお会いしましょう!


「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu