うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

全日本選手権2006雑感①

2005年に続き2006年もCSで無料放送。早速感想を語っていきますよ。
解説が本田君だ。声が若い…。ゲスト解説の荒川さんも若い。若いと言うか鼻声?風邪?最初荒川さんの声だってわかんなかったよ私…。てか二人とも去年まで全日本出てたよね?今はすっかり解説者としておなじみですがこの頃は引退したばっかりだったんだよね。あれから干支が一周したのか…。

男子ショートプログラム

5:神崎範之
サントリーだっけ、サプリメントかなんかのCM。時々お見かけします…。
ってか素晴らしい演技じゃん…。なんという美しいトリプルアクセル。全体的にも、あ、上手いこの選手、と思える演技。スケートがこんなに滑れて研究も出来るってどういうこと…。
ぎゃあああ田村コーチ!わっか!わっか!選手たちより衝撃(笑)


10:高橋大輔
高橋君の6分間練習がたっぷりと。おお、この時にはもうモロゾフがコーチか。
素晴らしい演技!ジャンプが軽い。全体的にすごく軽い。最盛期の演技だなあという感じがしたけど、本田君はさすがによく見てるなあ。あの粘っこさみたいなものがなく軽かったのは緊張して固かったからか…。
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲はとてもスケートに合う曲だと思うのだけど、実力のあるスケーターじゃないと様にならない曲だとも思うのよね。高橋君はさすがに上手いわ…。
プレゼントもらってる様子とかも普通に流れてる。握手とかしてたのね。まだゆるい時代だな…。
インタビューではあんまり緊張してなかったって言ってますね。若い…。金色ビカビカのジャージ懐かしい…。


13:小塚崇彦
マートンサラバンドだ、でも出だしは『Art on Ice』ですね。小塚君がマートン使ってたのすっかり忘れてた。てか私この年見たっけ、全然記憶がないぞ…。そもそも放送あったのかうちの地域?
ステップ見てるだけでワクワクする…!モンチッチみたいでかわいいと思ってた頃の小塚君だな、うう懐かしい。インタビューされてるあたり、フジの注目選手だったのね。


15:中庭健介
冒頭の表情にやられた人いたんだろうなあ…。若い選手の勢いもいいが男子選手が成人後くらいから醸し出してくる味わいは是非もっと注目されていい。
ああでもトリプルアクセル…。荒川さんの嘆き声が…(泣)。


16:織田信成
ああああ懐かしい、『Fly Me To The Moon』!ラストのポーズも懐かしいいいい!このプログラムこのポーズで終わりたいのか、みんな(笑)
アクセルあの軸であんなフワッと降りちゃうのか。当時はあんまり気付いてなかったけど今見るとホント上手い…。この頃からプラス12年見てると、私も少しは観戦力がついてきたかなあ。
スポンジボブやー」って、あのでっかいぬいぐるみかあ(笑)。そして次の選手が氷上にいるのがチラッと映ったのに織田君のインタビューにいくという…。あの、ホントこの頃こんなんだったんで!今ホント幸せだよ我々(泣)。ホントそれは伝えたいです…。


19:町田樹
16歳!わっかああああああ!実況が「持ち味はジャンプ」って言ってる。後に全然違う方向で代名詞が付くなんて当時は誰も思ってなかったかもなあ。私は町田君の演技でいちばん好きなのジャンプだったんだよー(涙)。
でもステップとかちょっとした振付にやっぱり独特な個性の片鱗がありますね。秦コーチもいらっしゃる、懐かしい…。
てかこの演技にもまったく記憶がない。私この年見てないかもやっぱり。


21:南里康晴
南里君は衣装が凝ってるなあ、と言うかインパクトあるなあ。真っ赤なフリル…。
トリプルアクセルいいジャンプでしたねー。ギターの速いテンポに合わせてすごい小刻みに動くプログラムで面白かった。グランプリシリーズにも出てたんですねこのシーズン。
おお、キスクラで「よっしゃ」って言ってる、嬉しそう。ショート3位!


上位7人だけ放送してくれたっぽい。当時からこうだったんかなあ。昔はカットされる選手の方がはるかに多かったからなあ。たぶん当時も見てないのでわかんないですけど。一部の選手だけでもこうして12年も経ってからまた見られるだけ幸せかもしれないですね。

ではでは、明日はフリーの感想でお会いしましょう。


「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu