うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

四大陸選手権2019雑感③

さて、男子に続いて女子のショートです。競技は女子の方が先の開催だったはずなのですが、テレビ放送に合わせて男子を最初に掲載しました。

記事が長くなるので、まずは第2グループまでの選手の感想。第3グループまでの選手は演技がテレビで放送されなかったので、フジテレビの公式サイトで見られるアーカイブを視聴しての感想です。アーカイブはグループごとにノーカットなのがいいですね、競技の流れが途切れなくて。

女子ショートプログラム

第1グループ

1:ホンジー・チェン
衣装からして白鳥だとわかりますね。おお、ノッテ・ステラータか。女子選手が滑ると可憐ですな。そういやジュニアのグランプリシリーズでこの選手見かけたよ、そうだそうだ、あの子だ。
ダブルアクセルが曲に合ってて良かった。あとスピンがいいですねこの選手←スピナー好き


2:ヴェロニク・マレ
もしかすると演技見るの初めてかもしれぬ。記憶違いだったらごめんなさい。
カナダの女子って感じがする、パワフルとまではいかないが強めの女性ボーカルによく合った演技ですね。ミスらしいミスもないし心地好く演技を見られました。


3:ラーキン・オーストマン
美人過ぎないこの人?オリンピックで完全に心射抜かれたよわたしゃ…。是非もっと上の順位まで上がって来ておくれ、大画面で拝見したいです…。
前半良かったんだけどなあ、ダブルアクセルで転倒してしまった、残念。すごく変わった曲なんだけど姉御っぽさがあって楽しそうで良かった。あれ、これマヨロフが使ってた曲か?なんかまっくろくろすけっぽいやつ←何だそりゃ


4:イサドラ・ウィリアムズ
うーん、最初のジャンプで転倒。ステップもちょっと物足りなかったかもしれない。テイクファイブはフィギュアスケートの定番、どうしても滑りに期待しちゃうしな。
黄色の衣装ってすごく映えてかわいいですね。色的に着こなすのが難しいのかもしれないが彼女はよく似合ってる。おお、ジャージの色ともマッチしてる、キスクラ素敵。


5:アンドレア・モンテシノス・カントゥ
うーん、コンビネーションジャンプとアクセルで転倒。コンビネーションの方はセカンドが跳べなかったし転び方も痛そう…。最初のジャンプも助走が長かったし、あまりジャンプは調子が良くなかったか。
ライブみたいな音源で盛り上がりそうなので、もっと弾けて滑れたら良かったかもしれないですね。お客ガンガンに乗せられそう。

第2グループ

6:ジョアンナ・ソー
凄いパワフルな曲。ジャンプ全部決まりましたね、いい演技ができて良かった。納得の点が出たみたいで本人も嬉しそう。
たぶん初めて見る選手かなあ、地上波しか見られない時期が長かったので、色々不勉強で申し訳ない。


7:ティン・ツゥイ
確かジュニアのグランプリシリーズの放送でも見かけた記憶があるな。あの時もいい演技だったけど、今回も素晴らしい。クリーンな演技と優雅な曲で壮大なイメージが湧く。年齢を重ねていったらどんな表現が身に付いていくのか楽しみになる感じ。おお、暫定1位きたー!


8:エイミー・リン
あー、最後のアクセルが…。転倒した上シングルになったので無得点か(泣)。そこまで良かったのになあ。ジャンプは逆回転かな?
衣装が豪華で素敵。シノワな感じで。でもだんだんフジテレビの選手紹介画面の背景に見えてきてしまう…。見えません?←知らんわ


9:キム・イェリム
ニューシネマパラダイス。あー、衣装の色すんげーかわいい。
冒頭の2本のジャンプは美しかったですね。余裕のあるダブルアクセル。彼女はもうジュニアの大会でも頭角を現してるし、安心して演技を見られますね。韓国は男子も女子も新しい選手が育ってきてるんだなあ。


10:アリソン・クリステル・ペルティケト
この選手も初めてお見かけするかも。曲名見たときは何の曲?って思ったけど、ああ、なんか有名な歌だな、タイトル知らんけど。すごい楽しそうだったし、真っ赤な手袋が目を惹く。力で持ってたように見えるジャンプもあったけど、大きなミスなくイキイキ滑り切れてたんじゃないかなあ。


ではでは、第3グループ以降はまた明日。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu