うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

四大陸選手権2019雑感⑩

テレビ放送は男子のフリーで最後。あまり煽りもなく友野君の演技が流れましたな。昔なら延々と女子の振り返りやってたろ…、って、もしかしてやるのかー。ぐはあ。でも本人解説か。それはそれで面白そうだけど。ガチオタはライストなりアーカイブ配信なりどうせ見るんでしょ、ってことだな…。まあそれ間違ってもないだろうしさ…。

んで刑事君の演技が流れたあとにホントに振り返りが始まったんだけど、解説というかインタビューかな。トム・ディクソンの振付は難しい、という話が面白かった。最近まで現役だった無良君だからこそ実感がこもってる感じ。
ファンというほどでもない視聴者には日本人の活躍以外さほど興味ないだろうから振り返りもやるけど、ただ振り返るだけで終わらないように工夫はしてきてるんじゃないかと思った。そもそも自国の選手が頑張ったんだから、それを称える映像は本来入っててもおかしくはないはず。少しでも競技に関心のある層が見るわけで。かわいいからOK!って思っとくしかねえな…。

そんなわけで、第2グループまでの選手は全然放送されなかったので、フジテレビの公式サイトでアーカイブ配信された映像を見ての感想です。

男子フリー①

第1グループ

1:マーク・ウェブスター
いきなりコレオから入るのか、そしてステップで終わる構成。でもジャンプが壊滅的な出来に。トリプルがほとんど入らずシングルになったジャンプもいくつか…。しかもフライングシットスピンに入ろうとしたのか、転倒。一応あれも要素になるのか、ただの「Spin」なんて表示初めて見た。点も入らないようだ。最後の方はもうしんどそう。うーん、得点が…。


2:ニキータ・マンコ
うーん、音楽と演技が乖離してたように感じてしまった。特にステップのあたり、なんだかスロー映像を見てる時みたいな印象に…。後半はもう疲れてるように見えた。4分はやはりきついか…。うーん、彼も得点が…。うーん。


3:イ・シヒョン
トリプルアクセル綺麗でしたねえ。三連続は回転不足だろうか。うーん、やっぱりそうか…。ノーミスとまではいかないが、いい演技だったのではないかなあ、本人も嬉しそう。前に滑った二人がいい演技ではなかったのでホッとしてしまう。ああ良かった、やっと得点が3桁に…。


4:レスリー・マン・チュク・イプ
冒頭のジャンプで転倒。そのあともあまり美しく跳べなかったジャンプがいくつかあったが、力強く滑り切っていた。最後へろへろになっちゃう選手が結構いるからなあ。うーん、彼も得点はそんなでもない。3桁の壁…。だけどシーズンベストだ、良かったね。


5:ハリソン・ジョンイェン・ウォン
真っ青なベストが印象的な衣装。うーん、ジャンプのミスが多かったか。転倒もあったし着氷でよろけてたりしたしなあ…。決まったら綺麗に回転してるように見えるんですけど。スピンも綺麗なので軸が綺麗に取れてる選手なのかな。ジャンプミスが多すぎたかね、彼も3桁の壁超えられず。


6:ミカー・カイ・リネット
プルシェンコゴッドファーザー衣装を思い出させる、首回りが赤い黒の衣装。
ルッツは高さがあって綺麗。最後のスピンは音楽が完全に終わっちゃってましたね…。粗削りだけどそれなりにまとめた演技だったし、いいものがありそうな選手ですね。

第2グループ

7:イ・ジュンヒョン
冒頭のトリプルアクセルで転倒してしまい、どうなることかと思ったが、後半の音楽の盛り上がりにつれてどんどん演技も良くなっていった印象。ラストのスピンは気持ちいいくらい音楽にピタリと合って、素晴らしいフィニッシュでした。やはりラフマニノフのピアノコンチェルトはいいのう。おお、暫定1位。
関係ないけど客席に大きなクマのぬいぐるみが見えた…。あれを投げてるのか、こうして見るとでかいな…。


8:ジュリアン・ジージエ・イー
大人気。こらえるようなジャンプが多かったし冒頭のアクセルも抜けてたのであまり点は出ないかもしれないが、エキシビションの会場と見間違うような大歓声。たぶん会場で見ると空気が違うんだと思うわ。実際に見ないとわかんないものってあるよな。
プレゼントでもらってる犬のぬいぐるみがかわいい…。キスクラでちょこんと横に置いてる…。


9:アンドリュー・ドッズ
オータムクラシックでもいいプログラムだと思ったやつだなこれ、シンドラーのリスト。綺麗なルッツから始まり、後半ジャンプに疲れは見えたが、哀切を帯びた音楽に寄り添うスピンやステップ。物語をちゃんと見せてくれる。良かったと思います。


10:ドノヴァン・カリーリョ
6分間練習から第2グループに出てくる選手とは思えない大歓声でしたけど、本番も凄い。演技終わった時誰かブブセラ吹いた?(笑)
冒頭で立て続けにジャンプを2本転倒。全体的にあまりいい出来ではなかったかもしれない。スピンはちょっと面白いけど。でも、投げ込まれたソンブレロをかぶってポーズを決めてみせるなど、スター性は十分。てか挨拶映さないで客がでっかいクマ投げ込むとこ抜いてるし!ちょっと!カメラ!(笑)


11:フー・ジャン
やっと4回転に挑む選手が出てきた。失敗してしまったが。アクセルも抜けてしまい、ジャンプの調子はそのままなかなか上がらない。後半は明らかに動きが悪くなって、振付もスカスカになりスピンもブレブレ、スピードもなく…。どこか傷めたとかでなければいいが…。


12:マイカ・タン
なかなかドラマチックな曲ですね。最後の方で跳んだルッツもなかなか高さがあった。終盤疲れてきたかと思ったが、ラストはなかなかのスピンで、しっかり演技を終われていたのでは。おお、シーズンベスト。


長くなったので本日はここまで。第3グループ以降はまた明日。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu