うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

四大陸選手権2019雑感⑬

たいへん盛り上がった四大陸選手権もついにフィナーレ。エキシビションもフジテレビ公式サイトでライブ配信。ということはテレビでの放送はないでしょうけど、シングルは男女ともに日本人が勝者なのでちょっともったいないですね。日本人選手だけはスポーツニュース等で流れそうですが。エキシビションの人気は日本ではそんなに高くないということかな…。

たいへん長くなりますので、前半と後半で日を分けて記事にしようと思います。もしまだアーカイブが配信されていたら、気になる演技はぜひぜひそちらもチェックしてみてくださいませ。

エキシビション


あれ、オープニングとか出演者紹介とか特になく始まるのか。シンプルですね。


1:カノン・スミス
地元の子供枠ですな。すっごいキラキラの、面白い衣装。こういうとこに出てくる子が未来のチャンピオンになったりするので見逃せない。


2:ジェイソン・ブラウン
大人気っすなー。競技でも十分柔軟な身体の動きは魅せてくれるけど、エキシビションが本番だよねやっぱり。
すげえ、見所しかねえ。客席もいきなり温まったのでは。バレエジャンプは180°どころじゃなくて、そのうち足がほっぺにつきそうだよ←それはない(笑)


3:グループナンバー(ペア&男子)
出演するペアと男子シングルの選手が全員登場?ペアの連続ツイストリフトすげええええええ!人数多過ぎてどこ見たらいいのかわからない(笑)。これがオープニングの代わりかしら。ジェイソンは滑ったばかりだしさすがにいない?


4:チェン・ペン&ヤン・ジン
グループナンバーからそのまま出演。このプログラム大好き、暗めの照明がより雰囲気を醸し出してる。小道具の剣が壮大な物語を想像させてすっごくいい。リフトとかもう絶品。剣を受け渡すとこも好きだわ。


5:三原舞依
フリーの彼女の表情を思い出し、もうこのプログラムを滑るのも今シーズンが最後だろうなと思った。もうかわいい舞依ちゃんではない、三原さんである。シンデレラはガラスの靴に頼らなくても生きていける。
さわやかなプログラムに見えるが結構タフな技が組み込まれている。5連続ジャンプとか。ツイズルもさりげなく凄い、くるくる。


6:小松原美里&ティム・コレト
ん?音楽が間違ってかかった?しかもなかなか正しい音源がかからない(汗)。遊び始めたぞ二人(笑)。しかしエキシビションで良かったよねまだ。競技だったら洒落にならん。
あらら、結局後回しに?曲が流れないまま退場してしまった…。おや、誰か待機してるなと思ったらキーガン…?!えっ、裸???ちょっと待って何この出落ち感(笑)。


7:キーガン・メッシング
てなわけでキーガンエキシビションの帝王になるにはまず脱ぐところからですよ!←違う
バックフリップや壁芸(笑)などキーガンの多彩な技がターザンっぽくてとても合うのだが、いかんせんほとんど裸である。めっちゃ寒そう。どうしてもそっちが気になる(笑)。
キーガンいいわー、変なエキシビションと言えばヨーロッパの男子だったけどカナダからもご誕生なさった(笑)。


8:アシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク
彼らは衣装も合わせるのが好きなのかな、フリーもそうでしたよね。でもすごいシンメトリー感やシンクロ感が出ていいですね。動くアートみたい。


9:エリザベート・トゥルシンバエワ
かつて四大陸の王者になったデニスへの追悼は、四大陸が最もふさわしいかもしれない。J SPORTSが無料でテン君が優勝した四大陸を放送してくれたことは返す返すも素晴らしい対応だった。あまりに素晴らしい対応に感激して丁寧にブログも書いたけどあまり読まれてなくて、実は悲しかったんだよな…。
冒頭で流れる「デニス・テン」のコール。心なしか切なく見える彼女の表情。カザフスタンの選手である彼女がこの大会でメダリストになったことが、最高の追悼かもしれないですね。


10:ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ
フリーは空気みたいな重力のない滑りだったのに、エキシビションはとっても人間っぽい滑り。凄い、使い分けられるなんて。どんな超技術よ。
しかも音楽が途中で消えた。ものともせず滑ってて余計凄さが引き立ってしまったが。最後に音楽が戻ったので最初からそういう演出だったのか、ホントに消えちゃったのか。何だったのか。


11:ドノヴァン・カリーリョ
彼はよっぽど会場の人気を席巻したのね、心を掴んだ人枠での出場ですねきっと。いやイケメン枠かもしれない(笑)。
なんか銃の音みたいなのとかガラス割れる音がしてて賑やかなプログラム。技術的にはまだ磨くところも多いでしょうが、面白いので是非もっと上位まで上って欲しい。お茶の間の話題をさらって欲しい(笑)。


12:ブレイディ・テネル
お、このエキシビション初めて見るかも。この衣装だと細さが際立つな。ロックな感じでカッコいい。
選曲的にアダムの歌声がかぶってきそうですが(笑)、カッコいいプログラムなのでまた滑って欲しい、是非。見たいー。


13:チャ・ジュンファン
顔立ちだけ見てるとかわいいけど身長あるし、演技はクールな印象がありますね。でもまだ少年で、だけど子供っぽくはなくて…。2、3年後どんなスケーターになってるのかすごい楽しみ。


14:マディソン・ハベル&ザッカリー・ドノヒュー
ハベルさんの衣装が照明の光を受けてキラキラ光ってめっちゃ素敵。満天の星空と雄大な大地、大河。氷を流れる美しい足元にそれらが見えるようで。アイスダンスは大人でないと作れない雰囲気みたいなものも面白いけど、本当に単純に滑ることの心地好さや滑りの美しさを堪能するならこの競技なんだろうなあ。


15:シンクロナイズドスケーティング
おおおお、シンクロもあるんだ、アメリカのチームなのかな?こういうエキシビションとか大きな大会やイベントのオープニングとかにはシンクロって向いてるし盛り上がりますよね。曲が曲なのでみんなで何かを呼び出してるように見える(笑)。


整氷タイムに小松原&コレトの演技がいきなり流れたのはお詫びか?とか思っちゃったけど単にアイスダンスのハイライトか…。天井のモニターの映像が小さくしか見えなくてよく分からないけど、アダム・リッポンが放送席にいるの?

てなところで、後半に続く。明日で最終回です!



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu