うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

スケートヒロシマ2019③

明けて日曜日。グダグダしていて結局ラスト二時間くらいしか観戦できなかった土曜日の反省を踏まえ、本日は早めに家を出ることにする。
しかし結局、予定の時間を少しずらして出発してしまい、しかも今日も何だかうっすら混んでて、何時に到着するのやら、とうっすら青くなる。だから早く家を出ろってあれほど…←学習能力ゼロ

しかし、どうにかジュニア男子の6分間練習には間に合った。今年こそノービスから見てみようとか思ってたのに。でも昼までにビッグウェーブへ到着する気力があるだけ今年はずいぶんマシですよ←グダグダ過ぎ

とりあえず適当な客席に腰を下ろしたが、この時間でも昨日より随分と観客が多い気がする。須本君を見に来た人が多いのだろうか。
まだ明るい時間だからか、ビッグウェーブの窓からはリンクに陽射しが降り注いでいる。仕事の帰り等々で夜に見に来ることが多かったので、昼間のビッグウェーブの光景は新鮮だった。忘れているだけなのかもしれないけれど。

須本君の、日本代表選手がよく着てる、スポンサーのロゴ入りの白いジャージを見て、君どうしてこの大会に出てるんだ…、とやっぱり問いかけたくなる。パンフレットに掲載されている過去の入賞者の中に彼の名前もあるので、彼にとっては勝手知ったる馴染みの大会、というだけのことなのでしょうけど、正直我々地元の民にはビックリですよ…。

Jr選手権・男子フリー

1:杉山匠海
ジャンプノーミス!もしかしたらここはもう1回転するつもりだったのかな、と思ったジャンプもありましたが、なかなかの演技でした。茶色いベストの衣装もいい。最後はリンクに一礼して去って行きました。


2:東健太
だったん人の踊り。衣装がクラシカルで素敵。
ジャンプの調子が悪そうだった。ほとんど全部がこらえきれていないような着氷に…。転倒もありましたが、ラストはカッコ良くフィニッシュ。


3:門脇慧丞
2番目か3番目くらいにすごく目を惹くいいジャンプを跳んでた。かっこいい!ただ後半はちょっと疲れたのか、着氷があらあらという感じに…。ラストはポーズの向きを間違えたらしく、慌ててジャッジの方に向き直っていて客席から笑いが(笑)。
ドラマチックな曲でしたが、何だったっけこれ…。何でタイトル出てこないの…←今回こんなんばっかです


4:須本光希
2回目のトリプルアクセルが乱れた以外は良かったのでは。ジャンプの軸、スピンの美しさ、イーグル…。ちょっとレベルの違う子が混ざってるなってたぶん普段あまりスケートを見ない客にも分かったんじゃないかな。数としてはあまり見かけなかったけど、父兄やファンじゃなさそうな、近所の人っぽい層も客席にいたので。
スタオベしてる人もいました。6分間練習でも彼のトリプルアクセルには拍手が起こってたっけ。


ここで整氷が入ります。整氷時間には防寒と休憩がてらロビーにでも出ていようかと思ったのですが、ロビーに出たところでゆっくりできるわけじゃないしどうせひとりだし、と思い直してそのまま客席に残ることに。
この日も寒かったのですが、昼間だったせいか何とか最後まで耐えられました。外も極寒って程じゃなかったのでその影響もあったかもしれない。

場内には大型のスクリーンが右手に設置されていて、選手の名前や所属が表示されるので、今誰が滑っているのかわかりやすくていいですね。しかし、得点はここには表示されず、口頭で読み上げられるだけです。一応、すべてメモはしていたのですが、聞き間違いがあるかもしれないので得点の記載は控えています。大会のリザルトページがありますので、そちらをご参考に。言わずとも皆さんご存知かな、とは思いますが。

さて、整氷が終われば続いてジュニアの女子です。ビッグウェーブの食堂でごはんでも食べようかななんて思ってたけど、お金もないことだしこうなったら全員見ますよ!←泣笑

以下次号。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu