うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

国別対抗戦2019雑感③

女子の次は男子のショートプログラム。結局生放送ないんかい男子。後半グループはやるかなとちょっと期待してたのだが…。でも競技の終了時刻と放送時間を考えると生放送はないな、と予想するのが妥当だったかな。競技時間をテレ朝の都合に合わせるという力業は使わないのね…。

お名前の前に★がついているのは地上波で演技が放送された選手です。それ以外の選手については後日BSで放送されたのでそちらを視聴しての感想です。

男子ショートプログラム

第1グループ

1:アダム・シャオ・ヒム・ファ
ジュベールがコーチをしているということで、お名前だけはよく目にしてたんだけど、演技をちゃんと見るのこれが初めてかも。わーい、楽しみだ。
第1滑走から4回転ルッツだとおおおおおおお?!しかも降りた!トリプルアクセルも着氷は乱れたが高い。コンビネーションはよくセカンドをトリプルにしたな、得点無くなっちゃうからね、頑張った。
迫力があってすごく男子らしいスケート。このタイプの選手意外といないから、これから楽しみですねえ。衣装のセンスはコーチに似なくていいからね(汗)


2:アンドレイ・ラズキン
コリヤダの代わりに出場でしたっけ。世界選手権もコフトゥンの代わりだったし、代打出場が続いたのにしっかりそのチャンスを活かしているのが凄い。ジャンプどれも余裕があって素晴らしかった。
織田君の解説するミーシンメソッドの話面白いな、そうそう、彼のジャンプはミーシンの教え子たちを彷彿とさせるので、私にはソルトレイクヤグディンでこの競技を見る楽しさを知った頃を思い出させてつい目が行くのかもしれない。


3:ケヴィン・エイモズ
このプログラム生で見てみたかったんだよねえ。フィギュアスケートって横の動きが基本だと思うけど、このプログラムは縦に跳ね上がるような動きが多くてちょっと景色が違って面白いんだよ。シュールな絵画みたいなスピンもいいですな。ジャンプのミスがあってもプログラムそのものが魅力的なのであんまり気にならない。すごい。

アメリカのあのお面がなければ、やる気の面でフランスが優勝なんですけどね、キスクラ(笑)。年季の入り方が違う。絶対今回のために本気を出しているのではなく、普段から本気を出している(笑)。


4:ダニエル・グラッセ
ジュニアの大会でお見かけしましたっけ。なかなか挑戦的なプログラムで面白かった子じゃなかったっけな。
うおおお4回転ループ!ループは4回転市場では何故か不人気なので、跳ぶ選手が出てくるとおお、と思いますね。ジャンプはどれもしっかり跳んだように見えたが、うーん、ループは結局回転不足か。
しかし非常に個性的なスピンに、独特の雰囲気。個性が尖る選手は気になってしまう。シニアで戦い始めるのが楽しみですね。


5:ナム・ニューエン
あのバカでかい国旗はどこから…。キーガンもうすぐ滑るのに応援席にいるし!バカでかい国旗振り回してるし!いい奴なんだろうなきっと…。
素晴らしいショートでしたね。4回転のコンビネーションすごく綺麗だったし、音をピタリと捉える心地いいスケート。ナム君の良さがよく出てた。伝統的なフィギュアスケートを堪能できる演技、という印象でした。


★6:田中刑事
サルコウ降りたあああああああああああああああ!降りたあああああああああああああああ!←号泣
トリプルアクセルで手をついたがミスはそれだけだろう。非常に気合いの入った、ビリビリくるような眼差しが演技中にも垣間見られて、刑事君の想いが伝わってくるようだった。刑事君は表情を見れば出来がだいたいわかってしまうので、来シーズンは「いい表情してる!今日は大丈夫」って言える演技がいっぱい見られたらいいなあ。

キスクラでリーゼント被らされてる(笑)。高得点に皆嬉しそうにしていて、なんてあったかいキスクラなんだ…。2シーズン滑っていたこのプログラムを素晴らしい出来で締めくくれて私も本当に嬉しいです(涙)。
ところでキスクラの坂本さんのノリが本格的過ぎる。あとティムさんのノリも目立つ。天性の何かが二人にはあると見た(笑)。

第2グループ

★7:マッテオ・リッツォ
4回転が安定して入るようになってきたのかな。滑りが確実なので、4回転さえ入れば安心して見られる。ステップがとても素敵で、足元に釘付けだったのですが、あれレベル3なのかあ。ステップ難しいわあ、素人の印象とジャッジの評価がいちばん違うのステップかも、個人的な感想だが。
スピンもレベル取れてないけどどうしたんでしょ。でもやっぱり上位に食い込んできそうな得点。


★8:アレクサンドル・サマリン
4回転フリップの高さ半端ないんですけど。転倒してしまったが高さだけでも加点ちょっとあげたくなる。次の4回転トゥループでも転倒してしまい、コンビネーションが入らない。そのあとは持ち直してまとめあげていたものの、転倒の減点もあるし得点的に厳しいか。
えっ、こんなに低いんだ。カウンターでは4回転トゥループが0点になってたけど、コンビネーション抜けただけだし0点にはならないはずだよね。あのカウンターよく混乱するからな…。ああ、トゥループ回転不足か…。

キスクラのトゥクタミシェワがかわいいんですけど…。帽子かわいい…。


9:キーガン・メッシング
地上波ではまさかの放送なしでした(泣)。チーム的に優勝争いに絡んでくる可能性が低いからかなあ。平昌はカナダが優勝だったのに。主力が引退や休養で抜けまくっちゃったもんね、カナダは…。
しかもBSの放送もペアの生中継とかぶっちゃって、両方気になってつらいったら(泣)。
ジャンプがどれも着氷が乱れてしまって、演技としてはあまり良くなかったかもしれないが、スピードがすごくてキーガンらしさは出てたかも。

カナダのキスクラはなんかホッとするなあ。ファミリー感がある。


★10:ヴィンセント・ジョウ
4回転ルッツをタノで跳んでさらにコンビネーションにするってどういうこと?4回転ルッツにタノ?!どういうこと←白目
素晴らしい出来でした。どのジャンプも危なげなく、美しいプログラムに迫力を加えていました。織田君によるとルッツ?は回転が足りてなかったようだが、実際には回転不足判定にならなかった様子だな、この高得点は。
しかしステップはレベル取れてない。世界選手権に比べて今日のジャッジは厳しいようですな。男子はいつもステップの判定が厳しい印象があるんだよね。

やっぱり顔写真きたああああ!じわじわくるんだけど!来ると思ってても想像以上にインパクトが凄くて腹がよじれる…。
あれ、キスクラに浜田コーチ。へえ、日本に残って練習してたんだ。日本のリンクにいても確かにあんまり違和感なさそう。


★11:宇野昌磨
プログラムを昨シーズンの四季に戻しているが、衣装は新しい。昌磨君さりげなく衣装持ちですよね。この衣装素敵だな、よく似合ってる。
フリップは降りたがコンビネーションにする予定だったのか、単独になってしまった。こうなると次の4回転をコンビネーションにしなければならないが、ギリギリ何とか、というジャンプに。しかしトリプルアクセルはとても良かったですね。
ステップがレベル2の判定になってたが昌磨君とは思えん…。結局採点表は3だったけど、たいてい4じゃない彼?ラストのポーズにも力がこもっていて、気合いは入っていたと思うんだけど、どうも噛み合わなかったか。それでも十分に高得点。

キスクラではマスコットみたいなかわいい笑顔に。さっきまで尖った氷のつぶてみたいな演技してたのに。競技中はそれだけ集中してるんですねえ。


★12:ネイサン・チェン
シーズン序盤に着てた衣装に戻った?衣装がシンプル過ぎるというファンの評判が彼の耳にも届いていた可能性がありますね(汗)。こっちの方がいいよ、うんこっちの方が…ゲホッ、ゲホゴホ、いや何でも(笑)
自分の演技の前におそらく応援席を見上げて笑っていたが、余裕ありすぎてすげえええ!てかアメリカチームの面々、よくあのキスクラに耐えれるな!みんなメンタル極強なんだけど!←メンタルの強さを判定するのそこじゃない(笑)

4回転はトゥループが1本。かなり構成を落としているが、そのおかげで踊ることに意識が向いていて本来の彼の魅力が非常によく出ていたのではないか。特にスピンが素晴らしかった、まったくぶれていない。ネイサンはいつもエキシビションが素晴らしくて、これを競技でも見たいなあとずっと思っていたのだが、それが実行された印象である。
完成度が高かったこともあって100点オーバーですね。難易度の高い構成も痺れるけど、完成度路線も捨てがたい、捨てがた過ぎるよパパン…←誰だよ

ネイサンの顔写真うちわ(お面?)、日本だったら売れるんじゃないの(笑)。あとうちわ?の裏の模様が地味に気になって。だからもうキスクラ部門はアメリカ優勝でいいから←完敗


男子も皆世界選手権に全力投球してお疲れに感じましたが、その中で刑事君の熱演が光りましたね。

国別1日目は以上で終了。まだまだ感想は続きますので、よろしければ明日も読んでくださいませ。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu