うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

国別対抗戦2019雑感⑥

男子は後半グループだけ生放送かな、と予想しつつ地上波を見始める。おそらく前半グループの時間に日本の選手の演技を流してくるだろう。地上波で滅多に放送されないペアやアイスダンスの演技は貴重だと思いつつも、世界選手権のライブ配信も使った全競技の生中継が非常にエキサイティングだったので、やはりもったいない気がしますね。

予想通り昨日の振り返りと本日のペアとアイスダンスの演技が何組か流れて、やはり後半グループから生放送!久しぶりだな、テレ朝の生放送…。

てなわけで、いつものように地上波放送のあった選手には★をつけて区別しております。一応ね。地上波で流れなかった選手については、BSの放送を視聴しての感想です。

男子フリー

第1グループ

1:アレクサンドル・サマリン
4回転は結局トゥループ1本だけか。いつも入れてるルッツを外している、チームの勝利のために確実に上位に入れるよう構成を変更したのかもしれない。もう1本入れるはずのトゥループが3回転になってしまったので、ザヤックにならないよう残りのジャンプは冷静に跳んでいた様子。


2:アダム・シャオ・ヒム・ファ
4回転が3種類入ってる。綺麗に決まったのは1本だけだけど、ほかのジャンプ構成を考えても、完璧に滑ったらかなりの技術点を叩き出すだろう。
ステファンがショーのプログラムとして滑ってた曲だなこれ。『Take Me to Church』。表現するのが難しそうな曲なのに、思い切った選曲ですね。
コレオで躓いたりして体力が持ってないのかなという印象はあったけど、パワフルな滑りは見ごたえありますね。

思わず後ろを振り向いてジュベールが笑うほど濃すぎるキスクラ…。アメリカ優勝かと思ってたけどフランスにじわじわ気持ちが傾いてきてる(笑)。


3:ダニエル・グラッセ
顔立ちはまだあどけない。大観衆に不安そうな表情に見えたが頑張って。
4回転ループは綺麗でしたね、素晴らしい。しかし4回転ルッツでは転倒、後半はスピードもなくなってきて、ジャンプもどうにか降りてる感じに。体力不足は感じさせたが、まだ17歳ですし、個人的には注目したい。個性が際立つスケーターは見てて楽しいので。


4:キーガン・メッシング
トゥループのコンビネーションが3回転に抜けてしまいましたが、ミスはそこだけでしょうか。ラストのジャンプがトリプルアクセルというなかなかの難易度ですが、それも綺麗に決まった。前半の4回転トゥループは回転が速すぎて、え、今4回も回った?!とびっくりする。
いやー、いい演技でした。今シーズンをいい演技で締めくくれて本当に良かったです。キーガンは一度会場で見たけど、いいスケーターだなってわかる滑りだったから、また生で見たかったなー(泣)。福岡行きたかった…。


5:ケヴィン・エイモズ
あれ?衣装こんなんだったかな?青いグラデーションの白いシャツ。
転倒が2回。どちらも派手な転び方で痛そうに見えた。特にコンビネーションは肩から落ちてるように見えて心配。
それにしても動きや技が多彩で飽きるポイントがないですよね。来シーズンはどんなプログラムを用意してくるのかワクワクする。

キスクラあああああ!ピラミッド作ってらっしゃるうううううう!じわっじわじわっじわフランスの順位が上がって行くんですけどキスクラ部門←呼吸困難


6:ナム・ニューエン
解説も実況もなかった…。生放送の場合はリンクイン前の様子を中継するために実況陣が駆り出されてしまうらしい…。でも今からナム君の演技ですってアナウンスが入ったからちょっと良かったかな。グランプリシリーズの時はそんなのなかったような。
冒頭のジャンプが抜けてしまってどうなることかと思ったが、後半に跳んだサルコウ綺麗だった…。後半はすごくイキイキしてたし、彼もなかなかの演技でシーズンを締めくくれて良かったです。

滑り終わったキーガンが衣装のままで応援しているのを見ると、団体戦もいいものだなあ、と思ってしまいますね。カナダのキスクラはなんかあったかいなあ、平昌の時にも思ったんだけど。

第2グループ

リンクインから生放送!修造が昌磨君のトリプルアクセルと4回転トゥループのコンビネーションに大興奮していて、ちょっと吹いてしまった…。
日本の応援席に飾ってある平成の額にも笑ってしまうし、心臓に悪い全日本やドキドキする世界選手権とはまったく違い、爆笑しながらのんびり見られるので国別ってすごくいい大会かもしれないな。選手は大変かもしれないですけどね、世界選手権にピークは合わせてあるでしょうし。


★7:マッテオ・リッツォ
世界選手権よりずっと良かったんじゃないかな。最後のルッツだけ抜けたけど。本人もやっちゃったって表情。
非常に滑りが軽やかで、派手さはなくても本当に鮮やか。素晴らしいステップに客席の手拍子が降り注ぐ。それがまるで流れ星みたいに見えて、本当にスターのステージのようでした。観客とスケーターが一体化する演技は見ていて気持ちがいい。
高得点にコーチの方が喜んでる(笑)。


★8:アンドレイ・ラズキン
冒頭のジャンプにミスは出たものの、それ以外はまとめあげていたのでは。アクセル結構斜めだったのに何事もなく着氷させてて凄い。2本目の4回転もすごく綺麗でした。
本当にロシアらしい美しさのある選手ですねえ。フィギュアスケート!って感じがする。王道のクラシック、そうそう織田君の言うそれがよく似合う演技スタイル。


★9:田中刑事
サルコウが3回転に抜けた。でもあんな華麗な抜けたジャンプなんてあるのか?!しかし冷静に次の4回転をトゥループにすると、素晴らしいトリプルアクセルなど次々とジャンプを決めていく。ラストでは笑顔も出てきた。こんないい表情で滑ってる刑事君どれくらいぶり?(涙)
めっちゃ良かった、ものすごく良かった…!福岡のリンクに田中刑事という疾走感が駆け抜けていった。うおおおおスタオベ、スタオベしたい…。今大会の男子のMVPは刑事君でいいよね…。

キスクラではもう外してたと思うけど、ティムさんの日本髪のカツラが妙に似合ってて笑ってしまう。昔の日本映画にあんな感じの女優さんいそうだよ…。


★10:宇野昌磨
前半は記録更新コースでしたね。4回転フリップ2本、コンビネーションと単独。これだけで30点以上ある。
しかし後半で崩れてきた。4回転サルコウは着氷が乱れ、トリプルアクセルと4回転トゥループのコンビネーションでは転倒。2本目のアクセルもコンビネーションにできなかった。後半のジャンプはどれも美しく跳べなかったが、ものすごい構成で挑んできたな。ラストのジャンプもオイラーからフリップだもんな…。パーフェクトでなくとも、世界選手権のリベンジには十分だったし、来シーズンへの布石になったのでは。
ところでプログラムからルッツが消滅してますね。苦手なのか?

キスクラで両手を広げて待っている刑事君。仲いいんでしたっけ。世界平和…。扇子で仰いであげたりもしてる?
世界選手権の時に見せていた暗い表情が消えて、どこかサッパリしたいい顔で今シーズンを終えられたのが何より良かったです…!


★11:ヴィンセント・ジョウ
4回転ルッツに変な声が出た…。何でタノで跳べるのか意味わからん上ものすごく美しかった。今まで見た4回転ルッツでいちばん美しかったかも。
そのほかのジャンプもノーミス。コレオも非常に雰囲気があった。世界選手権よりさらに良い出来だったのではないだろうか。織田君によると回転不足もなかったようで、これは彼の自己ベストが出そう。うおおお、200点近い得点。国別は高めに点が出る印象ではあるけども、これは国別でなくてもそんくらい出るだろうな、という気が。
彼はプログラムからループが消滅してる?ルール改正でジャンプの数が減ってからというもの、おそらくは不得意なジャンプが存在を消される傾向にあるような…。

は、浜田コーチが一瞬ヴィンセント面を!(笑)


★12:ネイサン・チェン
4回転のルッツもフリップも外してる。軽々跳んでるように見えるけど、彼にとっても大変なジャンプなんだなあ。でもどこが難易度を落とした?って構成ではありますけど。サルコウ真っ直ぐで綺麗だった。
珍しくアクセル2本入れてる、と思ったら2本目でミス。元々そんなに得意じゃなかったですっけ。コレオに入るまでが淡々とし過ぎてるのは難易度を落としてもあんまり変わってなかったかな。過密スケジュールだったみたいだし、お疲れだったかもしれないですね。
彼もループ消滅させてる?ループの人気がなくてかわいそうになってきた。もっと4回回ってあげてみんなあああああ←無茶言うな

キスクラあああああ!ネイサン面で仰いであげてるううううう←どうしてもあの巨大お面に勝てない私…。ああもういいよアメリカが優勝で←呼吸困難により脳細胞が破壊され投げやり←意味不明


以上で2日目が終了。もうアメリカの優勝でほぼ決まりそうだし(キスクラの話じゃなくて、笑)、勝負としての緊張感はあまりなかったですけど、誰も結果を知らない生放送はやはり楽しいですね。得点だけ見て「何があった?」とアワアワしなくて済むし。それはそれで面白かったりもするんだけどさ。

男子は結局、4回転がアクセル以外全種類入り乱れていたのかしら。バンクーバーの頃にはこんな時代になるなんて考えてもいなかったっすね…。あれから10年弱か…。
だんだんと回れる回数を増やしていった人類の歴史もあるし、教える側の技術も向上していっての結果なのでしょうが、道具の改良も影響してたりするのかなあ、特に靴。伊藤みどりが今の軽い靴で滑ってたらもっと回れたんじゃないかって話も聞くし。そのうち5回回れる人も出てくるのかしら。練習中には回れたって話は結構前から耳にするので、時間の問題ですかねえ。
何にしろ、来シーズンが楽しみですね。ジャンプ以外の要素ももうちょっと理解して楽しめるようになりたいです。楽しんではいるけど完全に単なる感覚だからな、今…。ジャンプについてもそうだけどさ…。

ではでは、また明日の記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu