うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2016 in NAGANO②

※この記事は1年半以上経ってからようやく執筆にこぎつけました。その後も延々と寝かせ続け、やっとお日様の下に出てこられたという悲劇(汗)のシリーズです。いつの話してんだという内容ではございますが、このブログはわりとそういう記事に支えられてきたブログだったりしますので、あと少しだけこの今更シリーズにお付き合いください。書いたのは遥か昔ですが一応初出です。寝かせてただけ(汗)。
↓↓↓↓↓↓↓↓


神戸から戻ってきてからというもの、非常に不安定な天候が続いていた。警報が出るほど激しく降ることもあり、土砂崩れが発生するなど電車のダイヤにも大いに影響が出ている。この悪天候が続けば出発当日の在来線が無事に動く保証はない。最悪新幹線の駅までタクシーで移動するしかない、と随分気を揉みながら当日を待った。

深夜にどうにか手紙を完成させて、ろくに眠らず早朝から家を出る。心配していた天気も快晴。始発の在来線がホームに滑り込んできた。良かった、動いてる…。
新幹線の駅に着くまでに突然停車する可能性もあるので最後まで気は抜けなかったが(それが電車というやつさ…)、定刻通り到着した。急いで新幹線のホームへ。
始発の新幹線の1号車はガラガラであった。いちばん端だからであろう、大抵いちばん空いているので1号車を狙って乗るようにしてます。乗り遅れる可能性を考えての自由席だったんだけど、単に私が指定席が苦手だからというのもあったりして。時間守るのわりと苦手で(汗)。だからいつも移動には相当余裕持たせて日程組んでるんですよね…。

果たして無事新幹線は出発。名古屋まで約二時間半といったところか。車内は涼しく、車内販売のコーヒーのいい香りが漂っている。朝からクッキー1枚しか食べておらず、ワゴンを押すお姉さんを呼び止めそうになる衝動をぐっとこらえた。朝食は名古屋駅でとることに決めていたのだ。


名古屋に到着すると私はとある場所へ向かった。駅のホームにある立ち食いの店。名古屋駅のホームにあるきしめんのお店は美味しいとの噂を聞き付けて、乗り換え時間をそこで有効に活用しようと決めていたのである。
しなのの停車するホームにあるお店できしめんをいただく。牛肉と卵の入ったものにしてみた。地元にあるとあるうどん屋さんの「肉玉そば」がめちゃくちゃ美味しくて、基本どこ行ってもトッピングは肉玉。お好み焼きも肉玉そば。ちょっと違うだろって?わかってるからそっとしといてあげて(笑)。
うん、美味しい。温かいうどんをつるつるといただく。汁もあまり濃くなくて美味しい。あー、幸せ。温かくて美味しいものは幸せ。

お隣で食べてたお姉さんがお水をついでくれた。ああ、ありがとうございます。お姉さんもしかして。もしかして目的地はビッグハットですか。やっぱりそうですか!(笑)羽生君のファンで、上海の世界選手権にも行かれたそうである。スケートファンの集まるところはスケートファンと出会えるのでそれもまた楽しいのだけど、まさかの立ち食いきしめん屋さんで出会えるとは(笑)。
ひとしきり盛り上がったところでしなのに乗車したが、お姉さんも同じ車両だった(笑)。しなのは混雑を懸念して指定席を買っておりました。だからのんびりきしめんに舌鼓を打てたのよ。

改札が回ってきてから寝ようと思っていたのだが、なかなかやって来なかった…。結局眠れたのかな、記憶なし。窓の外はひたすら山と川。そう言えば夏に長野へ向かうのは初めてだ。過去2回はどちらも雪景色の中の旅だった。


家を出てからはるばる7時間、ようやく長野駅に到着。やれやれ遠かった…。
オリンピックマークの看板の前でこのブログの常連(笑)・ステファンのファン仲間のAさんが待っていた。きしめんのお店で隣り合わせたお姉さんが「ビッグハットまで連れてって!」とおっしゃられたのでご一緒しようかと思ったのだが、お急ぎだったようでお一人で向かわれてしまった。たぶん大丈夫だっただろうとは思うけど、無事に到着されたかな。我々は長野駅でお蕎麦をいただく計画だったのですよ。すみません(泣)。ってお前まだ食うんかい(笑)。食うわ、きしめんは朝ごはんで蕎麦は昼ごはんじゃ。

昼時であり、さらにビッグハット方面へお越しの方も多かろうということで(笑)、駅ビルの飲食店は混雑していた。確か一昨年の年末に来た時は工事中だった気がするけど、いつの間にかこんな綺麗なビルが完成してたのね。

ジョニーがインスタグラム(だったよね?)にアップしてたお店にいそいそと入る。暑かったねえ、と気さくに話しかけてくれたお店のお姉さんが出してくれたお茶がめちゃくちゃ美味しい…。きっとお店でこのお茶を商品として売ってるはずだと思い帰りに購入するつもりでいましたが、綺麗さっぱり忘れておりました。とほほほほ。
体のことを考えて出来るだけ温かいものを口にするようにしているので、暑い日であったが温かい鴨南蛮のそばにした。きのことか夏野菜とか苦手だしさ。それにコーヒーとそばの実アイスのセットをつける。温かいもの食べるようにしてるんじゃないのかというツッコミは敢えて受けよう。アイスは特別だからいいのだ!以上!←アイスが大好物

はー、満腹満腹。でものんびりしてはいられないんだった。急いで会場へ向かわないと。
ビッグハットまでは長野駅からシャトルバスが出ているので便利である。確か座れた。ラッキー。ゆっくりと揺られているうちにオリンピックマークをその壁面に掲げた建物が見えてくる。今日、この場所で、今年のファンタジー・オン・アイスも千秋楽を迎えるのである。

神戸のSS席があまりにもあんまりだったので心配していた座席は、今年いちばんの素晴らしい席だった。近い。視界良好。ああ、最高の思い出で今年のファンタジー・オン・アイスを締めくくれる。思わず涙がこぼれそうになったとしてもおかしくないほど安堵した。いやまあさすがに泣かなかったとは思うけど(笑)。

さあ、最後の公演がいよいよ始まりますよ!以下次号。


noteもぼちぼち更新中。気まぐれと言いながらなんだかんだと毎日新しい記事が増えております。
note.mu