うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2016 in NAGANO③

※この記事は1年半以上経ってからようやく執筆にこぎつけました。その後も延々と寝かせ続け、やっとお日様の下に出てこられたという悲劇(汗)のシリーズです。いつの話してんだという内容ではございますが、このブログはわりとそういう記事に支えられてきたブログだったりしますので、あと少しだけこの今更シリーズにお付き合いください。書いたのは遥か昔ですが一応初出です。寝かせてただけ(汗)。
↓↓↓↓↓↓↓↓


この長野公演ですが、神戸公演とほぼ同じ内容でしたので、わりとダイジェストな感じでお送りすることになるかと思います。神戸公演の記事と合わせてお楽しみいただけたら幸いです。ま、今更なんですけどね…(汗)。

トレンチコートに傘を手にしたアンサンブルスケーターの舞から始まるオープニング。宮原さんが最初にリンクに現れ、それから次々と世界中から集結したきらびやかなスケーターの面々がところ狭しと氷の舞台を駆け巡る。
吉田兄弟の演奏が始まる。緑と金の和風の衣装を纏ったジェフの姿に目が引き寄せられる。相変わらず抜群に上手い。ジェフ、ジュベール、織田君、それからフェルナンデスだったかな、四人でぐるぐると滑る振付など、しなやかな疾走感に溢れた群舞。安藤さんに鈴木さん、カッペリーニとラノッテ…。ショートサイドへにじり寄っていくステファンのその身のこなしは誰よりも堂に入っており、彼がこのショーの今年の主役であることをいやが上にも感じさせた。素晴らしかった。
確かこの吉田兄弟の時だったんだけどジョニーの位置が近くて、目が合ったんじゃないかと勘違いできて楽しかった(笑)←その辺の席の人は全員思ってるはず
そう言えばキャンデロロの姿がオープニングのどこにもなかったような…。体調が良くないらしいという話は聞いていたが、大丈夫なんだろうか。


個人演技に移ります。なんとトップバッターはイリヤ・クーリック。まさにこの長野でオリンピックの頂点に立った金メダリストの演技から始まるとは!超豪華。
シンプルな白いシャツのイリヤ。ジャンプキレキレ。スピードもすごい。40歳近いとは思えない、鍛練を重ねたダイナミックな演技。うおああああああ素敵!素敵過ぎるんですけど!いきなりスタオベだよ!


2番手はマリーピエール・ルレ。神戸公演でも行われていた、天井から吊り下げられたリングを使ったアクロバット。結構な高さで演技するので高所恐怖症の私には心臓に悪いプログラムである…。でもかっこいいので見ちゃうけど。


続いてはいきなりコラボレーションのターン。CHEMISTRY川畑要がステージに、ブライアン・ジュベールがリンクに、それぞれその姿を現す。
爽やかなイメージの曲に乗せ、ジュベールが客席に視線を送りまくるキャーキャープログラム。最前列の観客の手にキスを贈るために近付いてくるジュベール。クッソイケメン。その人を見つめながらリンクへ戻っていくジュベール、マジで本気でイケメン。わりと近くでその様子を見てしまったからにはもうスタオベするしかない。イケメンぶりにGOEがつけられるならぶっ壊れるまでボタン押したと思います…。


川畑さんがもう一曲。アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテが滑る『やさしさで溢れるように』。
カッペリーニが歌ってる!黒い衣装のラノッテも楽しそう。またまたスタオベ。さすがに最終公演だけあってみんな気合いが入ってる。


コラボレーションは2曲でとりあえず終了。続いて登場したのは鈴木明子。今まででいちばんいい彼女のブラックスワンだったかもしれない。席が近かったので細かいところまで堪能できたのが良かったのかも。これまたスタオベ。


やっぱりこの順番を貫くんだな(笑)、オレクシイ・ポーリシュク&ウラジミール・ベセディンの白鳥。今回はポーリシュクさんをしっかり見られる席でした。めっちゃウケてるおじさんがいたぞ(笑)。ええいもうスタオベしちゃえ。


ジェフリー・バトル。胸に赤いラインの入った?黒の衣装。真剣な顔でリンクサイドを滑っていくと思ったら、あの太陽のような笑顔がこぼれ出る。素晴らしい、何もかも素晴らしすぎるよジェフ…。こんなんスタオベするしかないだろ…。


まだまだ続くよ。以下次号。


noteも始めております。はてなでも時々語っていた自分自身のことは今後は主にこちらで。
note.mu