うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フィギュアスケートつらつら語り in 6月①

何となく書かずにいた話題なのですが、そろそろ解禁してみよう。いや、特に深い意味は無かったんですけどね…。


昨年書いたとある記事。覚えている人はいないと思うのでまずリンクを貼る。これです。↓
usagipineapple.hatenablog.jp



時々書いている、フィギュアスケート関連のテレビ番組の感想記事です。
この記事に取り上げた『挑戦へのエール』という番組の感想の最後に、当たらないだろうけど視聴者プレゼントに応募しなきゃ、と私は綴っております。実際、忘れずに応募しました。

実はこの時のプレゼント…。


当たりました…。


ものすごくものすごくものすごくびっくりしましたが当たりました。当たりました!当たり!ました!←落ち着け

証拠の画像でも載せようと思いましたが、この手のはやめといた方がいいような気がするのでやめときます。何となく、勘で。

当たったらいいなー、当たるかもなー、でも全国番組で5名(確か) にしか当たらないんだし無理でしょ、なんて思い出したり忘れたりしながら日々を過ごしていましたが、まさかのまさかでした。


その頃の私は色々あってめちゃくちゃに精神的に落ちていて、浮き上がれなくなってました。色々やらなきゃ、頑張らなきゃと思ってるのに人が怖くて、頑張っても結果が出なくて、もう頼れる人いない、と思うと不安で不安で、お金の心配ばかりして潰れかけて、完全に思い詰めて色々考えてた(だいたい想像つくと思いますが)。

廃人のように床に倒れていた私の耳に聞こえた、玄関のチャイム。よろよろと立ち上がってドアを開けると、差し出される宅配便。
荷物が届く心当たりがないんだけど、と送り主を見て仰天。BS日テレ?!ま、ままま、まさか!

完全に廃人だったのに一気に意識が戻った(汗)。受け取った段ボール箱は軽かった。段ボール箱で送られてきたのでサインじゃないのかも、と一瞬思ったのだが、開けたらやっぱりサインだった。
大昔に雑誌のイラストコンテストに応募してアニメーターのイラスト色紙(たぶん結構お宝だと思う…)を貰ったことがあるけど、あの時は普通に封筒だったので封筒で来るのかと思ってたわ…。中学くらいの時で、あなたのイラストがいちばん好きです、と担当の人が送り状に一言添えてくれててめちゃくちゃ嬉しかったんですよね。懐かしいわ。褒められることがあまりないので、さりげない一言がいつまでも胸に残るのですよ。

入っていたサインはもちろん、番組に出演していた小塚崇彦さんのサイン。小塚君の達者な滑りが好きだと散々書いているくらいなので(小塚君だけは上の方から見たい、足元や軌跡を見つめたい…)、それはもう嬉しかったです。フィギュアスケート関連の懸賞には何度か当たったことがありますが、当選人数の少なさや懸賞の規模から考えると、これがいちばん大物だったかも。


この当選によって、本当に危険領域に達するくらい落ち込んでいた私はとにかく人生を投げ捨てずに済みました。まさに起死回生でした…。
そしてこの当選以来、私が危険領域レベルに絶望する度に、ちょっと大きな懸賞に当たるようになったのです。高級アイスが1ケースとか、お茶のペットボトルが1ケースとか。ほかにも細かいものがぼちぼちと当たり、昨年よりも明らかにハイペースで当選するので、ちょっとびっくりしています。運気が切り替わった、と言ってもいいんじゃないかというくらい。

たぶん、クローズド懸賞(商品を購入して応募するタイプの懸賞)ならもっと当たるような気がします。誰でも簡単に応募できるようなものしか出してないので。あまりにもお金がなくて商品が買えないんですよ…。最近の羽生君関連の懸賞も、応募さえできていればどれかには当たったでしょうが、応募すら叶わなければそりゃ絶対に当たらないよ、って話です(泣)。
ちなみに羽生君関連の懸賞は過去に4回当てています。懸賞とビンゴにはそこそこ強いんですよ、これが。現金とか旅行とか大物は当たったことないですけど。いちばん高額だったのはゲーム機かなあ。何故そこそこ当たるのかというと、人生の基本的な運が悪いからだと思います…。

このブログにしばしば登場する(笑)、私にネタを振り撒く神様ですが(笑、あまり深く考えずに流してください…)、奴が私を死なせないように絶妙に仕事をしてる、としか思えないくらい、ホントにはかったようなタイミングで当たるんですよ、今年。しかも私が大喜びするようなものが。今年に入ってから、そういうちょっと大物が月に一度は当たってるような計算です。それだけ私の状況は悪いので、もう少しネタの神様に頑張っていただきたいのですが、さすがに現金は当たらないですねえ…。それさえ当たれば死ななくて済むんですけどネタの神様。聞いてる?私が死んだらお前をネタにする人間もう地球上にいないよ?ねえ聞いてる?←なんだよこのコント

ホントにホントにお金がないから、小塚君のサインも売るしかないんだろうかと、せっかく当たったのに思い詰めてしまったりもしたけど、誰がそんなことするもんか。一生大切に持ってたい。だから生活が維持できるように、どうか助けて欲しい神様…。一生のお願い、って言葉使ったことないけど今使うわ。

そんな感じで、まさかまさかの当選報告でした。当時は何の気なしに書いたのに!びっくりだよ!
今宝くじを買ったら冗談抜きで当たりそうな気がするのですが、購入資金がない…。せっかくの運気なのにねえ、とほほ。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu