うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Dreams on Ice 2018 特別版 雑感①

CS無料放送の日にがっつり放送してくれたのでありがたく視聴。いつの間にかフジテレビじゃなくTBSになったのね。
会場で見たのは実は2010年の一度きり。夏はファンタジー・オン・アイスで手一杯だったからなのですけど、新横浜のコンパクトな会場でトップスケーターの演技を見られるのはとても興奮しましたね。今年のゲストを見て「超行きてえ!」と叫びそうになったが(近所迷惑だからやめろ…)、諭吉に嫌われているので不可能…。もう諭吉恨んでも増えないから何も言わない…。じゃあもう仲良くしてくれなくていいよ諭吉…。お前なんか嫌いだ←吐血

特別版ということで、インタビューやスペシャルコーナーも入った充実した内容。楽しんで感想が書けました。長くなったので、3回にわたってお送りします。


★オープニング
シンクロチームから始まって、ひとりひとり紹介されながら登場。オープニングからノーカットの様子。オープニングやフィナーレは短縮されることも多いし、ノーカットはありがたいですね。解説もなくて、会場で見てるような感覚になれる。

村元&リードは解散してしまう前か…。結局何があったのかも二人がそれぞれどうするのかもまだわからない。二人にとっていい方向に進んでくれていることを願うばかり。
ひいい、ゲスト豪華なんですけどおおおお!平昌の金メダリストが2組!ネイサン大人気だな(笑)。

オープニングの最後に流れたのはラ・ラ・ランド。テッサとスコットが明らかに上手くてさすがすぎる。アイスダンサーは群舞になるとよく目立つ気がする、踊ることにかけてはやはり上手いから。


★吉田陽菜
衣装がチアガール。チアガールはフィギュアスケートと親和性いいのかな。スケートの衣装としてもあまり違和感ないし。
曲が変わってからのはつらつとした動きがものすごくかわいい…!手の表情や笑顔もいいですねえ。

演技中は解説は流れず、スローの間でだけ解説が入るらしい。演技に集中できていいかもしれない。さらにスローの間にはインタビューがワイプで入ってくる。すごい充実した放送ですね、至れり尽くせり。


★三浦佳生
ロミオとジュリエット。スケートでは定番の曲ですね。男子は特に、一度は滑ってみて欲しいかもしれない。同じ曲だからこそ、個性が逆にはっきり分かるような気がする。
中盤くらいで跳んでたジャンプが、音に合っててすごく綺麗だった…。結構長いプログラムだったけど競技用かな。じっくり見てしまった。若くて粗削りだけど、そこがロミオっぽいですね。燃えるようなロミオで。


★荒木菜那
出だしから凝ってる。終始笑顔で、ほっそりしててかわいいんだけどすごくパワフルでスポーティー。スピードにのってあっという間に終わっちゃう。インタビューで目指す選手が真央ちゃんと安藤さんって答えてたのは、なんかすっごいわかる。二人の少女の頃を思い出したし。
インタビューの冒頭には爆笑。マッソーさんとスコットは何しに来たの(笑)。


★壷井達也
プログラムはフリー。彼はクラシックがよく似合いますね。最後のスピンがとても曲調に合ってて良かったです。まだとても若いこともあってほっそりしてるけど、だからって弱々しさはなく、むしろ曲調からも男子のスケートらしい強さが感じられて見ごたえあるなー。


★アンナ・シェルバコワ
ゲスト豪華すぎ第1弾。すげえな…。ジュニア選手なのに海外のショーに呼ばれるって相当だよね…。
ショーの照明がこれでもかと色を変えて光り続けているにも関わらず、競技を見てるのかと思った。何という精密機械のような滑りなのか。淀みなくひたすら動き続け、しかも細やか。凄い…。ロシアにはこんな選手ゴロゴロいるとか怖い…。
インタビューのラストの「ありがとう」がイントネーションも綺麗でかわいかったなあ。


★三浦璃来&市橋翔哉
すごくクールで雰囲気があって、照明の中で見るとその雰囲気がさらに増してすごくいいですね、このプログラム。
インタビューからするといい出来ではなかったと思ってるみたいだったけど、ラストよく合ってたしかっこ良かったと思うぞ。


★横井ゆは菜
オペラ座の怪人。これは昨シーズン何度も見たし印象深いです。
冒頭の、ジャーン!って有名なあたりのパートがものすごく彼女に合ってる気がするんだよな。めちゃくちゃ切符のいいファントムって感じで(どんなファントムだよ)好きですね。
インタビューにわくわく。低音でいい声なんだよねえ、何度も言ってるが(笑)。へえ、目指してる選手は特にいないんだ。ちょっと変わった答えな気がする。


★三宅星南
ヤグディンの使ってたサフリデュオのナンバー。本人の名前からして、アイルトン・セナのイメージだろうか。ヤグディンもレースのプログラムにしてましたよね、この曲。
途中でつまずいて笑っちゃってたように見えたけど、転ばなくて良かったわ…。

星南君は日によってプログラムを変えた様子で、フリーも流れました。ヴァイオリン協奏曲。オープニングの衣装がこれだったので、サフリデュオが収録と別の日だったのかな。水色のジャケットがめっちゃノーブルで素敵です。
ジャンプ転倒もあり、まだ滑りこなせていないかな。作ったばかりだったでしょうし。この曲は力量のあるスケーターじゃないと様にならなくて難しいと思うんだけど、その分滑りこなせたら絶対名作になるので、いい選曲じゃないかなあ、と個人的には思ってました。

そうそう、髙橋君復帰したもんね。やっぱりインタビューはその話が出るか。星南君はどうしても、NHKの番組で高橋君にお手紙書いてた子、という印象が強いのだった。


そんなところで、本日は終了。続きはまた明日。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu