うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2019 in TOYAMA 雑感

今年のファンタジー・オン・アイスも富山公演で終了。今年もまったく行けなかったので(チケットが取れなかったという話ではなく、それ以前に生存を諦めなければならないレベルに困窮していた。要するに絶叫するほど貧乏だった…)空虚。だって2年前までは毎年行ってたのよこのショー…。ぶっちゃけ初回から行ってんのよ…。夏はファンタジーに持てる力のすべてを注ぎ込んでいたので、2年連続行けないとかそりゃ空虚にもなるっつうの…。

しかしまあ、ノーカットではないにしろ全公演放送されるとは。私がショー中心に出向いていたのはショーは放送される機会が少なかった、というのも大きかったのだけど、こうなるともうショーにこだわる必要ないなあ。テレビ映りたくないですし…。
ナハーロさんとマートンが出た時の公演は放送して欲しかったですけどね、素晴らしすぎて←たぶん放送なかったと思うけどあったらごめんなさい

そんなわけで、BSフジでの放送を視聴しての感想文です。


★オープニング
結構カットされてますね。放送時間が一時間しかないからなあ。
ハビエルは富山にはいたのね。神戸いなかったよね、多分。出演してたらごめんなさい。

残酷な天使のテーゼ。この曲だとどうしても羽生君に目が行ってしまうのは許してくだされ…。神戸公演の放送と比較すると途中まではシンジに見えたけど、やっぱり初号機に訂正(笑)。
しかし、オープニングから燃え尽きる勢いで全力で滑ってるな。なんか今年の羽生君の気合いの入り方半端ないんだけど。確かにそうじゃないと歌に負けるかもしれないが。
ところで、アスカのヘッドセットつけてるのはメドベージェワかな?見たことあるのかな作品。ロシアでも放送されてたのだろうか。スコットも歌ってるように見えたけど気のせいかしら。相変わらず録画機器が無いもので、適当なこと書いてたらごめんなさい。


アリーナ・ザギトワ
椅子は神戸の圧勝(笑)。神戸以外はごく普通の事務用の椅子でしたよね、確か。
まだあどけない少女のはずなんだけど、独特な美しさがあるよね彼女は。カルメンはいい選曲だったのかもと今更思った。


紀平梨花
なんかエジプシャン忍者みたいなプログラムっすよね←意味不明
すごいインパクトのある曲だけど、負けてないのがやっぱスゴいね。体の動きが無駄がなくてしなやかなのよ。


織田信成
織田君の行方不明率が高い(笑)。コミカルさとカッコ良さが共存してるプログラムで見てて楽しいですね。
昨年も思ったけど、織田君はコラボの曲をただのBGMにはしない段階まで来てる気がする。来年何やるのか早くも期待してしまう…。
インタビューも笑った、ラストにはスタッフの笑い声入っちゃってるし(笑)。でも気持ちはわかる(笑)。


★ダイジェスト
放送時間が短いので、多くのスケーターがダイジェストでした。一気にまとめてごく簡単な感想を。

鈴木明子
コラボ。途中からでしたが。すごくいい表情で、本人が曲に入り込んでるのが伝わる。

宮原知子
彼女もコラボの一部だけ。感想を書くにはちょっと短すぎたかも。曲が深くて色々考えてしまって。

☆坂本花織
絶対似合うってこれ。水戸黄門出てるってこのくノ一←出てないから(笑)

三原舞依
これはまた違ったイメージ。ここ1、2年で少女っぽさが一気に抜けたので、競技で見るのが楽しみな感じ。

エフゲニー・プルシェンコ
プルシェンコがダイジェストになっちゃう時代なのね…。めっちゃ短かった…。しょうがないけどちょっと物足りんかも。

☆テッサ・ヴァーチュー&スコット・モイヤ
オープニングでカットされてたからまったく流れないかと思った…。ちょっとでも見られて良かった…。

ステファン・ランビエール
客が遠慮なくキャーキャー言えるプログラムですね。ステファンのこれもんのプログラムは楽しいのでどんどんやって欲しい。たぶんかなり需要あるよ(笑)。

☆アンサンブルスケーター&エラッジ・バルデ
お客さんたち楽しそう。彼らが映るとは思わなかったが、きっとすごく盛り上がったんでしょうね。神戸の放送でもめちゃカッコ良かったし。

☆メリー・アゼベド&アルフォンソ・キャンパ
エアリアル用の紐?はああやって引いてるの?ええっ、すんごい大がかり。機械で操作してるのかと思ってた。チェスナさんたちは機械操作だったのかしら、どうなんでしょ。


羽生結弦
クリスタルメモリーズ。今回わりと足元に注目して見たんだけど、魔法のように曲を奏でてるのな、足元が歌ってるのな…。羽生君だし、ついご尊顔含め上半身の動きを見たくなるけど、うっとりと足元に見とれられるプログラムだなあと感じた。

これ、ゲームかアニメの曲かなあ。何となくそんな感じが…。羽生君わりとその辺の曲で滑ってますよね。何せ動く二次元ですし、違和感が全然ない…。

5年前の富山にはもちろん行ったんだけど、『The Final Time Traveler』で滑る、壊れそうな儚い硝子みたいな彼の姿は今も印象深い。氷の結晶から鈴の音が鳴るような、少年と青年の境目にいる存在にしか出せないであろう美しさに息を飲んだ。羽生君のコラボプログラムの中でいちばん好きかもしれないくらい。
あれから5年。儚い氷の精霊は、決して砕けない氷の国の騎士として富山の地に降り立つ。少年・羽生結弦はもう居ないけれど、あの儚い硝子の欠片を夢のように纏った、青年・羽生結弦はここに居る。
騎士は氷と炎の世界を駆け抜け、いずれ氷の王となる。我々はその物語を、今まさにこの瞬間も世界のどこかで描かれるその物語のページをめくり続けることのできる、この時代に居合わせることのできた、幸せな人類なのである。


★エフゲニア・メドベージェワ
ジャンプ一本パンクしてたけど、やっぱ完全に復調したように見える。コラボはやっつけ感の出るスケーターが多いけど(練習時間も短いだろうし仕方なかろうが)彼女にはそのやっつけ感がなかった。カットされなかったのは直近のオリンピックのメダリストということもあろうが、演技の出来が良かったからかもな、と思うくらい。


羽生結弦
今度はマスカレイド。顔を手で覆う仕草に漂うこの凄まじいまでの背徳感は何なのであろうか…。表情や顔のパーツを隠し、指の隙間から鋭く光る眼光だけを覗かせる羽生結弦の、そのすべてを射抜く眼差しに、我々は圧倒され、ただひれ伏すしかないのである。時に少女と見紛う儚い青年の、決して燃え尽きぬ修羅の炎を前に、我々は言葉を奪われ、物語の傍観者に成り果てる。

そして最終公演かなこれは、生演奏のOrigin。もちろん一部だけだけど。
髪型がいつもと違って左サイドをふわっと立ち上げたような彼にしては珍しいスタイルだったのは、このプログラムのためだったのかな。プルシェンコのいる所で披露できて良かった…!捧げられましたな。次はジョニーにも捧げてあげて(笑)。
いつかマートン呼んで生演奏やってください、チケット100万でも見たいわそんなん…。石油王になってやる…←寝言って目を開けてても言えるんですよこれが←空虚

演技後の羽生君のインタビューが珍しく虚脱状態。どこを見てもとても気合を入れて滑っていたし、しかも最終公演はOriginにすべてを懸けていただろうから、本当に燃やし尽くす勢いだったんだろうなあ、彼をそこまで駆り立てる何かがあったんだろうなあ、と想像してしまった…。


インタビューや舞台裏の様子もぼちぼち挟まれていたのですが、最後にまとめて。
ショーの合間?にラーメンも食べられたんだ。織田君楽しそう。5年前はお土産にいっぱい買ったけど、結局食べてないんだよね、ブラックラーメン。
歳を感じるという羽生君に突っ込む鈴木さんの気持ちはわかる(笑)。でも確かに、まさに5年前に富山で撮った自分の写真見たらやっぱ全然違うのよね。顔色がいい(笑)。人生まだ楽しかった頃だから(遠い目)。5年って、やっぱ短いようで長いよ。
「今日の主役です」ってタスキどこで買うたん。じわじわウケる(笑)。あと舞台裏のトゥクタミシェワがかわいすぎました。演技カットだったけどかわいすぎるから許す…。

あのスケーターもダイジェストすら無し?と終わってみると思ったりもしましたが、その分舞台裏もしっかり入ってて、全方向全レベルのファンが見ても楽しめるよう一時間に詰め込んだ、及第点の放送だったのではないかな。全国放送してくださってありがとうございました。


来年は絶対に行ってやるからなああああああ!「あいつ全公演チケット取ってやがる、独り占めしてズルい」とか恨まれるくらい見てやるからなああああ!2年耐えたんだから3年目は好きにさせろ!すべては諭吉次第!結局諭吉!来年も諭吉がつれない方にGOEマイナス50!←意味不明



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu