うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

3rd Anniversary ―少し遅れて新しく紡ぐ糸はこれで4つ目の季節―

オータムクラシックの記事が長引いたので数日遅れてしまいましたが、2019年9月23日に当ブログは4年目に突入しました。
いやー、丸3年も続いてしまいました。3年目に入ってから毎日更新は止めてしまいましたが(noteとはてなの両方を毎日更新するのはさすがにきつかった…)、noteと平行して一応まだ毎日更新はしてます。noteの更新を時々遅らせるので(手動更新のため実に面倒)なんちゃって毎日更新ですけど。

読んでくださる方も少しずつ増えて、ありがたいことでございます。私自身は相変わらず極貧の底辺で人間のクズですが、ブログを通して助けてくださる方が現れるなど、確かな変化を感じた1年でもありました。今が一番苦しい時だろうと思います…。


それでは毎年恒例、この1年を書いてきた記事で振り返ってみますよ。

たくさんのご来訪ありがとうございました

この1年のアクセスはおそらく昨年の2倍程になりました。その要因のひとつとなったであろう、最もよく読まれた記事が以下2本です。
氷艶の記事はツイッター経由でのアクセスがたぶん過去最高だったのではないかと思います。ツイッター経由でブログを読んで頂けることはあまり無いので、びっくりしました。ありがとうございます。
アナザーストーリーズの記事を載せた翌日、何故か突然上がり出してからのアクセス数は、24時間以内に限定しても余裕で5桁ありました…。もう二度とないと思うよ…。

usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp


魂を削る

自分で思い入れのある記事はこの2本ですかね。町田樹さんについてこれだけ書くことはもう無いだろうという思いもあり、本当に魂を削って文字の間に込めるようにして書きました。
ジャパンオープンについては特にステファン・ランビエール氏の部分ですね。ステファンのことをこれだけ長く書いたのは久しぶりでしたけど、私が何故彼の演技にどうしようもなく惹かれたのか、改めてわかった気がします。納得のいく文章が書けたと思います。それは対象がステファンだったから、きっと。

usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp



そう言えば、最近何故かこの記事が読まれてまして、自分でも読み返してみたらわりとちゃんと書けてるな、と思ったのでこれもついでに紹介しておきます。色々言う人はいるだろうけど、私は君の復帰にはたくさん勇気をもらったよ。

usagipineapple.hatenablog.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の項目に混ぜるつもりの話だったのですが、うっすら長くなるのでここで。話が前後しますがお許しください。

私が「素人口を出さず」「できるだけいいとこだけを見る」スタンスでいるのは、ご本人やご家族や関係者の皆さんに図らずもブログやSNSの内容が届いてしまうことがあるからです。そういうご時世です。そもそもどうこう言えるような知識もありませんし。
門外漢の感情に任せた意見は、端から見てるとやっぱりみっともないものです。そもそもSNS等ではなく、直接連盟にメールなり手紙なり出せばいい話。本当に耳を傾ける価値のある内容であれば、ちゃんと届くでしょうから。
みんな自分がいちばん苦労してると思っていて、他人にも同じ事を求めたがるけど、そんな要求筋違いもいいところです。選手だって関係者だって、見えないところで頑張ってる。何でそれじゃ駄目なんでしょう?
それにね、あなたの大嫌いな誰かは、誰かの大好きな誰か、なんですよ。大好きな誰かを叩かれて怒ってるくせに、何故同じことをするの?

昔ね、パワハラ上司のターゲットになったことがあったんですよね。たとえば、資料が1冊、違う位置にあったからって、私のせいだと遠回しに言いふらされたりしてました。でも、私はその資料に触ってもいないんですよね。
一度気に入らないと思ったら、まったく無関係のことまで相手のせいにしてしまう。「普通」のファンの100倍は大きな声で騒ぐ人々は、同じ構造だろうと思っています。それを「そういう人もいるから」なんて思えるほど私は人間できてませんし、思ってなあなあにするからいけないんだと思います。
誰かの心と人生を破壊しながら、平然と「我々はファンだ、応援してやってるんだ、ファンがいないと競技は成り立たないぞ」って主張できる彼らが、私は恐ろしい。人間に見えない。私が独裁者なら全員火星に移住させて地球から追い出したいくらい。隣の席で一緒に応援なんてしたくない。

もうね、うんざりなんですよ。私が「もうファン止めたい、スケート見てるのつらい」って思った原因は100%ファンです。選手本人や競技とファンは無関係、って何度自分に言い聞かせたか。自分も特定の選手が苦手だった時期はあるけど、同じ事をやってちゃいけない、と心底反省して今があります。
私にとっての「ファン」は「そういう人たち」くらいの大きな括りで、誰かのことを指してるつもりはないです。山程いたし。いちいち名前なんて覚えてないし。
純粋に真剣に応援してる人はいっぱいいます。一緒に楽しむならそんな人とがいい。これだけ美しいものがリンクに溢れているのだから、それを見つめるだけで私は手一杯。その裏側にあるものを想像してる暇なんてないし、そもそもそんなことどうでもいい。どうでもいいんですよ、本当に。

四年目もこのスタンスを貫きます。できる限り、誰が辿り着いても楽しく読んでいただけるブログでありたいと思っています。どうかご理解のほどよろしくお願いします。いつも読んでくださってる皆様には、本当に感謝しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

その他、フィギュアスケートに関してはこちらの記事もご参照ください。結構今回の記事ともかぶっちゃってますけど。あと1年以上前の記事も混ざってますけど。

usagipineapple.hatenablog.jp


ひっそり高知

この1年間における最大の事件は高知関連ですね。事件ですよ、もう。このブログ存在してなかったら発生しなかった大事件。
書こうかどうしようかずっと迷ってたけど、書かずともどうせ「見ればわかる」話でもあるので、自分の思い出として今回記録に残してみることにします…。

書ける内容があまり無いため(トホホ…)稀にひっそり載せてるだけですが、私はたまたま高知でステージを見かけて以来何故かずっと忘れられないでいる高知の観光PR隊「土佐おもてなし海援隊」さんのファンです。もう活動は終了されてしまいましたが。

そのメンバーだった方のおひとりが全国番組に出演されていたので、感激に震えつつ視聴して感想を記事にしたところ、事件が…。


本 人 に 見 つ か っ た


…何が起こったのかすぐに理解出来ませんでしたよ。ツイッターの通知に何処かで見たアイコンが踊ってるんだもん…。140文字の返信を30分くらいかけて書いた…。あは、あはははは…。

別の記事がほかのメンバーの方に見つかったこともあったんですけど(もちろんひとりで大慌て…完全に想定外だった…)、それはエゴサされたんだろうなと何となく予想できたのですが、今回はわかんないように予約投稿の際に表示される文章を一応気を付けたのに。あっ、番組名でエゴサされたのか、うんたぶんそうだ…。それは…検索対象から外せないわタイトルに入れたもん…。
散々かわいいとか癒しとか、本人に読まれることを想定していない浮かれポンチな文章を書いてしまったので大いに頭を抱えました…。いやもちろん万が一読まれても大丈夫なように書いたけどさ、真面目に丁寧に…。

でも、どこの誰かもわかんないファンにわざわざ優しいな、と感心もしてしまいました。何度か顔を見かけたことのあるようなファンならともかく、私は一度だけステージを見ただけのファンで絶対に記憶に残っているはずがないので、完全に「誰だこいつ」だったと思うのですけどね。恥ずかしくてツイッターにリプライしたことすらなかったですし。しかもあんな浮かれポンチな文章なのに…。この人絶対いい人だよ、ってなんか勝手に思い込んでたけど、その感覚は間違いじゃなさそうね…。わざわざありがとうございました。何て言っていいやら、すみません…。めちゃめちゃ応援してます…!

…このブログ読んでくださる方の大半はスケートファンの方かと思いますが、エゴサしてることをもはや隠す気もない羽生君とか羽生君とか羽生君あたりに、あなたも見つかっているかもしれませんよ…。ふふ、ふふふふふ…。私?私は絶対大丈夫。羽生結弦で検索してもこのブログそうそう引っ掛からないでしょ、情報の数が多過ぎて。たぶんね、うん…。
どの鍵アカウントかな、と皆様と同じ予想を立てつつも、意外とアカウント持ってなくて別の方法で検索してるかもな、なんて考えたりもしてます。
純粋な応援ならいいけど、悪意に満ちた言葉も本人に簡単に届いちゃうことがあるから、ホントお互いに気を付けましょう。

ちなみに、この記事です…。思い出すと顔から火が出るね…。あわわ…↓

usagipineapple.hatenablog.jp


この件が無かったら、私は高知を再訪する勇気を最後まで持てなかったろうと思います…。そうこうしてるうちにホントに行くことになって、もう友達と神に感謝ですよ。私は旅行してる余裕など一切ないくらいの貧民、毎日食パン2枚だけ食べて生きている…。
ブログの主だってことは明かさずに帰りましたけど、ファンだってことは色々あってバレました…。それも黙っておくつもりだったんですが。だってあんな浮かれポンチなブログ書いたのにどの面下げて…。がはっ、がはああ…。そもそも会話が出来るとは思っていなかった…。想定外…。

まあでも、もう1回バレてるんだし、せっかくこうやってブログも持ってるので、隙あらば「どうっすかこの人素敵じゃないっすか」と布教する方向で行こう、とちょっと開き直ったわ。なかなかその隙無いですけど、ネタの神様が突然降ってきたりするのでその時には…。オータムクラシック前に降ってきた偶然は面白かったな…。
この記事ではなんか恥ずかしいので、布教は別の記事で、はい…。

その100%友達の助力によって叶った高知旅行の記録がこちらでございます。全8回。私が自分がバカ過ぎて耐えられなかったり、一応色々考慮してカットした部分も多々あり、どう考えてもそっちが本編ですが(汗)、載せるとしても3年後かな(汗)。もう穴があったら入りたいです…←涙目
でもホント、高知行けて嬉しかった。一緒に喜んでくれたフォロワーの皆様ありがとうございました(涙)。

usagipineapple.hatenablog.jp



お題記事に答えた際にも様々に振り返っているので、あとはもうそれと一緒ってことでリンクを置いておくにとどめますね。毎日更新を終了させるなど、ブログとしてひとつの転換点となった1年でもありました。

usagipineapple.hatenablog.jp


小説も書いてるよ

この1年の大きな変化としてnoteを始めました。ちょうど開始から1年、2年目に突入です。これによって私が色々リズムを崩してしまい、悩んだ時期もあったのですが、note経由での出会いや、クリエイターを経済的に応援できるシステムがあるということでサポートをしていただけたこともあり(本当に助かりました、いくら感謝しても足りません…。私があまりに貧乏なため時々「支援したい」と言ってくださる方がいるのですが、noteを通して頂くのが一番手軽かと。私に皆様の個人情報が一切わからない仕組みなので。めちゃくちゃありがたいですがあまりお気になさらず…)、少しずつでも続けていけたらな、と思います。なかなか読んでもらえないんですけどね、note…。

一時期はエッセイばかり書いてたのですが、最近は創作意欲が出て来てぼちぼち小説も書いています。あまり長くない作品を。とにかく書いてみないと…。羽生君ポエムを楽しんでくださってる方には「ああこの人元々ポエマーなんだな」とよく分かる作品群かもしれないです…。
今も1本連載中です。「本当にこのふざけたブログ書いてる奴と同一人物なのかな」と突っ込まれそうですが、確かに私が書きましたよ…。お暇潰しにでも読んでいただけたら大変に嬉しいです。私が中学から高校くらいの頃に考えてた話、の一部。一途で報われない人ばっかり出てくるのが私の話…。

現在は更新頻度が週2とスローペースなので(お気づきの方も多いかと思いますが、はてなの更新頻度週5に上げました。シーズンに入りましたので。曜日はとりあえず固定してないです)なかなか完結しませんが、連載の場合はあえてそうしてたり一応何となくそういう体裁にして書いてるので、その都度読んでいただけたら嬉しいかな…。

以下が連載中の話。あとがき含め全7回(既に執筆済み)、もうすぐ完結。お気軽に感想など頂ければ、ありがたく思います。↓

note.mu



ほかにも色々あった気がするけどもういいや…。明日の私はちゃんと生きているのだろうか、と毎日怯えながら暮らしてますが、来年の今頃にはきっと幸せになってる、はず…。それだけを信じて生きてる。当たるって思いこめばきっと当たる(←必死)。今の状態からは想像もつきませんけど。毎日食パン2枚だけ食べて生きてりゃな…。さすがに痩せてきました…。人生最大に痩せた時の体重に戻りそう…。

この1年のご来訪本当にありがとうございました。4年目の「うさぎパイナップル」もどうぞよろしくお願いいたします。