うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

ジュニアグランプリシリーズ2019 ラトビア大会 雑感②

ラトビア大会の続きです。本日は男子ショートプログラム。全体にわたり、睡魔に襲われてまともな感想が書けていないのですが、とりあえず載せてみます…。こんなんですみません(泣)。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

男子ショートプログラム

第1グループ

1:Oliver PRAETORIUS
曲にピッタリ合ったトリプルアクセルでしたね。クリーンではなかったにしろいい出だしだったのでは。微妙に不思議な編曲なのはスウェーデンの伝統でしょうか(笑)


2:Evan WRENSCH
ちょんまげ…?というかちっちゃいポニーテール…?もう髪型に目が釘付けになってしまい演技に集中できなくてすみません…。衣装もシンプルだし曲も定番の『Fly Me To The Moon』なのに髪型が気になりすぎる…。


3:Edward APPLEBY
14歳だそうですが既に男っぽく凛々しい雰囲気ですね。ジャンプに光るものがあった気がする。セカンドがありゃりゃだったけどコンビネーションで跳んだトリプルルッツ、いいジャンプに思えたし、最後のループも良かった!


4:Andrey KOKURA
カッコいい黒いスーツに白いシャツな感じの衣装なんですけど、とにかく曲のインパクトが凄くてすべての印象がかき消される…。滑ってる内容が頭に入らない(汗)。なんすかこの叫び声みたいな歌…。冒頭のアクセルが抜けちゃいましたね、無念。


5:Andrew TORGASHEV(アンドリュー・トルガシェフ)
睡魔に負けてました…。すみません…。ジャンプはちょっと不調?月の光のこのアレンジ、スケーターに人気ですね。

第2グループ

6:Andrei MOZAREV(アンドレイ・モザレフ)
おおお、いいジャンプが決まってた!冒頭のループも余裕があるし、トリプルアクセルかな、着氷まで綺麗でした。全体的な演技のレベルが高い…!おお、高得点も出たぞ…!


7:Daniil SAMSONOV
ごめんなさい睡魔に襲われました…。なかなかいい演技だったように見えましたが。まだすごく若いように見えるのにすごい。


8:Joseph PHAN
すいませんまたも睡魔が…。でもコンビネーションジャンプの美しさはしっかり目に焼き付けた!いい演技だったのでは?ジェフの名前が解説から聞こえたけど振付?


9:Liam KAPEIKIS
優しい曲調に合わせたかのようなふわっとしたジャンプ。決まると綺麗ですねえ。高さもありますね。まだ睡魔にやられててすみません…。


10:Eric LIU
ごめんなさい睡魔がこの辺で最強に…。人気あるのか応援団が元気なのか、歓声だけは耳に残っていたのですが(泣)。


11:Sihyeong LEE(イ・シヒョン)
ジャンプすべてクリーン!トリプルアクセルもバッチリ!ジャンプはタノで跳んだ方が軸が取れたりするんだろうか、アクセル以外はタノでしたね。あ、ルッツにアテンションついてるけど見た目はどれもクリーンでした。
美しさのあるなかなかのいい演技、上位に入りそう。おお、やはり暫定2位。


…ほとんど寝てるじゃないか、と突っ込まれた皆様、本当に申し訳ございません…。次回はもっと寝てます…。
ではでは、男子ショートプログラムの後半の感想はまた次回に。ほとんど寝てるけど…←すみません…。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu