うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(タロット鑑定してます2020・物書き(ライター)始めました2018)

ジュニアグランプリシリーズ2019 ラトビア大会 雑感④

うっかりうたた寝してたり『フィギュアスケートTV!』を見ちゃったりしてたので第3グループまでは結局見られませんでした、トホホ…。せめて後半グループだけでもしっかり見ますよ!いやあ、ライストって楽しいですねえ。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

女子フリー

第4グループ

19:Jocelyn HONG
うーん、ちょっとジャンプが不調だったかな…。転倒がいくつか…。衣装美しかったんですけどね。私がちょっと考え事してしまって演技に集中できてなくてごめんなさい。


20:Oceane PIEGAD
綺麗な色の衣装ですね、何ピンクって言うんだろう。コーラル?
途中で痛そうな転倒が…。壁にぶつかっていってしまい、思わず「大丈夫?」って呟いてしまった。それ以外は見た目上はそこまで悪くなかったと思うのですけどね…。ううん、回転不足とか結構あったのか…。


21:Vera STOLT
曲も衣装も渋い雰囲気のプログラム。またまたちょっとぼんやりしててあまり集中できなくてすみません…。パーフェクトとはいきませんが、そこそこまとめていたようには見えました。おお、暫定1位。


22:Jogalie AGLINSKYTE
途中で画質が落ちてしまって何だかよくわからなかった…。元に戻ったけど。冒頭いきなり転倒したり抜けたりしてましたが、中盤以降は盛り返してたように見えました。鮮やかな青の衣装が目を惹きますね。


23:Regina SCHERMANN
選曲に合わせた和風の衣装。形は着物のそれなのだけど、どこか洋風なのは着ている人が西洋の人だからなのか。少し不思議な雰囲気ですね。
キビキビした感じの動きで、パーフェクトに滑れていたらなかなかの見ごたえのあるプログラムになってたんじゃないかな。


24:Anete LACE
気だるい雰囲気で始まったと思ったら突然派手な音になってびっくり。前半はジャンプミスなどもありましたが、盛り返してたように思います。スピンが面白かった、靴の先を持って回ってるスピン。独創的。キスクラにでっっかいくまさんのぬいぐるみ。かわいい。

第5グループ

25:Niina PETROKINA
確かジャンプ1本転倒があったけど、とても伸びやかで、美しさを感じる演技でした。今後が楽しみになりますね。本人もガッツポーズ!


26:Isabelle INTHISONE
エデンの東ですね、この曲人気だけど、本にたとえると「読後感」みたいなものがすごくいいので、よく使われるのはわかる気がします。演技にはミスもありましたが、曲に合わせた爽やかさのある演技が出来てたように感じます。若さならではの爽やかと言いますか。


27:Kaiya RUITER
おや、ハリー・ポッター。意外と使う選手いませんよね。痛そうな転倒もありましたが、楽しそうに滑っていてこちらも見ていて楽しかったです。まだとても若いけど、可能性みたいなものも感じましたね。ジャンプは逆回転?
採点に随分時間かかってた。回転不足?にしては長い…。機械の不調…?とか書いてたらマジで本気で長いので、こりゃシステムトラブルかなんかだ…。ずっと笑顔で偉いな…。


28:Anastasiia ARKHIPOVA
演技時間が遅れに遅れて、調整が難しかったんじゃないかなあ。待機中に上着羽織って膝掛け巻いてて、冷えるんだな、と気の毒になった。でも競技はこういうこともある、っていい経験にはなったのかもしれないですね。
やはりジャンプにたくさんミスが出てしまった。本人も演技後に涙をこらえている…。本当に大変でしたね、頑張ったよ…。ああ、そんなに泣かないで…。


★29:住吉りをん
直後でなかっただけましかもしれませんが、彼女を始め後続の選手には少なからず演技時間の遅れは影響あったかもなあ。ジャンプに乱れはありましたがいい笑顔で、スピンの回転も早く、力は感じましたね。衣装も色合いが素敵。
ロシュフォールの恋人たちですよね、この曲も盛り上がりますよね。ってさっきから町田君の曲ばっかり引っ掛かる…。

佐野先生の、彼女は出発前調子が良くなかったという関係者しか知らない話を聞くと、ホントに頑張ったんだなって気がしてくる。華のある選手ですね、ラストの表情情熱があって良かった。


30:Maria LEVUSHKINA
ハレルヤ。スケートファンになってからすっかり覚えた曲ですよ。
ミスらしいミスも見られず、いい演技でしたね。本人も滑り終わって嬉しそう。3連続ジャンプがすごい軽やかでスピードがあって、思わず目を見張ってしまった。

第6グループ

★31:松生理乃
素晴らしいルッツからスタート。サルコウは余韻すら感じる。ジャンプの着氷に流れがあって映えますね。プログラムにも絵画のような美しさがあり、少し着氷ミスも見られましたがいい演技だったと思います。いい点が出てコーチも喜んでる。

テレビは煽りが入ってた。山田満知子門下かあ。そうだよね樋口先生いたし。
ラストにコンビネーション3つ、リカバリー不可能な構成。それ考えるとよく頑張ったのでは。


32:Gabriella IZZO
とても美しい衣装ですね。スピンから星の欠片がこぼれてくるようでこれまた素敵でした。転倒などミスも見られパーフェクトとはいきませんでしたが、さすがアメリカの選手、力は感じますね。


33:Ekaterina KURAKOVA
終盤に曲調が明るくなってからが本領発揮、という感じでしたね。思わず手拍子したくなるような。朗らかな性格なのかなあ。スピンにも個性があって面白かったです。
あ、クリケット所属の子か、オーサーがいる。そう言えば顔に見覚えがあるな。キスクラでの様子もかわいい。


★34:Haein LEE(イ・ヘイン)
素晴らしい演技でした!高さのあるいいジャンプ跳びますねえ。ファイヤーダンスだっけこれ、とても盛り上がりつつも品のあるいい曲だと思うのだけど、思わず曲を感じながら惹き付けられてしまう演技でした。良かったです。

実況と解説大興奮。いやー、いい演技だしいいスケーターですわ。全体的なレベルが凄い、ステップも情熱を感じていい…。もっかい見てえ。今後もめっちゃ注目するわ…。


★35:Daria USACHEVA(ダリア・ウサチョワ)
Je suis malade。この曲不思議にフィギュアスケートと親和性ありますね。
まったく隙の無い演技が続いていると思ったのだが、後半に乱れが出てしまった。うーん、転倒はちょっと痛いか。でも圧倒的な濃密さは最後まで続いて、この雰囲気はやはりエテリ門下?おや、キスクラひとりだ。次のスケーターもコーチ同じなのかな。

テレビで見てみると精密機械のような雰囲気ですな、エテリからスナイパーとして教育を施されてきたってイメージ←意味不明


★36:Maiia KHROMYKH(マイア・フロミフ)
ゴースト。冒頭でミスが出て転倒。どうなることかと思いましたが、彼女も密度の濃い演技でしたね。エテリ門下だよねやっぱり?かわいいアライグマのぬいぐるみ貰ってるのに、あまり演技が良くなかったからか(決して悪くはなかったが)残念そう。次また頑張って…!

…せっかくのテレビ放送なのにめちゃくちゃ眠くて、彼女の演技についてはほとんど何も覚えてなくて無念…。ライスト見といて良かった(泣)。


おおお、松生さん3位に入った!いい演技でしたもんね。これは表彰式も見なければ。優勝した韓国の子、嬉しそうだなあ。ロシアの子がずっと優勝してるイメージあったけど、頑張りましたね。


ではでは、次回は男子フリーの記事でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu