うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

スケートアメリカ2019雑感⑥

長々と綴って参りましたスケートアメリカの記事も、いよいよ本日で最終回です。本日はエキシビションの後半の感想。前回の記事で触れた通り、ほとんど眠ってなかった影響で、番組終盤は座ったまま寝てしまってて(泣)、まともな感想になってないですが、あたたかい目で流していただければ幸いでございます(泣)。
もうね、放送中に書いた感想が誤字だらけで、眠かったのと慌ててたのがよく分かる…。実はエキシビションの感想書くのがいちばん大変なのよ、スロー再生の時間が短いし得点発表もないので。

ではでは、本日も是非最後までお付き合いください。

エキシビション

17:アリサ・リウ
何で今大会出てないんだっけ、とか素で思っちゃったけど、ジュニアだよ!ジュニアだったよこの子おおおおおお!
「地元のジュニア枠」にスケートファンにはもう相当名前が知れわたってるような、これだけ破壊力のある選手が出てくることなかなか無いんじゃ…。照明の中で挑んでくるトリプルアクセル!スピンが素晴らしいですね彼女、回転速い。


20:ジェイソン・ブラウン
目まぐるしく変わる照明の色みたいに、ジェイソンの技や動きがたっぷり入ってて惜しげもなく次々披露されていって、ホントあっという間に終わってしまう。もう終わりかあああ!ジェイソンすげええええ!ウキウキ系の選曲なのでかわいさにも溢れている(笑)。


21:ヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイザー
ヘイヴンさんの衣装にどうしても目が行っちゃう。上半身だけ薔薇の花柄。衣装なんだけど、なんかその辺で普通に買えそうなシャツにも見えてくる(笑)。リフトが凄かった…あんな長時間上げてるとは…。


24:アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン
すっげえカッコいいいいいい!アイスダンサーカッコいいいいいい!へえ、ブキンさんも著名なスケーターさんの息子さんなのか。技術的なことも教えを受けて受け継いでるのだろうけど、才能的なことも受け継いでそうですな。


22:坂本花織
くノ一だあああああ!これはアメリカのお客さんもすっごい楽しんでくれたのでは?むしろ外国の大会で披露するべきエキシビションだと思ってたしさ。忍者の疾走感と彼女のスピードがよくマッチしてる。森の中を駆け抜けてくる忍者みたい。
リストでは坂本さんが先だったような…。とりあえず滑走順の番号は振られてた番号のままで書いてみるぞ。


25:友野一希
友野君本領発揮。滑り始めてすぐにお客さんの心をガッチリ掴む。エキシビションほんっとうに得意ですよねえ彼。今頃「あのかわいい日本人の男の子誰?」ってアメリカの人に検索されまくってるに違いない(笑)。私もこれ見てキャーキャー言いたい(笑)。ミスしたけどトリプルアクセルも入れてました。インタビューもなんか嬉しそう。エキシビションに出られてホント良かった。いいもの見られて良かったな、アメリカのお客さん(笑)。


26:ブレイディ・テネル
セレブみたいに優雅に登場するテネル姐さん。白ぶちのサングラスはぽいっと投げ捨てる。ショートともフリーともまったくイメージの違う、彼女はまだ本当に若いのだと思い起こさせるような、ちょっと都会的でお茶目なプログラム。ラストはお尻で回るスピン。とっってもお茶目!あんまり見ないですよね、お尻でスピンする振付(笑)。


29:アンナ・シェルバコワ
和服風の衣装で、儚く美しく登場して滑ってたと思ったら、その着物を脱いだ途端に、完全にそれまでの和の空気から切り替わってしまう。今までの世界は何だったんだ(笑)。ってくらいバシッと完全に空気変えちゃうの。衣装替え好きなのかな。楽しませたいって気持ちが強いのかな。


30:マディソン・ハベル&ザッカリー・ドノヒュー
先シーズンのエキシビションはドノヒューさんがひたすらうさんくさかったけど(笑)、今シーズンのエキシビションはドノヒューさん振付なんだ!鏡に写った人、とか言ってたっけ実況。うさんくささの代わりに不思議な風景が広がりそう。もう眠くて細かいところ覚えてなくてすみません(泣)。


32:ネイサン・チェン
ネイサン夏はよく日本に来てたから、このプログラムももうお馴染みな感じですね。眠すぎて座ったまま寝ちゃってたので記憶がない…。ごめんよおおおお(泣)。色々あってほとんど寝ておりませんでした…。


フィナーレ。ですがあまりにも眠くて完全に座ったまま寝ちゃってて、気が付いたら始まってたというか、終わりかけてた(泣)。
タオル?マフラー?なんかよくわかんないけど今シーズンも客席にプレゼント投げ入れるんですね(笑)。

ところで、ペン&ジンが居なかった気がする…。グループナンバーとマジックショーらしき何か(実際に見てないので滑走順のリストからの判断ですが)はカットされてたけど、個人演技は全員流れたと思うのだけど…。怪我でもあったのかな、大事をとっただけでありますように。


以上です。毎度のことですが今更で申し訳ない…。スケートカナダは羽生君が出場するので、たぶん執筆に時間がかかるため、もっと遅れ気味の掲載になるかもしれません、すみません。ちょっと自分の時間があまり読めないので。
がっぽがっぽ儲かってるから、とかならいいのだが、そうじゃないところがアレですが…。石油王になりたい…。私は年を越せるのだろうか、おなかすいたよ…。1日に食パン2枚しか食べられない生活が続いてるよトホホ。ともかく、出来る限り早く載せられるように頑張ります…。

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu