うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フランス杯2019雑感②

男子に続いて女子のショートプログラム。男子フリーの放送と同じ日。男子は時間的に生放送かもしれないので、何となく詰め詰めな感じで女子はスタートした気がするが、気のせいかもしれないわ。

ではでは、早速感想をどうぞ。


※注記
お名前の前に★印のついている選手は、地上波でも放送のあった選手です。

女子ショートプログラム

第1グループ

1:レア・セルナ
綺麗にまとまった演技でしたね。衣装もスカートがちょっと長めで、とても豊かな表情を持ってる。じわじわと心に残ってくるような演技。
ジュベールがコーチなの?!しかもなんかストールがお洒落だし!美形過ぎて布が追い付いてないとしか思えなかったあのジュベールはどこへ…。


2:ニコル・ショット
手や足に透けた部分のある、凝ったパンツ衣装。足が長く見えますねこのデザイン。最後のジャンプに大きくミスは出ましたが、スピンがとても良かったですね。特にフライングキャメルスピンはとても美しかったです。


3:スター・アンドリュース
スピンが美しい、特にドーナツスピンはあまりにも素晴らしくて見とれてしまいました。スピンとステップは全部レベル4かな?あ、やっぱりそうですね。ジャンプもしっかり降りていたので、なかなかいい結果が出そうですね。おお、自己ベスト!
150cmなんだ、リンクではもっと大きく見えますね。


★4:アリョーナ・コストルナヤ
トリプルアクセル…!着氷は微妙に見えたが高さもあったので速報では加点がついている。回転不足だったようで、プロトコル見ると減点されてるけど。彼女は「あの」ロシアの3人の中で唯一4回転を武器として持っていないようだが、トリプルアクセルならショートにも入れられるので大きいかもしれない。
とても流れがあって美しい演技で、特にスピンは絶品。昨シーズンまでジュニアだった「あの」3人の女子の中では表現面で群を抜くのが彼女だと思うが、それをいきなり見せつけられた。あっという間に終わってしまう。うわあ、何度でも見られるわこれ…。


5:マエ・ベレニス・メイテ
うわー、ゴージャスな衣装。首と腕の飾りがキラキラしててすっごく素敵。カラフルなスカートの色もよく似合ってますね。
ダブルアクセルは良かったけど、そのあとのジャンプが綺麗に決まらなかった。致命的なミスにはならなかったかもですが。あー、でも2本とも回転不足か…。観客が盛り上がる派手な曲調も、彼女によく合った選曲かなと思います。


6:ロリーヌ・ルカヴァリエ
放送流れなかったような…。棄権?棄権ですね、うう、自国の大会なのに残念…。

第2グループ

★7:白岩優奈
ステファンが曲を選んだのか、彼女をイメージして。ということは振付もステファンかな。衣装もとってもゴージャスですね。
すっごくチャーミングな振付…。ステファンらしいロマンティックさが溢れていて、ステファンの作品の中でもかなり印象的かも。ラストめちゃくちゃかわいい…。演技にも大きなミスは無かったように見えました。相変わらずスピードあるなあ。


8:マリア・ソツコワ
久しぶりですねソツコワさん。うーん、どうしたんだろう、ジャンプが全然綺麗に決まらない。コンビネーションも結局入らなかったのかな。全体的にぼやっとした印象の演技で、残念な出来に。もっと滑れる選手なのに、調子が良くなかったのかな…。
衣装のせいかもしれないですが、もう少女の雰囲気は残ってないですね、素敵な大人の女性。


★9:マライア・ベル
これもリッポンの振付なのか。昨シーズンのプログラムとはまったくイメージが違うカッコいいプログラムだけど、彼女の魅力を最大限に引き出そうとして振り付けたんじゃないかな。すっごくいいですね、リズムよく乗って滑れるかもしれない。
イキイキした素晴らしい演技でした。素朴なかわいさがイメージとして強かった彼女とは正反対のプログラムで、すごく面白かった!


★10:樋口新葉
いい演技でしたねえ。レイバックスピンが想いを語りかけてくるようでとても素敵でしたし、ステップも非常に見ごたえがありました。でもレベル3なのね。表現の引き出しが多い選手だと思うので、そのへんをしっかり見せてくれるのが楽しい。
得点思ったほど伸びないな…。あの素敵なスピンレベル2なのか。回転不足もある…。


★11:坂本花織
ダブルアクセルで転倒…。滅多に転ぶイメージのないジャンプだったのでびっくり。ループもぐらついた。うーん、ショートでのこのミスはちょっと大きいかも、女子はわりと実力的にも得点的にも競ってるし…。でもプログラムはやっぱりすごく楽しいし、ステップもしっかりレベル4ですね。


★12:アリーナ・ザギトワ
ルッツとループのコンビネーションはこらえたジャンプになったけど、ラストに跳ぶ単独のフリップは絶品でしたな。なんてゴージャスなジャンプ…。透け感のある黒いレースのスカートが、スピンの時などにとても素敵。悲哀の漂う曲が演技とマッチしてこれまた素敵です。おや、この減点は…。タイムバイオレーションだ。演技開始が遅かったとか?何でだろ?
キスクラじわじわくる。大きなハートのクッションを持ったコーチ二人に挟まれて座るザギトワ。じわじわくる!(笑)


コストルナヤは表現面は群を抜いてるけどジャンプの得点面で不利だろうか、と思っていたら、トリプルアクセルかーい!こりゃ、グランプリシリーズの優勝をすべてあの3人でさらっていく可能性があるな…。
わずかな期間であっという間に塗り替えられていく女子の勢力図。これが北京まで、いやそれ以降も続いていくのでしょうか。

ではでは、次回は男子フリーの記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu