うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フランス杯2019雑感③

女子のショートプログラムの放送に続いて男子フリー。生放送するなら第2グループだけかな、とドキドキと待ちましたが、期待通り第2グループから生放送が始まって万歳三唱。今回は昌磨君の調子がちょっと不安なので、そういう意味でのハラハラ感も強い。テレ朝が生放送する時は、通常以上にハラハラさせる要素が混ざることが多いような気がします…。

ではでは、いつも長いので(笑)この辺りで感想をどうぞ。


※注記
お名前の前に★印のついている選手は、地上波でも放送のあった選手です。

男子フリー

第1グループ

1:アントン・シュレポフ
今日はちょんまげにしてないわ。普通の髪型だと普通にイケメンだ(笑)。
うーん、ジャンプがなかなか綺麗に決まりませんでしたね。4回転サルコウを降りたりもしていたのですがダウングレードのようだし、GOEがマイナスのジャンプが半分以上だったような…。プログラムに雰囲気はすごくあったのですけど。衣装もかっこいいし。
今シーズン、シンドラーのリスト多くない?


2:樋渡知樹
今日もイワタシ。hを発音しないんだっけフランス語は。
シニアのグランプリシリーズデビュー戦としては素晴らしい出来だったのではないでしょうか。後半に跳んだルッツ、オイラー、フリップのコンビネーションかっこいい!選曲が彼の独特で多彩な動きを活かすのにピッタリ。お客さんもどんどん引き込まれて盛り上がっていくのが分かる。ラストのポーズまでなりきってる。


3:ニコラ・ナドー
アクセルのコンビネーション綺麗ー。パーフェクトじゃないにしろ、なかなかいい演技だったんじゃないでしょうか。終盤はどんどん盛り上がっていって、コレオでは本人も歌ってる。滑ることの楽しさが伝わってくるようで、とってもとっても素敵!お客さんの心もガッシリ掴んだんじゃないかな?


4:ダニエル・サモヒン
うーん、ジャンプが絶不調…。4回転サルコウやアクセルの転倒だけでなく、ラストのジャンプのパンクなど、綺麗に決まったジャンプの方が少なかった。どうもリズムが合わなかったのですかね。力強くてかっこいい雰囲気のある選手なので、ピタリと決まれば絶対迫力あるのですけど…。
衣装はちゃんと衣装なんだろうけど、どうしてもトレーニングウェア的なものに見えるよ!


5:セルゲイ・ヴォロノフ
後半グループが生放送だった影響か解説なし。解説聞きたかった。解説ないならせめてテロップを分かりやすくして欲しいぞ。要素名を選手名で隠すのはやめてー、基礎点とGOEだけで何なのか判断できるほど達人じゃありませんし…。
後半は抜けるジャンプがあったりして、あまりいい出来ではなかったかもだけど、コレオは彼らしくてカッコ良かったと思います。あまり調子が上がってない感じですね、今シーズン…。
上下でくっきり色が分かれた紫っぽい衣装。こういうモードな感じのデザインの衣装が好みなのかしら?昨シーズンの消しゴムといい…←消しゴム言うな

第2グループ

今日も生放送きたああああああ!時間的に視聴しやすい、というのが大きかったんでしょうねえ。あー、ワクワク←ここまさに放送中に書いてる(CM中)
そうか、昌磨君グランプリシリーズの表彰台逃したことないのか。強い…。煽りも時々有用な情報出してくるよな。見る方の受け取り方次第でいかようにもなるよなあ、とちょっと思ってます。どうせなら楽しく見たいですわ。


★6:モリス・クビテラシビリ
前半は素晴らしいペースでした。4回転サルコウトリプルアクセルも美しい。ステップはやっぱりレベル2なのかあ。んで後半のジャンプが…。4回転トゥループの1本目はパンク、2本目(テロップは4回転サルコウになってた気がする)はかなりこらえたステップアウト。
最後のトリプルフリップに速報で点が入ってなかったけどザヤック?あ、やっぱりザヤックなのか…。それはちょっと勝負を左右するかもしれんな…。トゥループがパンクしたせい?
ザヤック関連のせいかちょっと採点に時間がかかった様子。あ、フリップ結局点が入ったんだ!良かったねえ。


★7:宇野昌磨
安心安定の昌磨君をこんなにドキドキしながら見ることになるとは…。
4回転サルコウは手をつく。4回転フリップも着氷が…。でも回転はしてるなこっちは。4回転トゥループのコンビネーションが綺麗に決まったのでもう大丈夫かと思ったが、トリプルアクセルで2本とも転倒してしまうとは…。2本目は叩きつけられるような転倒で心配…。4回転トゥループの単独も転倒。
こんなに転倒して、ステップやスピンでもレベルの取れてない昌磨君を見ることになるなんて…。でも、長い競技人生、こんなシーズンもあるよ…。
お客さんがものすごい応援してる。演技中もだったけど、キスクラでも…。本人でなくても涙が出そうになってしまう。しかし現時点でこの順位は、ファイナルが…。


★8:ロマン・ポンサール
ステップのラストがすっごく余韻があって素敵…。これでプログラム終わり?やたら短いな?と一瞬思ったがそんなわけはない(笑)。
後半の選曲がすっごく彼のスケートに合ってたと思います。ラストの方は彼もすごく気持ち良さそうに滑ってるように見えました。粗も多かったですが、会場も盛り上がってて良かったんじゃないかな。見てて清々しくなる演技だったな、という印象でした。
おや、この大会しか出場してないのね。スケートアメリカはエントリーしたけど出られなかったのか。


★9:アレクサンドル・サマリン
顔!背中に顔!かおおおおおお!衣装のインパクトおおおおお!
4回転ルッツのコンビネーション降りた!すげえ、ショートに続いて。しかしフリップは転倒。前半はジャンプの成功と転倒を繰り返してたイメージ。後半になるとジャンプの着氷が全部乱れていたのですが、転倒はなかったのでまだ良かったかも。んでスピンとステップが全部レベル4なのも凄い。
でも!何を!やっても!顔が!気になる!顔しか!印象に!残らん!


★10:ケヴィン・エイモズ
アクセルのコンビネーションががすげええええ!ぼぼんっとバネが跳ねてくみたい。彼の滑りは縦の動きが入ってるから面白いのかな。個人的な印象なので間違ってるかもだけど。
ジャンプのミスもあったんだけど、素晴らしいアクセルなどなどで帳消しされそう。気持ちがどんどん入っていくのがわかって、滑り終えた本人は感激のあまり泣いているみたいだ…。うん、泣いてるねこれは。実況によるとここグルノーブルがホントに地元なのかな、生まれ育ったって言ってるし。そこでこれだけの演技ができて、本人も嬉しいだろうなあ。
おお、フリー暫定1位!表彰台確定!


★11:ネイサン・チェン
6分間練習で衣装がバスのシートに見えてきてしょうがなかった…。アメリカではそんな風に見えなかったのに!
ネイサン比でジャンプが微妙だった。加点があまりつかないジャンプ、GOEがマイナスされるジャンプが多くアメリカほどの点は出ないだろうか。
おおお、4回転トゥループオイラートリプルフリップのコンビネーションを彼も降りた!でもやっぱり難しいジャンプなのかしら、前半に入れてますね。何そんなとこでこっそり頂上決戦やってんの(笑)※先週のスケートカナダで羽生君が世界で初めてこのコンビネーションを試合で成功させた
ステップがとても良かったです。すごく肩の力が抜けてて。それに対してコレオは狂気的にキレッキレ。対比が面白い。そしてコレオの加点すげえ…。

キスクラでネイサンに囁くアルトゥニアンコーチ、という絵面に重なる『おっさんずラブ』のテロップには思わず笑いました…。フランス杯の放送の直後に放送されたのでその予告だったってだけなんですけど、そこで流すのは余計な誤解を生みかねないからお止めなさいよ(笑)。ってもドラマは見たことないんだけどさ。
そういえばキスクラの背景の映像、昨日と違う?昨日は宇宙空間?だったし。


インタビューの昌磨君、涙声に聞こえる…。あの声援が嬉しくて涙が出たのね…。まさか鉄壁の昌磨君がここまでスランプに陥るとは思わなかったけど、見守るしかない。
一人で何でも進められる人もいるとは思うけど、才能を活かしたり夢を叶えたりする過程を誰かの手を借りて、導かれて進む人もいていいと思うのよ。もしかすると昌磨君は後者じゃないかな。きっと手は打つのだろうから、我々はやはり、黙って見守るだけでいいのだろうな、と思う。昌磨君のインタビューはいつもとても素直だから、変な疑いの差し挟みようがないと私は思うけどな。
しばらくステファンのところへ行くとも言ってたけど、ステファンは高志郎君が真っ直ぐポジティブな軸を持てるよう指導してるように私には見えるから、昌磨君にもそういう導き方をしてくれるかもしれないですね…。


ではでは、次回は女子フリーの感想でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu