うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

カップ・オブ・チャイナ2019雑感③

男女シングルの試合はフリーも生放送。時差がほとんど無いのかな、何にしろありがたいですね。

ではでは、早速感想をどうぞ。

女子フリー

第1グループ

1:カイラニ・クレイン
明るい曲ではないのである程度は仕方ないですけど、ショートと比べてあまりイキイキしてなかった気がします。ステップももうお疲れな感じに見えました。大きなミスもなく滑っていたとは思うのですけど。織田君によると回転不足が多かったようなので点は伸びないかな…。あー、やっぱりたくさん回転不足判定が…。
衣装はとてもキラキラして綺麗でしたし、印象的な表情も見せていましたね。


2:ホンギー・チェン
この衣装好き…!派手じゃなくて落ち着きがあるんだけど、シンプル過ぎることもなく。深いブルーと銀の組み合わせが海のようで素敵…。
長い手足が醸し出す演技はとても雰囲気がある。少し緊張感もあったように思いますが、しっかり滑れていたのではないでしょうか。問題は回転不足か。ラストのスピンも美しい。つい目が行ってしまう選手ですね。今後が楽しみ。


3:チェ・ユジン
シェヘラザード。衣装もそんな感じですね。
冒頭のジャンプを2本続けて転倒。ジャンプ前の動作が長いな、と思ったのだけど、それ以上に最初からスピードが無かったような…。後半はもうホントにしんどそうな速度に見えた。緊張があったかな。
織田君によるとコンビネーションジャンプがひとつも跳べなかったそうだし、得点的には厳しいかもしれない。これをいい経験にして、また頑張って欲しいです。


4:イー・クリスティ・レオン
おや、スケートアメリカの時も衣装これだったかしら?変更したのかな。同じだったらすみません。
ダブルアクセルがパンクしてたのがちょっと痛かったかな。それ以外は見た目上はそれほど大きなミスもなく滑っているように見えました。なかなか堂々としてるように感じましたね。やっぱり独特の存在感があっていいですね彼女。スケートの技術のほかに、その選手ならではの個性もフィギュアスケートには大事ですよねえ。


5:ユ・ヨン
うーん、今日もトリプルアクセルは決まらなかった。しかし、それ以外のジャンプは良かったですね。スピンもだけど、軸が細くて回転も速い。そして演技としてもスケートカナダよりずっと良かったと思います。ステップも曲のワクワクした雰囲気を表現しようとしていたし、終盤の曲調に合わせたドラマチックな演技が出来てたんじゃないかな。素敵でしたよ。


6:イー・ジュウ
うーん、彼女も緊張してしまったか。後半になるにつれジャンプは特に崩れてきてしまって、パンクや乱れが目立つ。ばっちりジャンプが跳べればとても盛り上がる選曲だと思うので、ちょっともったいなかったですね。
キスクラに置かれてるのはトトロのぬい…ぐるみ?トトロ…?トトロあんなに耳長かったかしら…。中国クオリティの何かなのか…?←正規の商品だったらすみません(汗)

第2グループ

さっきのトトロが気になって6分間練習が頭に入ってこねえええええ!トトロおおおおお!←忘れろ


7:ソフィア・サモドゥロワ
わあ、衣装すっごく素敵。メイクや髪型もすべてトータルで演出されてる感じ、美しい。ポニーテールの印象が強いので、まとめ髪にしてるとまったく雰囲気が違って見えますね。
相変わらずノーミスで素晴らしいですね。ただ、あまり元気がなかったような…。ロクサーヌのタンゴですし、彼女ならもっと貫禄たっぷりに滑れる選曲だと思ったので、曲と演技が乖離してる印象なのがちょっともったいなかったです。


8:エリザベータ・トゥクタミシェワ
おや、この衣装は…。昨シーズンのプログラムに戻したのね。滑り慣れたプログラムでどうしてもファイナルに進もうという気合いだろうか。
トリプルアクセル降りたああああ!2本とも降りたああああ!単独の方はやや流れなかったかもしれないが、しっかり加点がついている。ルッツとフリップの単独はステップアウトでしたが、それ以外のジャンプはクリーンで最高!もうコレオのあたりでは踊ってましたよ私、人には見せられないよ!(笑)
滑り終えた本人も本当に可愛い笑顔…。良かった…。素晴らしかったです!織田君、やっぱり彼女のルッツが好きだね(笑)。世界一とまで言い切ったぞ。


9:本田真凜
序盤は少し乱れがありましたが、中盤以降盛り返してきた。なのでラストのジャンプの転倒が残念。曲が盛り上がってきたところなので目立ってしまいますし。でも真凜ちゃん独特のゆるっとした身体の使い方やカラッとした明るさはすごく素敵だし、それが選曲にピッタリなんですよね。ジャンプなどまだまだ色々修正中なのでしょうけど、投げ出さずに頑張って欲しいです。


10:アンバー・グレン
序盤でジャンプのミスが目立ってしまったかな。パンクもありましたし。しかし、スピードが無いと感じる選手が多かったので、序盤は特に滑らかな滑りと曲の表現など、魅せる演技はできてたんじゃないかと思います。織田君もだんだんスピードが落ちてきたことや回転不足を指摘してましたけど、美しかったと褒めてますね。キスクラ今日もかわいい。


11:宮原知子
序盤から非常に振付が美しい。ベテランでないと出せない魅力が滲み出るようになってきましたね。ジャンプは最後から2番目のルッツだけが素人目にもあまりいいジャンプではなかったかなというくらいで、ミスなく跳んでいました。あとは回転不足がどう判定されるか…。うーん、やはり3つ回転不足判定。
プログラム全体としては非常に良かったですね。演技が生真面目過ぎて心配していたあの女の子はもういないのね…。おお、トゥクタミシェワちゃんをギリギリかわした。暫定1位。


12:アンナ・シェルバコワ
緊張するであろう最終滑走者として登場してこの演技…!素晴らしいノーミス演技です。4回転ルッツはもちろん、その他のジャンプも素晴らしい。ルッツばかりのようでいて、ジャンプの種類全部入ってるはずですよね。ルッツ得意なんだろうけど、全部アテンションついてる?
ジャンプだけではなく、とにかくプログラムが詰まっていて飽きさせない構成。この高難度プログラムをこなしながら衣装替えまでやってのけてしまうとはなあ。
キスクラに置かれてたとんでもなく大きなクマのぬいぐるみは投げ込まれたのだろうけど、どうやって持ってきてどうやって投げたんだろう、お客さん(笑)。


これ本当に、あのシニアデビューのロシアの3人が総なめして終わるんじゃないかグランプリシリーズ…?宮原さんはアサインの運も多少あったかもしれませんが、それでもさすがの表彰台、素晴らしい。ファイナルの可能性も十分ありますね。
トゥクタミシェワちゃんはファイナルどう?行ける?テネルが2位と4位だったし、まだ紀平さんもザギトワもいるし厳しいか…。ふおおおお(泣)。とにかく、ハラハラしながら最後まで見守ることになりそうですね。

真凜ちゃんのインタビュー…。ああ泣かないで…。全日本楽しみにしてるよ。私は織田君とトゥクタミシェワのルッツについて語り合いたいです…。

さあ、いよいよ男子のフリーです。これ書いてる今はまさに放送前なんですよ。このライブ感が伝わるかしら。伝わらないな、載る頃にはとっくに昔の話だからな…。

ではでは、次回は男子フリーの感想でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu