うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

NHK杯2019雑感④

さあ、皆さんお待ちかねの男子の競技です。羽生君が無事にNHK杯のリンクに登場しているというだけで既に涙ぐんでしまう私。
実は2年前の大阪、絶対チケット取れないと思ってたのにあっさり取れて、会場行ったんですよ。だから、忘れようにも忘れられないんです。あの日のショックがあったから、平昌の金メダルが余計に胸に迫ったんですよね。また追々語ります。2年前のNHK杯についても記事書いてますので、ご興味のある方は記事探してみてください。

ではでは、一部がやたら長い(笑)感想をどうぞ。

男子ショートプログラム

第1グループ

1:ローマン・サドフスキー
4回転サルコウ綺麗でしたねえ。彼回転の仕方が綺麗なのかな、スピンも綺麗だし。
コンビネーションはかなりセカンドまでに間が空いちゃったけど、コンビネーション扱いにしてもらえるのかドキドキしちゃうわ。一応大丈夫っぽいけど、セカンドがシングルだから点は入らないのかしら。でもいい雰囲気ありましたな。
キスクラで水筒のふたが空いた「ぽんっ」って音にツボった←どうでもいいよそれ…


2:アントン・シュレポフ
4回転は抜けたのか、跳ばなかったのか。あ、ジャンプ変えたのか。トリプルアクセルの高さからして綺麗に4回転跳べそうだけども。
スピンがエッジに引っ掛かったのかほどけてしまって、すぐ衣装替えだったから盛り上がりポイントを逃した感じになっててもったいなかった。日本の客はきっと喜んだだろうになあ。


3:コンラッド・オーゼル
4回転は転倒してしまった。コンビネーションも4回転の予定だったのかな、でも確実にトリプルにして成功させてきたぞ。
と、その辺までは良かったんだけど、BSから地上波に切り替わるタイミングが近かったのでそわそわして集中できなかった(泣)。わーん、ごめんよー。


4:山本草
草太君から地上波に切り替わるとは、草太君持ってるな…。
4回転サルコウのコンビネーションが決まって思わず拍手だったのだけど、ああああ次がパンク…。もう1回転回れてれば(泣)。アクセルもこらえた。しかしやはり『エデンの東』という選曲が非常に彼の滑らかなスケートを引き立てる。見ていてとにかく気持ちがいい。この滑りを地上波で見てもらえて良かったってことで!


5:マカール・イグナトフ
ジャンプが真っ直ぐで高くて、しかも4回転2本ばっちり決めて、ロステレに続くかと思ったんですけど…。トリプルアクセルの転倒、痛そうに見えてしまう。要素抜けじゃないからまだいいのかもだけど、ロステレコムの再来とはならなかったか、無念。そうか、まだ10代なのか。


6:島田高志郎
トリプルアクセル綺麗に降りたので続いて欲しかったんだが、4回転トゥループは転倒。でもそこだけであとは大丈夫、と安心してたらステップの途中でまさかの転倒。本人も滑り終わってやっちゃった、って顔してて会場からは笑いが。スローで動きの激しいステファンが映って、さらに会場からは笑いが(笑)。しょうがない、本人は真剣なんだけど、正直面白い(笑)。

第2グループ

7:樋渡知樹
ジャンプが逆回転だと一瞬びっくりしてしまう、しかも4回転だと。降りたと思ったんだけど、氷に引っ掛かっちゃったのか転倒。うーん、ジャンプのミスがどこまで響くか。バレエジャンプの足の開きがえげつないとか、見せ場いっぱいありましたね。シャツは…大阪テイスト?←違う
うーん、得点伸びなかったなあ。GOEにマイナスが多いもんな…。フリー頑張って。


8:セルゲイ・ヴォロノフ
NHK杯6回も出てるのかヴォロノフ。現役が長いってこともあるけど、好きなのかしらNHK杯。アラサー表彰台の生き残り、とか書くと歴戦の勇者みたいだが、あながち間違ってもないと思うが(笑)。
会場のスケオタがスタオベ必至の演技でしたね。素晴らしかった、どのジャンプもしっかり降りたし、ヴォロノフの「LOVE」がどんどん広がっていくような、どこか暖かさも感じる演技ですごく良かった…!
もちろん高得点。キスクラでの「アリガト」かっわええええええ←落ち着け


9:ケヴィン・エイモズ
うおおおおー、彼も凄い演技!ホント、身体の中にバネでも入ってるんじゃないかって思うくらい。繋ぎの部分にも見せ場入れてきたり、競技とは思えないような動きが盛りだくさんで、とにかく見てて飽きない。ラストすげえ、身体能力高くないとあの動きできないでしょ…。おお、スピンもステップも全部レベル4!
身長160cmなのか、でもリンクでは大きく見えるよね。


10:ジェイソン・ブラウン
なんか、いつものジェイソンじゃなかったなあ…。もっとスピードとかいつもある気がする。4回転入ってないからトリプルアクセルを降りることは必須なんだけど、転倒。コンビネーションジャンプもコンビネーションにできなかったし、うーん、これは得点が伸びてこないかも…。でもさすがの滑りやスピンは素晴らしい。当然のようにスピンとステップはレベル4ですね。


11:羽生結弦
何だか羽生君、楽しそうというのとは少し違うのだけど、「羽生結弦本人」に見えた。散々書いてるけど、このプログラムは「秋の街角ですれ違った名前も知らない美少年を忘れられず、生涯味わう甘美な絶望」だと私はものすごく勝手に思ってるのですよ。今年のスケートカナダの記事がものすっっっごいポエムなので、興味のある方は目を通していただければ(汗)。

しかし、今日の美少年は、自分を忘れられない誰かのことを、そう思われていると知ってか知らずか、「エゴサしてるからあなたのこと知ってますよ?」と突然いいねを飛ばしてくる(※誤操作)美少年、という印象だった。突然の展開なんですけどどうしよう…。
…すべての人類が「意味がわからない」と呟いていることだろうと思いますが、私も意味がわかりません。真剣に意味がわかりません。でも私の正直な感想はそれでした…。すみません(汗)。

冒頭の表情からして慌てて作ったような印象でしたし、氷の炎のような美少年の、壮絶なほど美しくて冷たい横顔を今回は感じなかった。羽生君は羽生君のままで滑っている、という印象でした。
グランプリシリーズの2戦目で怪我をするシーズンが続いたから、彼も不安だったのかも、と少し感じた。どんなに氷の精霊のように人ではない何かに見えても、彼はやはりひとりの若い男の子でしかないんだよね。

もちろん、それが悪かったという意味では全然なく、むしろ演技は素晴らしかった。なんというか、あまりにも軽々としていて、演技だと感じなかったくらいです。これが「当たり前」と言いますか。練習そのものが衣装を着て本番のリンクに登場したような。
コンビネーションジャンプだけはこらえた印象がありましたが、相変わらずものすごく上手に滑りに溶け込ませるので、加点もしっかりついている。アクセルもほぼ満点だし。スピンやステップも当然レベル4。

すごい、カナダに続いてほぼパーフェクトな演技。何より足元や動きの軽やかさに、体調の良さを感じるのが嬉しい。何も言わないだけで本当は大変な思いをしているかもしれないけど、明らかに怪我を抱えてた時の動きとは、やはり違う気がするので。
得点は微妙にカナダのそれを超えないか。本人得点見て不満そうなんですけど。109点出して不満そうって何だよお前…。さては記録更新するつもりでいたな。NHK杯は彼が伝説的な記録を作った試合でもあるし、ファイナルに向けて、ライバルに、というかネイサンに「俺はこれだけ強いぞ」って見せつけたかったんじゃないかな、とちょっと想像したりもする。羽生君ももうすぐ25歳、大人にはなったけれど、あの負けん気はストレートに見せなくなっただけで、彼の中には常に燃えているのだろう。

何よりも、NHK杯に彼が元気に出場しているということが嬉しくて仕方ない。2年前のあの日、やっとこの目で彼の演技を見られるとワクワクしていた私を地獄に突き落とした知らせ。オリンピックが差し迫ったこんな時期に、こんなトラブルと戦わなければならなくなった彼の気持ちを思うと、涙が止まらなかった。それでも、絶対に平昌で優勝するのは彼だ、と信じ切っている自分に呆れて、本当に泣きじゃくってしまった。大阪で待ってるよ、と言ってくれた人たちがいなければ、心折れてたかもしれない。
あの日のショックを、本当は私も払拭しなければならないのだけれど、今回も叶わず私は自宅で羽生君を見ている。神様は私に羽生君の試合を見せてくれる気がないらしいけど、その気は絶対に変えてやるからな…!


12:アレクセイ・ビチェンコ
引退しちゃったリッポンを除いた、アラサー表彰台のもうひとり。会場で見たから、アラサー表彰台。2年前の大阪な。
トリプルアクセルがシングルになったのは痛い…。いい質で跳べてたら10点くらいあるはずだから、その点が丸々ないのは得点的に痛い…。全体的にミス多かったし、ううう、やっぱり得点伸びない(泣)。


よっぽどポカしなければエイモズは上位に入るかな、と思ってたけど、ヴォロノフの3位には少々驚きました、すみません。さすが2年前のNHK杯獲ってるだけありますな。戦い慣れてるベテランだわ…。

しかし、私がチケットを取ることを検討すらしないと、無事に羽生君が出場できるというジンクスが立証されたようで涙も出ません…。諭吉さえいれば絶対行ってるよ北海道!諭吉がいないからそもそもチケット争奪戦にすら参加できないし!
記事有料化してやろーかとか、美味しいネタ有料noteにしてやろーか、とかたまに思っちゃうことはあるんですよ。これだけ時間かけて記事書いてて、無駄じゃんって。でも大好きなものをね、自らそんな風にするのは違うかな、とやっぱり思うのよね。いつか「このブログ書いてる奴いつも観に行っててずるい」って言われるくらい観に行ってやる←血の涙


てなところで、1日目の競技はすべて終了。2日目は再びアイスダンスからです。ではでは、また次回の記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com