うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

ジュニアグランプリシリーズ2019 クロアチア大会 雑感④

クロアチア大会の記事は今回でラストです。ライストは見られませんでしたが、男女のフリーをBS朝日で視聴したのでその感想を。
ジュニアまで追うのは時間的にもなかなか難しいですけど、こうして表彰台のメンツをさらりとチェックするくらいでも、長く競技を楽しんでいくという観点からは後々重要になってくるのかもしれませんね。ジュニアの大会の記事を載せるとアクセスが一気に落ちることからもそこまで追ってる人の数は多くないのでしょうが、真夜中にでもジュニアの大会が放送されるようになったって、ひと昔前のことを考えると、本当に時代は変わったな、と思いますよ。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

男子フリー

★20:佐藤駿
ありとあらゆるスケーターが滑ってきたロミオとジュリエット。地味すぎたりジュリエットを殺害してそうだったり(汗)、いろんなロミオがいましたが、少年らしい切なさが感じられていいですね、この年齢でしか出せない空気と言いますか。
着氷乱れは多かったのですが、4回転も入れてるし、トリプルアクセルは素晴らしいジャンプでした。ジャンプほんと上手いなあ…。


★22:Artur DANIELIAN(アルトゥール・ダニエリアン)
冒頭のジャンプがすっぽ抜けた…。シングルジャンプになってしまったのでほとんど点が入らないですね。しかし、それ以外のジャンプはほぼ問題なく跳んでいたでしょうか。トリプルアクセルも綺麗に決まっていたので、高得点が出そうですね。おお、フリーは3位か。
衣装はグレーで地味ですが、ベルトみたいな柄?が何本も入ってて、なかなかカッコいい。


★24:Andrei MOZAREV(アンドレイ・モザレフ)
プログラム持ち越しなんですね。そのせいでしょうか、既にしっかり彼に馴染んでいるような気がします。冒頭のジャンプにミスはあったのですけど、その後は素晴らしい。4回転トゥループトリプルアクセルも、三連続のコンビネーションもばっちり。これは高得点が出そう、おお、やっぱり!彼が優勝か。グランプリシリーズ2勝か、強いな。


この結果、モザレフと佐藤君がファイナル進出。女子はもう「ロシアどんだけ鬼なんですか」という状況ですけど、男子もなかなかロシアが強い…。でも日本男子も負けてないですね。

女子フリー

★28:河辺愛菜
トリプルアクセル挑んできたー!ステップアウトでしたが、果敢なチャレンジでしたね。このミスに引きずられてしまうかと心配しましたが、どんどん盛り返していって、高さのあるジャンプをしっかり跳んでいました。
おお、自己ベストか。トリプルアクセルも、今後に繋がるいいチャレンジだったのではないかな。


★31:浦松千
すみません、ぼんやりしてしまった(泣)。じっくり見たかったのに(泣)。大きなミスは無いように思えましたが、笑顔は前の大会(ロシア大会だったっけ、どうだったっけ…)よりは控えめ?あっ、採点表チェックしたらほとんどのジャンプが回転不足…。うーん、焦ってしまったか。本人の表情からしても…。でもスピンは全部レベル4ですね、素晴らしい。


★33:Haein LEE(イ・ヘイン)
あー!あああああー!もう1回見たかったのこの選手!今回も素晴らしい演技。佐野先生がジャンプを褒める褒める…。確かに、変な力みがなくて高さもある、軸の細い非常にシャープで美しいジャンプである。これは見ていて気持ちがいい。ファイヤーダンスという選曲もよく合ってるように見えるし、ジャンプ以外も隙がなくて素晴らしかったです。
うわ、採点表凄い。回転不足もGOEのマイナスもひとつもない…!しかも、スピンもステップも全部レベル4。うーん、今後も楽しみな選手ですね。


★34:Daria USACHEVA(ダリア・ウサチョワ)
気になるのは着氷乱れくらいかな、と思いながら見ていたのだが、あああ、ラストの方のフリップで転倒。あああ…。ヘインさんといい勝負になるかと思ったがヘインが有利か。うーん、やはり2位か。それでも存分に実力は伝わってきますね。


★35:Anna FROLOVA(アンナ・フロロワ)
まだ14歳…。今の年齢くらいでしか着られないといった印象の衣装がかわいいです。すみません、ちょっと寝てしまって記憶が…。とほほ(泣)。


日本女子も頑張ったんだけどなあ、ロシアの壁がここでも厚い…。韓国にも本当にいい選手が現れて、ひとまずは北京までの道のりが楽しみです。表彰台は3つしかないけど、才能やきらめきはそこに乗らなくても世界中のリンクに溢れているんだよね、きっと。それを誰がなんと言おうと好きだと思えたら、もうそれでいいんじゃないのかと思うのですよ。

ジュニアグランプリシリーズの記事も残すところあと1大会分のみ。また隙を見て載せますので読んでいただければ幸いでございます。
ではでは、次回の記事でまたお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu