うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

ジュニアグランプリシリーズ2019 イタリア大会 雑感①

ジュニアのグランプリシリーズもいよいよ最終戦。全部の大会を見るのも全員の演技を見るのもさすがに難しかったですが(テレビ放送よりライストの方が私には厳しい…)、それでもぼちぼちと色々な選手を見られたので楽しかったです。

イタリア大会もすべて視聴することは難しかったんですが、とりあえず何とか最終2グループだけ見られた女子ショートプログラムの感想を。最後までこんな感じで、中途半端ですみません…。
ただ漫然と見るだけならもっとたくさん気楽に見られたと思うのですけど、感想を書きながらだと、事前準備と執筆後の内容確認などの作業が入るので、どうしても体力と気力が必要なのですよ。たとえ誰も読んでない、1円にもならない記事でも、いい加減なことは書けません。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

女子ショートプログラム

第5グループ

21:Hiu Yau CHOW
ハレルヤ。ホント人気だなこの曲。笑顔で滑っててとってもいいですね。
ジャンプやステップはまだまだなのかなという印象でしたが、中盤に入ってたスピン2本はとても良かったと思います。


22:Eva Lotta KIIBUS(エヴァ・ロッタ・キーブス)
膨れっ面から始まる演技。緊張してるのかなとも思ったが、そういう演出なのかな。
冒頭のコンビネーションジャンプとっても豪快で良かった。アクセルの入りもカッコいい、拳突き上げ。踊り心も感じられるカッコいい振付も良かったですね。おお、ステップレベル4!


23:Yeonjeong PARK(パク・ヨンジョン)
コンビネーションジャンプのセカンドが壁に近過ぎてヒヤッとしたのだが、たぶん壁にはさほどぶつかってないけど転倒してしまった。それでリズムを崩したのかループもパンク…。しかしそれ以降は、多少身体に力が入ってない気もしたけどしっかりまとめてたと思う。衣装のビーズがとてもキラキラと光って綺麗で、美しいスピンをますます美しく見せていたと思います。


24:Lara Naki GUTMANN
髙橋君が昨シーズン使ってた曲ですね、シェルタリングスカイだっけ。衣装がなかなかほかでは見ない個性的なデザインなんだけど、素敵だと感じてしまうのがさすがイタリア、ファッションの国…。
もうジュニアの雰囲気が全然なくてとてもいい演技だったので、ダブルアクセルの転倒だけが惜しかった…。スピンも美しく、ラストのスピンは個性的なポジションでしたね。


25:Alessia TORNAGHI(アレッシア・トルナーギ)
ちょっとジャンプ前の溜めが長かったかしら、ループだけかな…。でも曲が激しくなると躍動感のある滑りになったり、音をよく拾ってて良かったと思います。しっかりまとまった演技でした。スピンも綺麗でしたね。


26:Ching Ting SU
シング・シング・シング。定番ですが安心感がありますね。
ジャンプの難易度はまだまだなのでしょうが、イキイキ楽しそうに滑ってるのがいいですね。さりげなくコンビネーションジャンプが入ってるのが結構最後の方で、チャレンジングなプログラムである。

第6グループ

27:Marian MILLARES
マラゲーニャ。衣装のスカート部分が赤のボーダーで、ちょっと変わってて面白かったです。上半身はザギトワカルメン衣装みたいな黒のレース。
ちょっと考え事してて演技は細かいところまできちんと見てなくてごめんなさい。最後のスピンは速報ではレベル4だった気がするのだが、採点表見ると3だった…。


28:Anna IVANCHENKO
コンビネーションジャンプで転倒してしまった、セカンドが跳べなかったですかね、うーん得点的に痛い…。ちょっと滑りが重かった気もしますが、ループジャンプは高さもあって良かったと思います。衣装もキラッキラ。


29:Julia BROVALL
まあ素敵な衣装。白ベースに青のキラキラした模様が美しい。
ジャンプは転倒もありましたし難易度的にもまだまだ上を目指せるのかなという印象でした。選曲がジュニアの選手にはピッタリな感じで、北欧の選手の妖精っぽさを引き立てていて良かったと思います。


30:Lara HROVAT
ちょっと序盤からスピードが無かったかもしれない。そのためか転倒したジャンプも…。スピンはGOEマイナスされてたりはしたけどふたつはしっかりレベル4でしたかね。衣装は紫と黒で渋めの配色。


31:Darja MIJATOVIC
おお、これまた個性的な衣装。濃いグレーをベースにカラフルな編み込みみたいなものが一本大胆にデザインされている、とでも表現したらいいのか。私は個人的にすごく好きかも。シンプル過ぎず、ごてごてし過ぎず、ほかの衣装とは一線を画していて埋没もせず。
演技はちょっとミスも多かったか。後半で曲が変わってからは楽しそうな笑顔も見えてましたね。
ん、衣装減点されてる?いやされてないのか、一人だけが違反を指摘したってことかな?確かにちょっと気になる点があって大丈夫なんかいなと思ってたんだが、原因は何なのだろう…。落ちるものがあるような衣装には見えなかったし…。


32:Klimentina MALEEVSKA
彼女も序盤からスピードが無かった…。ジャンプもスピンも回り切れてない感じで、得点的には厳しいだろう…。たぶん何とか笑おうとしてたのですけどね…。緊張したかな、最終滑走だしずっと待ってたでしょうし…。ああ、うつむかないで、フリー頑張れ…!


以上、ラスト2グループだけと中途半端でしたが、ざっと感想を述べてみました。見られなかったけどシニツィナがやっぱトップなのね。

ではでは、フリーはライスト見られるかわかりませんが、テレビ放送だけでも何とか見たいと思ってますので、次回の記事もまたお付き合いいただければ嬉しいです。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu