うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

高知旅日記2020⑧

なんだかんだお話したり食べたりうろうろしたりしてるうちにすっかりいい時間に。ふらふら散歩でもしようと思ってたのに高知駅前から動かずにタイムリミットになるとは…。近場かつ短時間でサッと行けそうな場所の案内もしていただいていたのですが…。その結果「もうここにいたら」みたいな話になっちゃってたんですけども。無計画で4時間という中途半端な滞在だとやっぱこうなっちゃうか。

まあお金も無かったしな。商店街行っても目の毒だしなー。その昔、帰りの高速バスに乗ろうと高知駅まで歩いていた私が謎のおじさんに謎の誘い文句でナンパされた商店街な…。各地でファンキーなおじさんに出会うと「ご当地面白おじさん」に勝手に認定することにしている私ですが(←しなくていい)、このままだと高知のおじさんはこのおじさんのままになってしまうので、そろそろ上書きさせて欲しいんですが記憶を(笑)。

ちなみに地元で認定したおじさんは「横断歩道を渡っているとアウトかセーフか勝手に判定してくれるおじさん」。もっとファンキーなおじさんがいる、という情報があれば是非お寄せください(笑)。横浜駅で高速バスから降りた人を勝手に道案内してるっぽいおじさんも非常に味があった。お元気かしら。
…そんなことばかり考えて生きてるのかって?ああそうですけど何か?君はここまでこの旅日記を読んで何も気付かなかったのか?私は手相鑑定のお兄さんに「こんな変な人わからん」って鑑定投げられた女ですけど?←超実話←それでも鑑定が当たりまくってるところがやべえんすよね…


そんなことはいいんだよ、お土産買って帰らなきゃ。夏に来た時に買ったほうじ茶がすっごく美味しかったので、また購入したかったのです。私、家ではほとんどお茶しか飲まないのですよ。すぐ飲めるようにクールポットにお茶パックをポイッとして冷蔵庫に常備。夏以外はレンジであっためて飲んでる。
今回は茶葉のほうじ茶とパックの紅茶を買ってみた。香ばしくて美味しい…!体質改善も兼ねて色々お茶を試してみたけど、ほうじ茶がやっぱりいちばん好きだな。体質に合うのはたぶんハトムギ茶なんだけど。ハトムギ茶も美味しいけどほうじ茶くらい濃い方が満足感があるような。私はね。

それからごはんのお供的なものを見繕う。貧民過ぎるので実用性の高い商品を選んでいることがお分かりか。とほほ…。
今回選んだのは前々から気になってたかつおフレークと卵かけご飯専用のかつお節。かつお節の方は宗田節って言うのね、もて海さんのファンになるまでまったく知らなかった。とりあえず普通に卵かけご飯にかけてみたけどめっっちゃうま。「卵かけご飯すら不味い」と名高い(←自虐ネタにも程があると思いますがこれは残念ながら本当のことです←血の涙)私の卵かけご飯が美味しく感じるよ。ケースに書いてある作り方通りに作ったら絶対超美味しいのでは?
かつおフレークは「土佐の赤かつお」。噂は聞いていたのだが、これは確かにご飯が進むわ。にんにく買っちゃったので私にはかなり辛かったのだが、お酒飲む人はこれくらいが良さそう。辛いけどなかなか魔の味だった。今度違う種類のも買ってみよ…。

ちょうど醤油が切れそうだったので探してみようと思ってたのに忘れた。あと柚子製品もまた買うの忘れた。四大陸選手権の観戦のお供が欲しかったのに。友達へのお土産には柚子製品を選んだんだけど、腐らないものにしたからこっそり食べちゃったりできない(笑)←お土産を食うな…
四大陸選手権、これが載る頃にはほぼ終わってると思いますが(泣)、羽生結弦選手をはじめ、日本からもいい選手たくさん出場するので是非ご覧下さい。昨年夏の旅日記で触れた、『龍馬伝』で滑っていた鍵山選手も出場します。まだジュニア選手ながらシニアの大会に選出された実力者なので要チェックですよ。
ついでに龍馬パスポートも忘れました。何のために作ったんだお前…。このままだと1回も使わんうちに期限切れるんでは(汗)


最後に三志士像を見上げながら思いっきり空気を吸ってきた。力添えがあってふらっと来られたけれど、次があるかどうかなんてわからないから。夏は本当にこれで最後かも、と思ってた。あの時に比べると、また来られるんじゃない、とどこか楽天的な自分が横に立っていたのだけれど。

さすがにこの距離ではバス乗り場まで迷うことはなく(笑)、無事に帰りのバスに乗車。行きのバスと同じバスだと思われる。乗務員さんも同じ人だったし。何こいつ日帰りしてんの、って思われてそう(汗)。
お茶のペットボトルとテイクアウトのおむすびを購入していたので、夕食代わりに車内でいただいた。青さのおむすびとトマトのおむすび。トマト美味しすぎてまた買ってしまいました(笑)。青さもとってもいい香り。
同じ車両だと思われるのに、帰りは謎の機械音が鳴っていてうるさかった…。停車中は聞こえなかったし、そもそも行きはあんな音聞こえなかったのに。何だったんだ。うるさくて眠れないかと思ったけど、何だかんだとうつらうつらしてました。緊張したし疲れたんだよ、きっと…。

まだ駅ビルが開いてる時間に帰って来られるのがありがたい。タイムセールの惣菜的な何かをついでに買って家まで帰った気がするけど忘れました…。


以上でノープラン高知ふらり旅は終了ですが、最後にとっても眉唾なエピソードをひっそり添えて筆を置きたいと思います。本当に眉唾な、わけのわからない話なので、お読みになる場合はそっと流していただければ幸いです。

あれは昨年の夏のある日。私は夢を見ました。ポストに届いた2通の封筒。その1通に、何故か我が家のガス代の請求書が入っていました。差出人はまさかのアクティブK介さん…。
どうやら高知を訪れたらしい私は、ご本人のいらっしゃる事務所を訪ね、何故これがあったのか、何故私のものだとわかったのか聞いてみました。※夢を見たのは私が高知を再訪する前のことで私と面識は無いはず
すると、事務所の荷物に混ざってた、住所が請求書に書いてあったから(※実際には住所の記載はないです)、とのお答え。わざわざ送ってくれるなんていい人だな、と夢から覚めてから思いましたが、そもそもどうしてうちのガスの請求書が高知まで飛んでいったのか。ツッコミどころが満載過ぎて、「意味がわからない」と頭を抱えながら友達に詳細をメールしました。だから日付がはっきりわかるのですけど。夢はもう少し長かったのですが、ほかの部分は省きます。

意味はまったくわからなかったけど、私はこの夢が少し引っ掛かってはいました。ある程度はっきりと覚えている夢の、特定のパターンに該当するような気がしたからです。けれど、どうせ勘違いだろう、とそのままほぼ忘れておりました。

それから数ヶ月経った冬のある日、帰宅した私はポストに突っ込まれていたカレンダーを見つけました。ガス会社が配布していたカレンダーでした。お金もないし今年のカレンダーはもうこれでいいかな、とカレンダーを手に部屋に落ち着いた私は、前述の柴田さんのカレンダーが発売されるという情報を目にしたのです。

ピンと来ました。ああ、あの夢はこれだな。「カレンダー」というキーワードを軸に、高知に行くことになるんだ、と。
まるでこじつけのようですが、これまでのパターンから間違いないだろうと思いました。その頃、ちょうど高知にまた行こうという話が友人との間で具体的に出ていました。夢はそれを指していたのだろうと考えたのです。
しかし、色々事情もあって友人との話は立ち消えに。ただの変な夢だったんだな、と忘れかけていた時に、友人の助力により急遽ふらり旅が決まってしまったのです。

ほんの時々ですが、私は予知夢を見ることがあります。ほとんどは他愛もない内容で、見たところで何の影響もないようなことばかりです。その中で最も多いパターンが、「行きたくても行けないと思っていた場所やイベント等に結局行けることになる」場合なのです。
私は知らない風景を夢に見ることはあまり無いようで、知っているイメージに形を変えて出てくるので分かりにくく、まるでこじつけのようなそれらが何を指していたのか気付くのは大抵直前か当日です。一度や二度なら偶然で片付けますが、何度もあったため、予知夢の一環と捉えています。内容はくだらないけどやはり自分が怖くて、随分色々と調べましたが結局どういった現象なのかわからなかったので、近年は諦めて受け入れ、ネタとして楽しんでいます。

ただの変な夢で片付けようとしたあのガスの請求書の夢は、今回の高知行きを指していたと考えてほぼ間違いないと思います。相変わらずぜんっぜんわかんないですね、遠回し過ぎて…。
この夢を見たのは友達から「高知に連れてってやる」と言われた翌日で、最初はその時の高知旅行のことを指しているのだろうと思っていました。しかし、確実に行ける場合は夢は見ないし、夏の旅の予知夢と考えるのはどうもしっくりこなかった。無事に高知まで行って帰って来た今は、今回の旅のことだったんだな、と納得しています。夢の通りならこうなるだろう、と色々覚悟していられたので、今回は夏よりも落ち着いていた部分もあったかもしれません。ただ、それに気づいたのはやはり当日だったのですが。

ずっとこのブログを読んでくださっている方は、同様の内容を何度か目にしたことがあるかもしれません。高知関連の夢は、仮に正夢だとしても毛色の違うものが多く、また記憶の整理や願望と捉えられるものがほとんどだったので、このパターンが発生するとは予想外でした。頻繁に行くことはないと思い込んでいたからかもしれませんが…。

以上の話は非常に曖昧な、頭がおかしいと言われても仕方ない内容かと思います。私もそれは理解しています。長々と書くことは控えますが、本当に長い間悩んでいました。そもそもスピリチュアルは適度に利用しても傾倒したいとはまったく思わないし、ほんの時々ですが笑えない内容の場合もあったので。長年悩んだ結果、諦めて受け入れ、記録として残しながら検証していくことにしたのです。要するに私の備忘録です、ごめんなさい。誰かに影響が出る話ではないと思いますので、そっと流していただければ幸いです。アクティブK介さん、勝手に変な夢に出してしまって申し訳ありません…。


本当の本当に長くなってしまいました。こんなに長くなる予定ではなかったのですが(汗)。単なる日記に最後までお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。今回の旅に関してお世話になった皆様にも感謝を申し上げます。またふらっと旅に出てこんな旅日記をしたためてみたいものです。その節は是非お付き合いくださいね。
カツオ食べ損ねちゃったので、また高知にも遊びに行けるといいな。今回はものすごく中途半端な時期に行ってしまいましたし…。もて海さんの衣装見に行きたかった、行くの早すぎた…。けど、たぶんこういう運命だったんじゃないのかな、今回は。

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com