うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

スケートヒロシマ2020②

スケートヒロシマの記事の続きです。ジュニアは最後の方しか見られませんでしたが(泣)、選手権(シニアって捉え方でいいのかな?)のフリーはしっかり見られたので感想を。
まずは女子。

選手権・女子フリー

第1グループ

1:林紗陽子
何だっけこの曲…。会場だと曲名がわからん…。会場じゃなくてもわからんかもしれんけど(汗)。
前半は良かったですね。後半になると少し疲れたのかジャンプ抜けたりしてましたが。全体的にはなかなかまとまってた気がします。スピンが綺麗。うーん、回転不足判定が多いな…。


2:宇佐美彩
おお、大きなミスなくしっかり滑ってた、良かったと思います。最後まで丁寧でした。サブリンクで男子の練習が始まってついチラ見しちゃったので、色々見落とししてたらごめんなさい。


3:大谷理麗花
広島の子ですな、歓声が凄い。アラビアンな曲?頭の飾りや衣装がそれっぽいですね。
冒頭で転倒したりしてましたが、後半になるにつれてだんだん良くなっていって三連続ジャンプも決まる!コレオもぎゅっと詰まって見せ場が多いですね。


4:馬場はるあ
シェヘラザードですね、水色の衣装が爽やかで綺麗。ダブルアクセルの乱れなどもありましたが、全体的に頑張ってたと思います。三連続も決まったしラストのスピンも雰囲気ありました。ありゃ、彼女も回転不足判定が多い…。


5:伊藤実音
サブリンクから野太い声援が聞こえた気が…(笑)。リバーダンス?ファイヤーダンス?緑の衣装が鮮やか。演技の出来はちょっと不本意なものになったでしょうか、お疲れだったのかな。本人も「あれ?」みたいな顔してた気が。

第2グループ

6分間練習中に野太い声援がー(笑)!ジュニアの子かしら(笑)。


6:山田さくら
前半とても良かったです、ジャンプ高い!昔この大会で「この子のジャンプ迫力あるなあ」って感じた子がいて、たぶん彼女じゃないかな、と思ってるのですけど、記憶違いだったらごめんなさい。
後半にジャンプがふたつパンクしてしまい、本人も笑顔ながらも悔しそう。でも、とても楽しそうに滑ってるのが伝わってきましたよ。


7:那須夏海
野太い声援が(笑)。オペラ座の怪人ですが、いい演技でしたねえ。ジャンプもしっかり決まってとても良かったです。おー、プロトコルにマイナスもない。いちいち凄い声援が飛んでたので、笑いをこらえるのに必死になりながら見ちゃいましたが(笑)。リンクメイトとかかな?


8:田村綾音
やっぱり地元広島の子には応援が凄いですね。選曲はラストエンペラー。ジャンプがいいなこの子、決まるとシャープ。ダブルに抜けたのかな?と思ったジャンプもありましたが。おお、いい演技が続く。


9:三宅咲綺
前半は非常に良かったです。3番目に跳んだジャンプは高さもあり、痺れるようないいジャンプでした…!しかしその次のジャンプから全部抜けた…?急にタイミングが合わなくなったような印象でした。前半が良かっただけにもったいなかったです。


10:伊勢桃菜
ロシュフォールの恋人たちで良かったよねこの曲?
良かったです、ミスは三連続ジャンプの3番目が抜けた程度でしょうか?しっかり滑っていてしっかりまとまっていて、さすが!と唸るような演技でした。


11:井上千尋
真っ赤な衣装のロミオとジュリエット。情熱的。
前半にジャンプの乱れはありましたが、カッコいい三連続が決まったし、後半になるにつれて良くなっていきました。曲調を活かしたコレオやラストのスピンも非常に良かったです、見ごたえありました。


優勝は伊勢さんだったはず。ああ、試合を見てる!って感じがしてすごく楽しかったです。選手権は男女とも、昨年より出場者ちょっとだけ多かったのかな?

残る競技は選手権の男子フリーのみ。いよいよ次回で最終回、是非最後までお付き合いいただければ嬉しいです。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com